Produced by 競馬のカリスマ

喜び・感動

【血統の1号】ジャパンCの予想をプレイバック(2018)

この記事を書いた人

中央競馬で多数の馬を走らせている現役馬主。多くの馬をセールで購入している他、自己所有の繁殖牝馬の配合も全て自分で考えるほどの血統マニアでもある。その血統理論が馬券にも活かされていることは言うまでもない。

どうも!覆面馬主1号です!

今日は、7号じゃないが、ズレズレな一日だったな・・。
でもまあ、明日、彼女にドカンといく分の種銭は、きっちり取ってあるから、いいんだけどね。

でもって、ジャパンカップ!

オレの予想は、前々から公言している通り、だな。

◎1 アーモンドアイ

この仔には、来年のドバイ、もしかしたら凱旋門賞、あたりを視野に世界のひのき舞台で戦ってほしいと思っている。

オークスと同じ舞台のJCだが、アーモンドアイ自身は、デビュー5戦目で、このオークスを楽勝している。当時の斤量が55キロだから、今回の53キロは、相当有利だよな。
ま、スタミナが怖ろしく豊富な感がある馬だから、この53キロになることで、最後の弾け方が物凄いことになるのは、言うまでもない。
実際、単勝も売れに売れている。
それは仕方のないことだ。

一時、1,3倍にまでなったが、今時点では、1,5倍。

さて、相手を考えよう。

まず、一番手は、この馬!

〇8 キセキ

速い脚は使えないが、先行して粘る脚質は、今の東京競馬場の馬場には、とても合っている。
今日も、内が良くて、先行突き放し系の馬が上位に来ている。
前走の天皇賞のような競馬が出来れば、アーモンドアイに捕まるまで、先頭で走ってくる感じだろうか。

▲11スワーヴリチャード

前走の天皇賞が酷い競馬だったが、一度叩いて本来の競馬が出来れば、この馬も、先行系の勝ちパターンで来るはず。
キセキと同様、前で脚を溜めて、4コーナーから先頭に並びかけてくるイメージの競馬か。

おそらく、〇か▲のどちらか、もしくは両方が、この競馬をしてくるので、後ろの馬は、凄い末脚でないと捕らえられないのだと思う。

☆候補としては、二頭。

☆3 サトノダイヤモンド
☆9 シュヴァルグラン

両馬とも一度叩いてのここ狙いで、体調やコンディションは万全なのだろう。
あとは、馬自身のパフォーマンスがどうか、だけ。
モレイラと、C・デムーロだけに、奇策もあるかもしれない。

実際のところ、能力的には、ここまでなんじゃないかな。

3着候補で、一応挙げてみると・・・

△12カプリ
△4 サトノクラウン

この2頭かな。
サトノクラウンは、終わってなければ、こういうレースで突如走ってくる感じの馬で、天才ビュイックが鞍上。今までにない走りを披露してしまうかもしれない。

カプリは、ムーア鞍上。ガリレオの仔は、東京のコースが得意とは言えないが、凱旋門賞で5着は立派で、一発の可能性も無いとは言えない。

ということで・・・・・

◎1 アーモンドアイ
〇8 キセキ
▲11スワーヴリチャード
☆3 サトノダイヤモンド
☆9 シュヴァルグラン
△4 サトノクラウン
△12カプリ

だな。

馬券は、アーモンドアイの単勝!
それと、馬単を、〇▲☆☆へ4点。当然、〇と▲に厚く。6倍くらいだと思う。

三連単は、以下。

1着・・・◎
2着・・・〇▲☆☆
3着・・・〇▲☆☆△△

これで、三連単を買いたい。
念のため、三連複は、◎ー〇▲ー〇▲☆☆△△の10点に、それ以下のオッズの買い目は、少し買い足す。

ま、結局は、単勝を一番買うんだけどね。

(2018年11月執筆)
---------------

-喜び・感動
-, ,