藤田伸二の結論一覧

今週の結論

見解・予想の公開は、レース前日の19時頃から順次更新されます。お楽しみに!

今月の結論

  • 【藤田伸二の結論】11月19日(日) マイルCSで想定される馬場状態と騎手心理の関係
    のっけから言わせてもらうと、俺は京都芝外回り1600mで良い思い出はない。2007年マイルCSにアグネスアークで臨んだときは4着やったけど、ゴール前でユースケ(藤岡佑介騎手)に斜行された。ユースケもスーパーホーネットで初GI制覇がかかっとって“必死のパッチ”やったんかなぁ……。 それと先週は……
  • 【藤田伸二の結論】11月12日(日) エリザベス女王杯は“我慢する勇気”が重要や
    エリザベス女王杯はタケノベルベットではじめてGIを勝った思い出深いレース。当時はいまと違って3歳馬同士の戦いやったから、未だにエリザベス女王杯=3歳限定京都芝2400mのイメージがあるわ。 このレースは春のヴィクトリアマイルと合わせて古馬牝馬の2大GIという位置付けにあるが、求められる適性はまったくと言っていいほど違う。京都芝外回りは……
  • 【藤田伸二の結論】11月5日(日) 東京2400mと2500mの違いは“心のゆとり”
    今週はアルゼンチン共和国杯やね。このレースが行われる東京芝2500mは近年このレースと目黒記念でしか施行されない条件。日本ダービーやオークス、ジャパンCなどGIが行われる東京芝2400mとは100m違いやけど、騎手心理で言えば“1コーナーに入るまでの時間”に大きな違いがあるんだ。 東京2400mの場合……