Produced by 競馬のカリスマ

存在意義

【白井寿昭】能力を計り損ねた馬。アカデミック連載【トニービン編】

この記事を書いた人

広島県出身。厩務員、調教助手を経て1978年に調教師免許を取得した。相馬眼で『白井最強伝説』として広く親しまれている。通算795勝(中央775勝、地方・海外20勝、重賞42勝)

トニービンという種牡馬に対し、調教師としての自分が興味を示すことは、ほとんどなかった。
あれほどの実績を残した大種牡馬。
彼の血の優秀さだけでなく、日本の生産界に与えた影響の大きさも現在は認識している。

なのに、私はトニービンの存在を無視してきた。

この連載だけでなく、多くのメディアで、私は自身の性格についても言及してきたつもりだ。
注目を集めるようになってからでは遅い。
誰かが唾を付ける前に動く。
その信念こそが勝ち組に回る重要な要素なのだ、と。

だが、誰よりも先物買いを好む私が、トニービンに関してだけは二の足を踏んだ。

サンデーサイレンスのような、超が付くほどの大物でなかったにしろ、現役時代に凱旋門賞を制したトニービンも、10億円を超える金額でシンジケートが組まれた馬。
期待値は低くなかったと思う。

だが、初年度産駒が活躍するまでの彼の種付け頭数は60頭前後で推移。
凡庸とは言わないまでも、いわゆる人気種牡馬ではない。
付け入る隙は、いくらでもあったはずだ。

なのに、なぜ?

多くの読者が思う疑問に対し、私なりの見解とそれにまつわるエピソードのいくつかを、これから紹介していきたい。
相馬眼に自信を持っている私に、あまりにも苦い思い出を残した珍しい馬。
それがトニービンだ。

【初年度産駒が大活躍】

本題に入る前にトニービンという種牡馬の紹介をしたい。
1989年、社台スタリオンステーションで種牡馬生活を始めたトニービン。
その初年度産駒たちが、GI戦線でいきなり大活躍する。

日本ダービーを勝ったウイニングチケット、
桜花賞とオークスの二冠を制したベガ。
古馬になって安田記念、マイルCSを勝った名マイラーのノースフライト。
天皇賞(秋)で追い込み勝ちを決めたサクラチトセオー。
現役時代に重賞を2勝し、母となってハーツクライという大物を輩出したアイリッシュダンスもトニービンの初年度産駒だった。

なぜ、こんなにも早い段階から?

トニービンが本格化したのは4歳を迎えてから。
凱旋門賞を勝ったのは5歳の時だ。

そのイメージは晩成──。

サンデーサイレンスの産駒が初年度から活躍することは予見していた。
ある種の早熟性をサンデーサイレンスは持っている。
その早熟性は、スピードという言葉に言い換えることができた。
ゆえにサンデーサイレンスの成功を確信できたのだ。

しかし、トニービンは違う。
彼の産駒は総じて晩成タイプ。そう思っていた。
それがトニービンの成功を予見できなかった理由の1つ。

だが、私がトニービンを嫌った理由が、実は他にもあった。
それこそが、私に苦い思い出を与えたのだ。

【その血統に惹かれて】

1993年の日本ダービーを制したウイニングチケットは、トニービンの最初の代表産駒と言うべき存在だ。

名手・柴田政人騎手に初のダービータイトルを贈った馬。
ビワハヤヒデ、ナリタタイシンとの三強対決は、現在も競馬ファンの語り草になっているが、そのハイライトと言えるレースが、ウイニングチケットの勝った日本ダービー。
1990年代を彩った名馬だった。

ウイニングチケットの二つ上の兄にマルブツパワフルという馬がいる。
父はノーザンダンサー系のプルラリズム。
母パワフルレディの母父はマルゼンスキー。

この連載を読んでいる方なら、私がマルゼンスキー肌の牝馬に執着していたことは、すでにご存知だと思う。
いずれはマルゼンスキーに関しても話をしたいと思っているが、彼自身が持つ圧倒的なパワーと血統背景に私は惹かれていた。

だが、マルゼンスキー肌の馬というのは、簡単に手に入らない。
単にマルゼンスキーの肌というだけでなく、それなりの血統背景を持つ血筋の馬ともなれば、入手することはさらに難しくなる。

名門スターロッチの血統は素晴らしい。
この血統を手に入れようと思ったら、未勝利馬の子供しかいない。
その最初の布石として選んだのが、マルブツパワフルだった。
母が未勝利のパワフルレディなら、この名門の血を手に入れることができるかもしれない。
この馬を手に入れ、この優秀な血統に唾をつけておきたい。
マルブツパワフルの購入には、そんな背景があったのだ。

【当歳時の印象は…】

マルブツパワフルは見栄えのいい馬だった。
だからこそ、彼の購入に迷いはなかった。

だが、ウイニングチケットは違う。
生まれて十日前後で彼を見た。
華奢な馬だった。
まるで鹿みたいだ。
いや、キリギリスという表現が適当だろうか。
キュウリに割り箸が刺さっているようだ。
そんな印象しか持てなかったのだ。

現在なら違う。
トニービンの子はこんなものだ、と思っただろう。
だが、初年度だったばかりに勝負できなかった。

牧場にはこう言った。
「改めて見に来るから、また見せてくれ」

だが、私にその次はなかった。
ウイニングチケットを生産した藤原牧場は、伊藤雄二先生と繋がりが深かった。
しかも、決断に二の足を踏んだ私と違い、伊藤先生はトニービン産駒のジャッジが的確だった。

ウイニングチケットがホープフルSを勝った日。
兄のマルブツパワフルをホープフルSの次のレース(92ジョッキーズグランプリ)に出走させ、私は勝利させている。
なのに、大沢オーナーは「どうしてあの馬(ウイニングチケット)を買わなかったんや」と。
記念写真を撮影する時に怒られてしまった。

あまりにも苦い思い出だ。
トニービンの特徴を把握できなかったばかりに、私は未来のダービー馬を取り逃してしまったのだから。

【トニービン産駒の最高傑作】

トニービン産駒の最も優秀な馬は、エアグルーヴをおいて他にないと私は思っている。
現役時代の成績も優秀だが、彼女は繁殖に入ってからも輝きを失わなかった。
そこが素晴らしい。

パロクサイドを祖に持つこの血統は、牝馬の活躍馬が多いことで以前は知られていた。
だが、最近ではルーラーシップやドゥラメンテが、彼女の血を父系から発展させようとしている。
今後の生産界において、彼らは重要な役割を果たしていくだろう。
非常に楽しみだ。

エアグルーヴ自身のことを言えば、私は彼女がトニービンに似ていると思っていない。
牝馬でも470キロと馬格があり、ボリュームもあった。
母ダイナカールの父であるノーザンテースト。
エアグルーヴは祖父であるこの馬の影響が強かったのではないか。

だが、それこそが種牡馬トニービンの優秀さを示すものだ。
サンデーサイレンスでもそうだが、大種牡馬と呼ばれる馬は、自分のカラーを出すだけでなく、母系のいい面を引き出す力を持っている。
トニービンもそうだった。
ゆえに大種牡馬となれたのだ。

ウイニングチケットと同じく、エアグルーヴも伊藤雄二厩舎の所属馬だった。
伊藤先生は他にもエアダブリンを管理しており、トニービン産駒のジャッジでは、素直に伊藤先生のほうが自分よりも上というほかない。
素晴らしい相馬眼。
尊敬に値する方だ。

【産駒が活躍した理由とは】

最後にトニービンの血統について、改めて考えてみたい。

トニービンの父はカンパラ。
その祖父カラムーンは仏2000ギニーにリュパン賞、ジャックルマロワ賞を勝っている。
豊富なスピードを持っている馬だった。

グレイソヴリン系はヨーロッパの馬の中でも、スピードがあることで知られている系統だ。
当時の馬で言えば、タマモクロスがグレイソヴリン系にあたる。
しかも、トニービンが頭角を現したイタリアは芝が軽く、日本に近いと言われていた。
日本でも走れる下地が、トニービンにはあったのだ。

だが、タマモクロスもトニービンと同じような晩成タイプ。
結果を出すのは古馬になってからというイメージを自分の中で作ってしまっていた。
なんと惜しいことをしたのか、と現在は思う。

その理由は5×3×5というハイペリオンのインブリード。
ハイペリオンは昔からの大種牡馬で、この血を持っている馬は底力と成長力に富む。
改めて見返せば、走って不思議のない血統だったのだ。

私はトニービン産駒で8勝しかしていない。
55勝もさせてもらったサンデーサイレンスとは対照的。
これだけの大種牡馬で、この程度の結果しか残せなかったのだから、私には縁のなかった馬というほかないだろう。
私が嫌った華奢な馬体が、私の相馬眼を鈍らせた。

そんな結論で、この馬の話を締め括りたい。

-存在意義
-, ,