寺井千万基の結論一覧

バックナンバーバックナンバー

2018年02月の結論

  • 【VIP】元調教助手・寺井千万基 ここを通過点にして更なる飛躍を期待したい
    どうも、寺井千万基です! 鮫島厩舎のモズカッチャンが、正式にドバイシーマクラシックの招待を受諾。今春にドバイへの遠征が決まった。 前走の京都記念では牡馬の底力に屈するかたちで4着に負けたけど、いったんは先頭に立つシーンがあり、内容的には決して悪くはなかった。もともと叩かれてガラッとよくなるタイプだから、いまからドバイでのレースが楽しみや。 ただ、かつて厩舎にいた人間としては、やはり気になるのがレース後のケア。特にドバイ遠征後は調子を崩してしまう馬がおるから、その辺りには細心の注意を払わなアカン。できればレースでいい結果を出して、調子を崩さずに戻ってきてくれたら最高やね。
  • 【VIP】元調教助手・寺井千万基 ジョッキーの心理としては是が非でも勝ちたいレース
    どうも、寺井千万基です! 今週から中山と阪神へ舞台が替わり、来週の弥生賞、チューリップ賞からクラシック戦線もいよいよ本格化。 昨年はオークスに3頭の管理馬を送り出した鮫島厩舎やけど、2着に好走したモズカッチャンは、去年の今頃はまだ未勝利を勝ったばかりだった(17年2月12日、小倉の未勝利戦で優勝)。この時期の勝ち上がりでも春のクラシックにはまだ間に合うから、新馬・未勝利戦で強い勝ち方をした馬はチェックしておいた方がエエと思うで。
  • 【VIP】元調教助手・寺井千万基 自分の競馬さえできれば結果はついてくるはずや
    どうも、寺井千万基です! 土曜の京都牝馬ステークスに出走した鮫島厩舎のソルヴェイグは、いいスタートを切ってスンナリと先行したものの、直線では早々に手応えがなくなり11着に大敗。 馬の仕上がり具合からすると考えられないような止まり方をしたから驚いたけど、ひょっとしたら精神的にゆとりがなくなっとるのかもしれん。いずれにしても、この後はひと息入れて、立て直しを図る必要がありそうや。
  • 【VIP】元調教助手・寺井千万基 大目標のGI制覇へ向けてここは取りこぼせない一戦や
    どうも、寺井千万基です! 先週、降雪の影響で順延になった小倉開催では、鮫島厩舎のマコトガラハッド(火曜・小倉6Rで15番人気1着)が大穴をあけて僕も驚いた。 もともとこのクラスを勝ったことのある馬やから、ある程度はやれていいと思っとったけど、まさか勝つ姿までは想像できんかった。 今年に入ってから、鮫島厩舎が穴を開けたのは、熱田特別のハギノカエラ(14番人気3着)、洛陽Sのタガノブルグ(11番人気3着)、マコトガラハッドと今回が3度目。しばらくはこの流れが続くかもしれないから、僕のジャッジとは関係なく、今後も鮫島厩舎の2桁人気馬には要注意や(笑)。
  • 【VIP】元調教助手・寺井千万基 門司Sはどの馬が勝ってもおかしくない難解なハンデ戦
    どうも、寺井千万基です! 日曜メインの京都記念に出走した鮫島厩舎のモズカッチャンは、直線でいったん先頭に立つシーンがあったものの、最後は牡馬の底力に屈する形で4着という結果。勝てなかったのは残念やったけど、十分に力は示せたし、休み明けで牡馬が相手だったことを考えれば決して悪い内容ではなかった。また、パドックから落ち着いとったように、課題だった精神面でも確かな成長を感じられた。 今後のことは馬の様子を見てからになると思うけど、ひと叩きされた後にガラッとよくなる馬やから、いまから次走が楽しみや。
  • 【VIP】元調教助手・寺井千万基 騎乗停止明けのルメールはかなりのフラストレーションが溜まっとるはずや
    どうも、寺井千万基です! 日曜メインの京都記念に出走した鮫島厩舎のモズカッチャンは、直線でいったん先頭に立つシーンがあったものの、最後は牡馬の底力に屈する形で4着という結果。勝てなかったのは残念やったけど、十分に力は示せたし、休み明けで牡馬が相手だったことを考えれば決して悪い内容ではなかった。また、パドックから落ち着いとったように、課題だった精神面でも確かな成長を感じられた。 今後のことは馬の様子を見てからになると思うけど、ひと叩きされた後にガラッとよくなる馬やから、いまから次走が楽しみや。
  • 【VIP】元調教助手・寺井千万基 京都記念で好走してドバイ遠征がモズカッチャンの青写真や
    どうも、寺井千万基です! 土曜の京都メイン洛陽ステークスでは、1番手に推したサトノアーサーが見事に優勝。2着にも3番手に評価したグァンチャーレが入り、申し分のない結果となった。せやけど、推奨できなかった3着馬タガノブルグ(11番人気)は、鮫島厩舎の管理馬や。この馬の激走を予測できないようでは、鮫島厩舎担当失格やな(笑)。
  • 【VIP】元調教助手・寺井千万基 この馬はまだ能力に成績が追いついていない
    どうも、寺井千万基です! 今週からは小倉開催がスタート。ついこの間までは中京開催があったけど、登録数の多さからみてもローカルらしいローカルの開催を待っていた陣営は多いはずや。 年明けの中央場所でひと叩きしてから小倉へっちゅうローテーションを組まれとるローカル巧者がおるはずやから、その辺りを狙ってみるのも面白いと思うで。
  • 【VIP】元調教助手・寺井千万基 まさにケガの功名っちゅうパターンになるかもしれん
    どうも、寺井千万基です! 土曜日に京都競馬場で行なわれた3歳限定のオープン・エルフィンSでは、4頭出走していたディープインパクト産駒が1、2、3、5着と上位をほぼ独占。 正直、連続開催の後半に入って少し荒れてきた芝は切れ味勝負のディープインパクト産駒にはどうやろか?と思っとったけど、6Rの新馬戦でもディープインパクト産駒が1着から4着までを独占しとった。 しばらくこの傾向は続きそうやから、たとえ人気でもしばらくはディープインパクト産駒には逆らわんほうがエエかもしれんで。
  • 【VIP】元調教助手・寺井千万基 南半球産の4歳馬はいまが伸び盛りや
    どうも、寺井千万基です! 先週のシルクロードSに出走した鮫島厩舎のグレイトチャーターは、ラチ沿いをピッタリと回る好騎乗にも助けられて12番人気ながら6着に大健闘。54キロのハンデが効いたとはいえ、残り50mくらいまでは3着はあるか?という内容やったから着順以上に評価できる。これでオープン4着に続いての好走やから、得意の直線平坦なコースならばまだまだ上が目指せそうや。