Produced by 競馬のカリスマ

価値基準

【覆面1号&7号】香港国際競走・予想

この記事を書いた人

天才・逸材・変態が集う、競馬メディア『競馬のカリスマ』副編集長・中田。日本代表元キャプテン長谷部誠を心から尊敬している。

副編集長の中田です!

2018年12月9日(日)香港・シャティン競馬場では、今年も香港国際競走がおこなわれます!

今回は日本調教馬9頭参戦。
日本馬の活躍に期待ですね!

さて、今回の【Night Museum】は、【覆面1号】さんと【覆面7号】さんによる昨年の香港国際競走の各予想のプレイバックです!

=======

【血統の1号】沙田5R・香港スプリントの予想

『スプリント王国香港の牙城を崩すのは不可能に近い(単勝・馬連・馬単)』

香港の馬たちは、南半球オーストラリアやニュージーランドからの輸入馬が多いせいか、スプリント系の馬が多い。
血統的にも、ダンジグ系デインヒルの子供達が種牡馬として活躍している。

日本馬ロードカナロアが二連覇したことで、日本馬の活躍を期待する向きもあるが、世界的な名馬でないとそれは無理。
スプリント王国香港の牙城を崩すのは不可能に近い。

ロードカナロア以外は、ほぼ全滅に近い状況だしね。

で、今年の競馬は、簡単で、絶好調のあの馬から買えば当たる。

◎1 ミスタースタニング
〇2 ラッキーバブルズ
▲4 ザウィザードオブオズ
☆5 アメージングキッズ
△9 ブリザード
△7 サインズオブブレッシング
△10ディービーピン

このコース、まず外枠が不利。これは確実に不利で、10番以降のゲート番の馬は、ほぼいらない。
今回、ディービーピンは、12番ゲートなので、これがなければ重い印を打ちたかったが、△にとどめた。

本命は、ここ二連勝中のミスタースタニング。
斤量も60キロ背負って二走前に勝っていて、57キロはむしろ楽。
不動の本命とみている。

単勝と馬連、馬単、それぞれオッズをみて買いたい。

【単勝】1(1点)
【馬連/流し】1-2,4,5,9,7,1(6点)
【馬単/1着流し】1⇒2,4,5,9,7,1(6点)

-----------

【血統の1号】沙田7R・香港マイルの予想

『この距離も地元香港馬が優勢(単勝・馬連・馬単・3連複・3連単)』

日本からサトノアラジンが参戦している香港マイル。
この距離も地元香港勢が強く、そう簡単には通用しない気がする。
アイルランドのランカスターボンバーが怖い気はするが・・・。

本命は・・・

◎7 シーズンズブルーム

マジックマン、モレイラが、明日の中で一番自信あるレースと語っているように、この馬の充実度が凄いし、モレイラと息もぴったり。
まず、おかしな競馬にはならないはず。

◎7 シーズンズブルーム
〇2 ヘレンパラゴン
▲1 ビューティーオンリー
☆13ランカスターボンバー
△10ビューティージェネレーション
△4 サトノアラジン
△14ローリーポーリー

馬券は、まず、シーズンズブルームの単勝。それと、馬連、馬単をオッズみて。
それと、三連単フォーメ。

1着・・◎
2着・・〇▲☆△
3着・・〇▲☆△△△

軸一頭の三連複も買いたいが、ガミるかもしれないので、これもオッズ見ながら。

結局、単勝だけにするかもしれないな。

【単勝】7(1点)
【馬連/流し】7-2,1,13,10,4,14(6点)
【馬単/1着流し】7⇒2,1,13,10,4,14(6点)
【3連単 /フォーメ】7⇒2,1,13,10⇒2,1,13,10,4,14(20点)
【3連複/軸1頭】7-2,1,13,10,4,14(15点)

-----------

【小鳥の7号】沙田4R・香港ヴァーズ

『◎は日本馬以外!(馬連・3連単)』

香港4R
◎1ハイランドリール
〇2タリスマニック
▲12キセキ
☆8トーセンバジル
△9ゴールドマウント

ここは格上ハイランドリールじゃないか?
キセキにも頑張ってほしいんだが、コース的にはハイランドリールの方が向くし、キセキの追い込みがどこまで効くか?菊花賞の反動や、皮膚病の影響なども含めて、万全とは言えない中での海外での戦いだし、▲までかな。対抗はゲート最内のタリスマニック。前走ハイランドリールを破った勢いをかった。

買い方
【3連単/フォーメ】1⇒2,12,8⇒2,12,8,9 (9点)
【3連単/フォーメ】2⇒1⇒12,8,9 (3点)
【馬連/流し】1-2,12,8 (3点)

-----------

【小鳥の7号】沙田5R・香港スプリント

『スプリントの香港勢は強いぞ。(3連単)』

香港5R
◎1ミスタースタニング
〇2ラッキーバブルズ
▲12レッツゴードンキ
☆9ブリザード
△5アメージングキッズ
△4ザウィザードオブオズ
△10ディービーピン

ここは、ミスタースタニング。
今期グイグイ力をつけてこのまま連勝でGI制覇濃厚とみる。
レッツゴードンキは枠も真ん中あたりで良いしロードカナロアで2回優勝、ストレイトガールで1回馬券圏内に連れてきてる岩田なら他の騎手ともそん色ないし、▲は打っておく。

買い方
【3連単/フォーメ】1⇒2,12,9,5,2,10⇒2,12,9,5,2,10 (30点)

-----------

【小鳥の7号】沙田7R・香港マイル

『穴軸発見!(3連複)』

香港7R
◎13ランカスターボンバー
〇7シーズンブルーム
▲10ビューティージェネレーション
☆2ヘレンパラゴン
△1ビューティーオンリー
△4サトノアラジン
△14ローリーポーリー

ここは、難しいね。
基本は前哨戦の香港JCマイルの上位馬を買っておけばいいレースなんだろうけど直近のGIで2着3回のランカスターボンバーから入る。もちろん、ムーアの腕込みでの指名ではあるが、揉まれない外目の枠で内を見ながら進められるのも良しとした。

買い方
【3連複/フォーメ】13-7,10,2-7,10,2,1,4,14 (12点)

-----------

【小鳥の7号】沙田8R・香港C

『日本馬の取捨が馬券の肝か?(馬連・3連複)』

香港8R
◎3ポエッツワード
〇1ドーヴィル
▲2ネオリアリズム
☆4ワーザー
△12スマートレイヤー
△5ステファノス
△9タイムワープ

ここは4歳馬を中心に取った。
中でも、イギリスとアイルランドでのチャンピオンSで連続2着のポエッツワードは、GI勝こそ無いもののこの中でも引けを取らない実績だよね。そのポエッツワードに勝ったことのあるドーヴィルが対抗。日本馬では最内枠からレースが出来るネオを▲に抜擢。

買い目
【馬連/流し】3-1,2,4,12,5,9 (6点)
【3連複/フォーメ】3-1,2,4-1,2,4,12,5,9 (12点)

(※コラム本文は2017年12月執筆)
=======

-価値基準
-, ,