Produced by 競馬のカリスマ

存在意義

【白井寿昭】成功する種牡馬に必要な絶対的な要素=傑出したスピード。アカデミック連載【サンデーサイレンス編】

この記事を書いた人

広島県出身。厩務員、調教助手を経て1978年に調教師免許を取得した。相馬眼で『白井最強伝説』として広く親しまれている。通算795勝(中央775勝、地方・海外20勝、重賞42勝)

自分の目と知識だけを信じ、世界中を飛び回る人生を送ってきた。
スペシャルウィークは北海道門別町の日高大洋牧場で、アグネスデジタルはケンタッキー州のラニモードファームで見つけてきた馬だ。

その馬体をじっくりと観察し、成長した姿をイメージする。
体のライン、飛節や繋など、チェックする項目はいくつもあるが、どの馬も同じように見ているわけではない。

最終的な決断は血統──。

この言葉を誤解しないでほしい。
私が拠りどころにしていたのは、目の前の仔馬に流れる血の根源。
馬も人間と同じように父や母に似た姿となって、この世に生を受ける。
さらに遡れば、祖父や3代父に似ている馬だって、いるかもしれない。
仮に脚が曲がっていても、繋の角度が十分でなくても…。
それが名馬と呼ばれた馬から譲り受けたものであるのなら、その馬には大いなる可能性があるはずだ。

私が管理した数頭の名馬について、この連載で話をさせてもらった。
なぜ、その馬を私が選んだのか?
その理由についても説明させてもらった。
ゆえに読者の方は知ってらっしゃるはずだ。

決定的な理由は常に血統──。

この世界には多くの名馬が存在する。
そして、今日も多くの名馬が世界中で生まれ続けている。
その名馬たちは繁殖となって子孫を残し、時に栄え、時に淘汰されていく。

しかし、サラブレッドは単に繁殖を続けるだけの機械ではない。
経済の流れ、人間の思惑、それ以外の多くの要素が重なり、予想もしないような名馬が生まれることもある。

だからだろうか?
何十年も競馬の世界に身を置き、馬の側にいる生活を続けているが、その興味は永遠に尽きない。

競馬の魅力は血統──。

最後は必ずここに行き着く。
私は世界中で多くの種牡馬を見てきた。
海外の本を読み漁ったのも、やがて来る“血の流れ”を先取りするため。
その思いは現在も変わらない。

目の前の仔馬をより深く知るため。
私は数多くの種牡馬を、繁殖牝馬を知りたいと思った。
それがすべてのスタートだった。

ここからは調教師・白井寿昭の本丸とも言える部分だ。

連載の第1回に予定しているのはサンデーサイレンス。
日本の生産界を根底から覆してしまった大種牡馬で、私は彼の産駒で多くのGIを勝った。
だが、2回目に予定しているトニービンと私の相性は最悪。
私は彼の活躍を予見できなかったのだ。

だからこそ、読者の方々に知ってもらいたい。

なぜ、私がその種牡馬を評価したのか?
もしくは評価しなかったのか?
その理由を。

長い前置きになった。
しかし、この案件は調教師として生きた自分の最も大事な部分。
そして、私が読者の方に最も伝えたい部分でもある。

競馬の魅力は血統──。

世界には多くの馬がいる。今日も生まれ続けている。
長い連載になると思うが、ぜひお付き合いをお願いしたい。

【第1章】「サンデーサイレンスの本質」

・日本の生産界が変わった

1991年、社台スタリオンステーションで種牡馬生活をスタートさせたサンデーサイレンスは、日本の血統地図を塗り替える大活躍を見せた。

活躍馬の名を上げたらキリがない。
現在、トップサイアーに君臨するディープインパクトもサンデーサイレンス産駒。
2年連続で凱旋門賞2着、数多くのGIを制したオルフェーヴルは、サンデーサイレンス産駒のステイゴールドを父親に持つ。
彼もまたサンデーサイレンスの血を引く名馬だった。

日本の生産界のレベルを引き上げ、世界のトップへと導いたのはサンデーサイレンス。
彼の強過ぎる影響に対し、生産界は新たな問題を提示された。
現在、彼の血を持たない内国産馬を探す作業は、あまりにも難しい。
上質のサンデーサイレンス系と配合する。これが何よりも重要。
優秀な種牡馬、繁殖牝馬を輸入することが急務になっている理由がここにある。
サンデーサイレンスの名が血統表の3代前、4代前になるまで、この状況は続くことになるだろう。

これほどまでの大種牡馬になる理由はどこにあったのか? 
正直、これほどの名馬を売ったアメリカの生産界にとって、それは永遠の謎といえるかもしれない。
しかし、その予兆を私は感じていた。

結果が出たから言うのではない。
私はサンデーサイレンスの初年度産駒・ダンスパートナーでGIを制している。
初年度からこの馬の産駒に注目していたのだ。
間違いなく走る。そんな確信さえあった。

なぜ?
その答えを、これから明らかにしていきたいと思う。

・偉大な種牡馬の現役時代

あまりにも偉大過ぎる種牡馬・サンデーサイレンス。
彼に対し、どのようなイメージを読者の方々は持っているのだろうか?

現役時代の姿を実際に見た方は、ほとんどいないと思われる。
伝え聞く姿と彼が残した産駒の活躍をダブらせ、おそらくはこんなイメージを持っているのかもしれない。

激しい気性を抱える一方で、類い稀な瞬発力を持つ馬。

そのイメージは間違いではないが、正解でもない。それが私の考え。
私がそう言える理由──。それは現役時代のサンデーサイレンスを、この目で実際に見ていたからにほかならない。

一度目は三冠路線のライバル・イージーゴアが、8馬身差で圧勝した1989年のベルモントSだった。
このレースを見て、サンデーサイレンスのほうが強いと感じた人間は少ないだろう。
アメリカ競馬の最高峰・ブリダーズカップクラシックで勝つのもイージーゴアと誰もが思ったはず。

しかし、そのレースで勝つのはサンデーサイレンス。
私はそう思っていた。

競走馬には適性というものがある。
そして、この年のブリーダーズCは、フロリダのガルフストリームパーク競馬場での施行だった。
アメリカでは小回りに分類される競馬場。
このコースへの適性は、イージーゴアよりもサンデーサイレンスのほうが上だろう。
大箱のベルモントパーク競馬場で消されてしまったサンデーサイレンスのスピードが、この舞台で改めてクローズアップされる。
私はそう考えたのだ。

レースはほぼ予想馬通りだった。
サンデーが前を走り、イージーゴアがこれをマークする形で進む。
だが、最後までサンデーサイレンスは先頭を譲らない。
小回りのコーナーでも落ちることのないスピード。
ここでセーフティリードを奪えたことがサンデーサイレンスの勝因であり、これこそが種牡馬として成功できた最大の要因となった。

成功する種牡馬に必要な絶対的な要素=傑出したスピード。
サンデーサイレンスはこれを持っていたのだ。

【第2章】「サンデーサイレンスが日本に来た理由」

・サンデーサイレンスの欠点

見栄えのいいイージーゴアと違い、サンデーサイレンスの馬体には弱点があった。
それこそがセールに出しても売れず、生産者とチャーリー・ウィッティンガム調教師の半持ちで走ることになった理由。

サンデーサイレンスの写真を見れば、それは一目瞭然だ。
後ろの飛節が「くの字」の逆の形になっている。
いわゆる「折りが深い」と表現される脚。
アメリカの競馬関係者は、この脚を「競走馬にとって致命的な欠陥」の烙印を押したわけだ。

詳しく説明していこう。
可能であれば、サンデーサイレンスの写真を見ながら、私の話を聞いていただきたい。

本来、尻尾の付け根の位置から、飛節と後ろの蹄が一直線にならなければならない。
それが走る馬になるための条件。
実際、私が仔馬をチェックする時の第一チェックポイントもそれだ。

しかし、サンデーサイレンスは飛節の位置が、その直線からはみ出てしまっている。
この手の脚の馬は故障しやすいだけでなく、トモで生まれたパワーが脚へと伝わりにくい。
それは競走馬としては致命的な欠陥。
このような脚をしている馬がサンデーサイレンスほどの成績を残すことなど、本来は考えられないことなのだ。

サンデーサイレンスが残した成績は偉大だ。
ケンタッキーダービー、プリークネスS、ブリーダーズCクラシックなどGIを5勝。
この成績の馬をアメリカの生産界が手放すなど、絶対にありえないことだった。
だが、馬体面に欠陥があったサンデーサイレンスは、これほどの成績を残しているにもかかわらず、生産界から嫌われてしまった。

逆にその欠陥を気にすることなく、購入を決めた社台グループのすごさ。
私はこれを賞賛したい。

あれだけの成績を残している馬なら問題ないと判断した。
むしろ、これほどのレベルの馬を手にするチャンスなどない。
欠点に目をつぶり、可能性のみに期待をかけた。
その判断が日本の生産界を変えるきっかけとなったのだから。

・サンデーサイレンスの長所

馬体の欠点を知っている私が、それでもサンデーサイレンスの成功を確信した理由。
これについても触れなければならないだろう。

前回も説明したように、サンデーサイレンスの爆発的なスピードが、種牡馬として成功した最大の理由。
ならば、そのスピードを生み出している理由は?
あまりにもしなやかで、柔らかい繋。
多くのサンデーサイレンス産駒も継承している柔らかい繋が、コーナーでもスピードの落ちない走りを可能にしていたのだ。

血統的に見るべきものがないとアメリカでは言われていたが、血統が自分の本職。
それについては次回に譲るとして、私自身はサンデーサイレンスの血統面を気にしたことはなかった。
むしろ、ハナに行くスピードを持ち、コーナーリングで差を広げ、最後まで辛抱する。
それが種牡馬として最も重要な要素ではないか。

後ろからレースを運び、切れで勝つような馬は種牡馬として成功しない。
これは私の一貫した見解。
ミスターシービーがそうだった。
同じ三冠馬のナリタブライアン、シンボリルドルフもどうかと思った。
スピードが足りないと思っていたからだ。

正直、ディープインパクトも種牡馬入りした当初はどうかと思っていた。
だが、ディープインパクトはサンデーサイレンスの血を引いていた。
それが他の三冠馬との決定的な違いになった。

ディープインパクトに乗っていた武豊騎手は、サンデーサイレンス産駒の乗り方を最も熟知していた騎手。
行かせば、行けるようなスピードをおそらくは持っていたのではないか。
種牡馬として大成功した現在の彼を見て、サンデーサイレンスの偉大さを改めて痛感している。

【第3章】「サンデーサイレンスの血統を探る」

・サンデーサイレンスは雑草ではない

気性の激しさは目に見えてわかった。
しかし、サンデーサイレンスはその気性の激しさを、前向きな姿勢に転化していた。
その精神面も産駒に伝達するのでは…。
そんな期待を実は持っていた。

予想通りだった。
私が最初に管理したダンスパートナーは気性の激しい馬だったが、傑出した勝負根性と海外遠征でも屈しない強靭な精神力に、その気性を転化していた。

サンデーサイレンスの後継種牡馬として活躍しているステイゴールド。
彼自身もそうだったが、彼の産駒も気性の難しいことで知られている。
しかし、代表産駒のオルフェーヴルやゴールドシップは気性の激しさを勝負根性に変え、大レースで結果を残した。
その激しい気性があるからこそ、サンデーサイレンスの系統は繁栄しているのだと私は思う。

サンデーサイレンスの血統について、私独自の考えを紹介したい。
平凡な血統がゆえにアメリカから放出の対象とされた。
そんなイメージが一般的だが、サンデーサイレンスの血統は決して凡庸ではない。

当時の主流はノーザンダンサー系。
ヘイルトゥリーズン系が目立った血統でなかったのは事実。
しかし、ヘイルトゥリーズン産駒のヘイローに対して、私は“軽い”というイメージをすでに持っていた。

種牡馬にとって“軽い”は誉め言葉の1つ。
日本の芝でも走れる可能性を示唆するものでもある。
ヘイローの母はコスマー。その母はアルマムード。
一大勢力を築いたノーザンダンサーの祖母と知られる馬だ。
それを思えば、現在の隆盛も当然に思えてくる。

近親や兄弟に多数の活躍馬がいたイージーゴアと比較された立場。
セールで売れずに調教師と生産者が半持ちで所有することになった背景。
そのような状況がサンデーサイレンスを“雑草”のようなイメージに仕立て上げたのだろうが、彼には走っておかしくない下地はあった。
確かな血統のバックボーンをサンデーサイレンスは持っていたのだ。

・サンデーサイレンスは母系を引き出す

サンデーサイレンスの母ウィッシングウェルの父の父にあたるプロミスランドの子をやったことがある。
ものすごいスピードを秘めた馬だった。
だが、気性がものすごく悪かった。
ダンスパートナーのような気性の激しい産駒を管理したとき、サンデーサイレンスの気の悪さは、このプロミスランドが出ているのではないか?
そう思ったこともあった。
同時にプロミスランドのスピードがサンデーサイレンスにも影響を与えている。
そう考えると感慨深いものがある。

サンデーサイレンスの特徴はスピードと強調してきたが、実際の彼の産駒は末脚の切れる馬が多かった。
だが、それは掛け合わせによって生み出されたものだと私は思っている。
サンデーサイレンスは自身のスピードを産駒に伝えつつ、母系の長所を上手に引き出していた。

切れやスピードの持続性を母系から加える──。

当時、サンデーサイレンス産駒との相性はノーザンダンサー系が1番だろうと私は考えていた。
スペシャルウィークはマルゼンスキー、ダンスパートナーならニジンスキー。
サンデーサイレンスなら、母父の特徴をしっかりと引き出してくれる。
彼らの残した成績とパフォーマンスを見れば、サンデーサイレンスが私の寄せた期待に応えてくれたことは、説明するまでもない。

【第4章】「サンデーサイレンスの最高傑作」

・サイレンススズカという馬に思うこと

サンデーサイレンスと相性がいいのはノーザンダンサー系。
私は常にそう思って馬を探してきた。
しかし、その考えは正解だったのだろうか?

サンデーサイレンスは母系のいいところを引き出す種牡馬。
そして、数多くのサンデーサイレンス産駒の中で、私が最も素晴らしいと感じた馬は、母系がノーザンダンサー系の馬ではなかった。

サイレンススズカ。
この馬が種牡馬となり、現在の生産界に存在していたら、どれほどの影響を残していたのだろう。

仮に自分が生産者で、種付けする種牡馬を選べるとしたら、絶対に付けたい──。
そう思わせる馬だった。

サイレンススズカの魅力は絶対的なスピード。
重賞を走るような馬であっても、サイレンススズカのスピードにはついていけない。
自分のペースで走り、そのまま後続をちぎってしまう。
サンデーサイレンスの成功を予見できたのは、同馬の類い稀なスピードをこの目で見ることができたからだが、サイレンススズカはサンデーサイレンスを超えるほどのスピードを持っていた。

相性がいいと考えていたノーザンダンサー系ではなく、ミスタープロスペクター系から出現したことも、私の興味を誘った。

あの馬の毛色は栗毛。
サンデーサイレンスではなく、同じ栗毛だった母父ミスワキの影響を受けていることは一目瞭然だ。
ミスタープロスペクター系の持つスピードに関しては、血統の話をする際に何度か話をさせてもらっていると思うが、サイレンススズカはそれを具現化した存在だった。

仮にサイレンススズカが種牡馬として、数年でも活躍することが出来ていれば…。
おそらくはミスタープロスペクターの持っていたスピードを、産駒にしっかりと伝えてくれていたと思う。
惜しかった。
生産界は本当に惜しい馬を失ったと思う。

・サンデーサイレンスの偉大さとは

話は少し逸れるが、小柄な大種牡馬として知られるノーザンダンサー。
実際に馬を見る機会はさすがになかったが、その写真などを展示してあるアメリカのミュージアムに私は行ったことがある。

背も低いし、小さくて見栄えのしない馬。
並んで飾ってある在来種の写真とそれほど変わらない。
だが、ノーザンダンサーは母系のいい面を引き出しながら、自身の勝負根性を産駒に伝えた。
ノーザンダンサー直子であるノーザンテーストも大きな馬ではなかったが、日本で隆盛を誇った。
彼もまた自身の特徴とともに、母系の長所を引き出した種牡馬だった。

サンデーサイレンス産駒の小さい種牡馬たちを見て、私はサイレンススズカの可能性を想像する。
ディープインパクト、ステイゴールドといった小さな馬たちが、自身の能力をしっかりと産駒に伝えた。
おそらくはサイレンススズカも同じだっただろう。

サンデーサイレンスに話を戻そう。
サイレンススズカの存在により、サンデーサイレンスという種牡馬が相手を選ばないオールラウンドな存在なのだと私は認識した。
ノーザンダンサー系の切れを引き出すだけではない。
どの系統の母系でもあっても、その長所を引き出してしまう特別な種牡馬。

多くの後継種牡馬に恵まれているサンデーサイレンスだが、それでも彼を超えるほどの種牡馬は出てきていない。
サンデーサイレンスは唯一無二の存在。
現在もその考えは変わっていない。

【第5章】「サンデーサイレンス産駒への思い」

・初年度の活躍が大きかった

伊藤雄二調教師が管理したプライムステージは、サンデーサイレンスの産駒で初の重賞制覇を飾った馬。
気性が激しく、調整にかなり苦労した面があったようだが、彼女がいきなり結果を出したことは、サンデーサイレンスの将来に大きな影響を与えたと思う。

新種牡馬にとって、2歳の北海道シリーズで結果を出すことは重要なことだ。
早い時期に仕上がるということは、早熟性があるだけでなく、2歳戦で活躍できるスピードを持っている証明でもある。
それをアピールしたことで、サンデーサイレンスに対する我々の信頼度は格段に高くなった。

サンデーサイレンスは初年度産駒から優秀だった。
夏の新潟でフジキセキとタヤスツヨシがデビューし、ジェニュインや私の管理したダンスパートナーがそれに続いた。

ざっと馬名を列挙し、もしかしたら察知した方もいるかもしれないが、サンデーサイレンスが初年度から実に多様なタイプの馬を出している。
切れを有した馬もいれば、豊富なスピードを持っている馬もいた。
最もサンデーに似ていた馬となると、スピードの持続性に秀でたフジキセキあたりになるのだろうか。

・大成できなかったサンデーサイレンス産駒

最後に私とサンデーサイレンスとの関連について述べさせていただきたい。
私はサンデーサイレンスの子で55勝もしているそうだ。

そんなに勝っていたのか──。これが正直な感想。
私に最初のGIをプレゼントしてくれたダンスパートナー、ダービーを勝ってくれたスペシャルウィーク。
フサイチパンドラもGIを勝ったサンデーサイレンス産駒だ。

だが、過去の連載で多くのことを紹介した彼らの話は割愛し、成功できなかったサンデーサイレンス産駒について。
今回は3頭の馬を取り上げさせてもらいたい。

アイリッシュダンスを母に持つアグネスシラヌイ。
有馬記念やドバイシーマクラシックを勝ったハーツクライの全兄にあたる馬だ。
ハーツクライもそうだったようだが、母父であるトニービンの影響が強いのか、この馬は腰が甘く、完成するまでに時間がかかった。
そして、とにかく気性が激しかった。
通算6勝、1億円以上の賞金を稼いでくれたのだから、失敗と言えないはずだが、残念ながら弟が偉大すぎた。
私自身はよく頑張ってくれたと感謝をしている。

青葉賞で2着に入ったこともあるプレシャスソング。
彼は私が求めたシラオキの血統を持っている馬で、その配合パターンはスペシャルウィークに近い。
違うのはプレシャスソングの母父がナイスダンサーだったのに対し、スペシャルウィークはマルゼンスキー。
その差が出たのかもしれない。現在ではそう思う。
母系の能力をダイレクトに出すのがサンデーサイレンスの特徴。
だからこそ生まれた現象と言えるのではないだろうか。

ニューイングランドはGIを勝った馬たちと遜色のない能力を持っていたと考えている馬だ。
彼はサンデーサイレンスの仔にしては珍しい栗毛。
サイレンススズカと似たことがこの馬にも言えた。
祖母のプレイメイトはウッドマンの母。
この馬の毛色が栗毛だった。
母父はダンジグ直子ながら距離をこなせるチーフズクラウン。
チーフズクラウンの祖母は名牝クリスエバートで、この馬もまた栗毛だった。
どちらの影響が強く出ていたのかはわからないが、私はその部分に強く惹かれた。

無事でさえあればクラシックに出走し、活躍できたはずの馬。
わずか7戦のキャリアで4勝2着2回の成績をあげたのだから、その見立てにほぼ間違いはないだろう。
私が管理した馬の中で最も「惜しい」と思わせたサンデーサイレンス産駒。
それがニューイングランドだということを、この項の最後に伝えておきたい。

-存在意義
-, , ,