田原基成の予想一覧

今週土曜日の予想

【太鼓判】競馬評論家・田原基成 東京12R 3歳以上500万下予想
【太鼓判】競馬評論家・田原基成 阪神11R 垂水S予想
【太鼓判】競馬評論家・田原基成 阪神7R 3歳以上500万下予想
【太鼓判】競馬評論家・田原基成 東京3R 3歳未勝利予想
【イベント】競馬評論家・田原基成 函館7R 3歳以上500万下予想
【今週のテーマ】今週はグランプリ・宝塚記念!「競馬界のグランプリ男」を狙え!意外かもしれないが、グランプリと聞くと暮れの「KEIRINグランプリ」が真っ先に浮かんできてしまう。私は競輪場に行ったことも車券を買ったこともないが、武豊が毎年ゲストとして登場するのは知っている。正直に言ってしまえば武豊目当てで番組を観たようなものだ。余談はさておき、今週のテーマは「競馬界のグランプリ男を狙え!」。競馬界には異名を持つ人物が少なくない。「平成の盾男」武豊、「マジックマン」J.モレイラ、「ターフの魔術師」武邦彦……個人的には「孤独の◎」清水成駿氏が心に響く。数字だけで判断すればスイープトウショウやドリームジャーニー、オルフェーヴルでの勝利実績がある池添謙一がグランプリ男の筆頭か。私はこの騎手と角田晃一現調教師が重なって仕方ないのだが、大舞台で発揮する勝負強さは目を見張るものがある。「GIの勝ち方」を知っているからこそ、GIを何度も勝てるのだろう。さて、イベント予想のレースは土曜函館7R。いわゆる「グランプリ男」が複数人いるレースだが、私が本命の印を託したのはそのうちの1人が跨る馬。私が本命を打った、叩き2戦目でこそ狙うべき馬とは?結論は「予想/買い目」をご覧いただきたい。
【VIP】競馬評論家・田原基成 大沼S/函館10R 3歳以上500万下予想
【函館11R 大沼S】「手のひら返し」どのメディアを見ても、どの評論家の話を聞いても、この言葉が瞬時に頭をよぎった。手のひら返し……

今週日曜日の予想

【太鼓判】競馬評論家・田原基成 阪神12R リボン賞予想
【太鼓判】競馬評論家・田原基成 阪神10R 花のみちS予想
【太鼓判】競馬評論家・田原基成 函館8R 3歳以上500万下予想
【太鼓判】競馬評論家・田原基成 函館6R 3歳未勝利予想
【イベント】競馬評論家・田原基成 阪神9R 皆生特別予想
【今週のテーマ】今週はグランプリ・宝塚記念!「競馬界のグランプリ男」を狙え!「今一番勝ちたいレースは、次のレースです」50歳が迫る今もなお競馬界を背負う役割を担う武豊。とある番組に出た際に発したセリフが上記のようなものだ。こんなカッコいいセリフが自然と出るのはこの人しかいない。外見的な部分はさておき、私は武豊以上に「スマートな人」との形容が似合う人物を見つけることができない。相手の気持ちを慮った立ち振る舞い、気の利いたジョーク、幅広い交友関係……フランス競馬への長期滞在や復活を印象付けたキズナのダービー制覇など、やはりこの人だけは別格だ。ネイマールしかり、本田圭佑しかり。先頭を走る人間は向かい風を真っ向から浴びる立場にある。その立場を理解したうえで業界が盛り上がる発言をする地頭の良さにおいて武豊の右に出るものはいないだろう。そんな武豊は過去に宝塚記念を4勝。紛うことなき「グランプリ男」だ。宝塚記念で騎乗するダンビュライトの取捨はVIP予想をご覧いただくとして、イベント予想のレースは日曜阪神9Rの皆生特別。渋った馬場が濃厚なここは、フォーメーションの2列目に爆穴レベルの馬を据える。結論は「予想/買い目」をご覧いただきたい。
【VIP】競馬評論家・田原基成 宝塚記念/函館11R UHB杯予想
【阪神11R 宝塚記念】土曜時点で重馬場まで悪化した阪神競馬場。日曜阪神は好天が予想されているものの、回復しても稍重までだろう。梅雨……

今月の予想