田原基成の見解・予想一覧

バックナンバーバックナンバー

2018年02月の予想

  • 【VIP】競馬評論家・田原基成 中山記念/阪急杯/小倉9R 4歳以上500万下予想
    【中山11R 中山記念】 「カーリング」を知っている人はどれだけ存在するだろうか。 「そんなの当たり前じゃん。ネットでいつも記事が上がっているし」 ミーハーな友人Fに聞いてみたところ、このような答えが返ってきた。 Fはさらに続ける。
  • 【VIP】競馬評論家・田原基成 小倉11R 皿倉山特別/阪神6R 4歳以上500万下予想
    【小倉11R 皿倉山特別】 「燃やしてやろうかと思いました」 女子団体パシュートで金メダルを獲得した高木姉妹の姉・菜那が発した言葉だ。 事の発端は2010年バンクーバーオリンピック。当時15歳の妹・美帆が国内史上最年少で代表に選出された。
  • 【VIP】競馬評論家・田原基成 フェブラリーS/小倉大賞典/東京4R 3歳未勝利予想
    「付喪神(つくもがみ)」という言葉をご存知だろうか? 付喪神とは、日本に伝わる長い年月を経た道具などに神や精霊(霊魂)などが宿ったもの。道具は100年の年月を経ると精霊を得て、これに変化することができる。室町時代の絵巻物「付喪神絵巻」に見られる言葉だ。 プロ野球史上に残るエンターテイナー・新庄剛志は初任給で購入した7500円のグローブを現役引退まで使用し続けたという。ジュラルミン製の……
  • 【VIP】競馬評論家・田原基成 ダイヤモンドS/京都牝馬S/京都12R 4歳以上1000万下予想
    【東京11R ダイヤモンドS】 羽生結弦のギャップにはいつも驚かされる。 その佇まいは中性的な印象にも映るが、氷上に姿を現すと顔つきは一変。まばたきする余裕すら与えないほどに我々を惹き付けてしまう。世の女性が言うところの“ギャップ萌え”というヤツだろうか……
  • 【VIP】競馬評論家・田原基成 門司S/小倉9R 巌流島特別予想
    テルペリオンの本命はすんなり決まった。 ダート1700mでは2戦2勝と負け知らず。渋った馬場が想定される火曜小倉の馬場コンディションを考えると、3走前の不良馬場勝利も見逃せない。当時のように控える競馬も可能で、脚質に幅がある点もこの馬の評価を押し上げる……
  • 【VIP】競馬評論家・田原基成 クイーンC予想
    世代限定戦において重要なのは「ハイレベルレースの見極め」にある。 昨年で言えば、ダントツにレベルが高かったのはサウジアラビアRC。1分33秒0の勝ち時計はもちろんだが、1000m通過58秒3は2010年以降の2歳東京芝1600mにおける最速。同レースの1.2着馬が朝日杯FSでワンツーをはたしたのは当然のことだ。 では、牝馬戦線におけるハイレベルレースは?……
  • 【VIP】競馬評論家・田原基成 京都記念/共同通信杯/東京12R 4歳以上1000万下予想
    【京都11R 京都記念】 いつからか、京都記念はその役割を大きく変えた。 私の大好きなテイエムオペラオーやナリタトップロードなど、天皇賞(春)を目指す馬が始動戦として使われるレース。京都記念にはそのイメージが定着していた。距離こそ違えど……
  • 【VIP】競馬評論家・田原基成 京都11R 洛陽S/小倉4R 3歳未勝利予想
    「残業60時間以上、健康リスク高くても幸福度は上昇」 このニュースを聞いたとき、私が抱いた感想は「当然だよな」というものだ。 問題となるのは「言葉の定義をどう捉えるか?」この1点。残業と聞くとマイナスイメージを持たれるかもしれないが、競馬予想と同じように視点を切り替えたうえで考えることが重要だ……
  • 【VIP】競馬評論家・田原基成 東京新聞杯/きさらぎ賞/京都8R 4歳以上1000万下予想
    【東京11R 東京新聞杯】 先週の根岸S見解において、私は「世代闘争勃発のファンファーレ」との表現を用いた。 年明けから上の世代を飲み込まんとする勢いで好走を続ける4歳馬サンライズノヴァと、ディフェンディングチャンピオンの誇りを胸に挑戦を受けるカフジテイク。最終的に私は……
  • 【VIP】競馬評論家・田原基成 東京11R 節分S/京都12R 4歳以上1000万下予想
    【東京11R 節分S】 「物事が変わるのは一瞬」 とあるアスリートが発したこの言葉、噛めば噛むほど奥が深い。 競走馬の世界にも、この瞬間に何かが変わったと感じるターニングポイントがある……