お知らせ

【帝王賞】豪脚炸裂 ケイティブレイブがダートの頂点に!

6月28日に地方・大井で開催された11R・帝王賞(JpnI、ダ2000m)は、スタートで出遅れ後方からの競馬となった福永騎手騎乗の6番人気ケイティブレイブ(牡4、栗・目野厩舎)が鋭い末脚を繰り出し、先に抜け出した2着馬を捕らえ勝利。GI馬6頭が揃った上半期のダート王決定戦で、交流GI初制覇を飾った。勝ちタイムは2分4秒4(重)。1馬身3/4差の2着は5番人気クリソライト、2着に3馬身差の3着は1番人気アウォーディーが入った。なお、2番人気アポロケンタッキー、3番人気サウンドトゥルーは直線で伸びを欠き、5着、4着にそれぞれ敗れている。また、8着のタマモネイヴィーが地方馬最先着だった。