田原基成の見解・予想一覧

バックナンバーバックナンバー

2017年03月の予想

  • 【田原基成の予想・見解】3月26日(日) 高松宮記念予想
    「3月中京芝は高速馬場」 これが今開催の中京における私のテーマだった。開幕週の芝1400mでは1分19秒6のレコードが飛び出し、ファルコンSでは同レース歴代最速の時計による決着。想定していた通りの結果が生まれたことで、高松宮記念の本命馬は数秒で決まった……
  • 【田原基成の予想・見解】3月25日(土) ドバイシーマクラシックの予想
    ドバイシーマクラシックと聞いて思い浮かぶのは、ステイゴールド。 当時世界最強クラスの馬だったファンタスティックライトを鮮やかに差し切り勝利。世界が注目するその舞台でポテンシャルの高さを最大限に発揮した。そしてその後、香港の地でGI初制覇。“20度目の正直”で悲願のタイトルを掴み取ってみせた。 サウンズオブアースは……
  • 【田原基成の予想・見解】3月25日(土) 日経賞予想
    「中山芝2500mは中山芝2500m巧者を狙え」 先日行われたフラワーCで私が書いた事柄をそっくりそのまま使いたい。何しろこのレース、リピーターによる好走が極めて多い条件だからだ。 マツリダゴッホ。リンカーン。エアシェイディ。中山巧者かつ東京・京都が……
  • 【田原基成の予想・見解】3月20日(月) フラワーC予想
    「中山芝1800mは中山芝1800m巧者を狙え」 この前提が、私のフラワーCにおける予想のスタートとなる。 中山記念が示すように、中山芝1800mはリピーターの好走が目立つ条件。非根幹距離に加え、直線の急坂も特殊さを引き立たせているのだろう。“コース適性が何より重要視される条件”というのが私の見解だ。 そこで、人気上位馬をチェックしてみよう・・・
  • 【田原基成の予想・見解】3月19日(日) 阪神大賞典予想
    サトノダイヤモンド、前売り最終時点で単勝1.1倍。 菊花賞でオーナーともども待望のGI初勝利を飾ると、暮れの大一番・有馬記念ではキタサンブラックなど強豪古馬を撃破。“現役最強馬”の称号も手を伸ばせば届くところにある。 「サトノダイヤモンドを疑う余地はあるのか?」……
  • 【田原基成の予想・見解】3月18日(土) ファルコンS予想
    3月の中京芝は高速馬場が予想されること。 そして高速馬場にマッチする馬を狙う絶好の条件であること。 私は以前「3月中京で狙える馬を考察する」とのコラムで上記内容を書いた。当時はあくまで仮説にすぎなかったが、その仮説を踏まえて注意深く観察した中京の開幕週はというと……
  • 【田原基成の予想・見解】3月12日(日) 中山牝馬S予想
    土曜の中山競馬には驚かされた。 芝での施行となった5.7.9.10.11R。 計5レースにおいて、勝ち馬の決まり手はすべて“外差し”。 直線インを突いた馬が上位を独占した中山記念とは まったく異なる……
  • 【田原基成の予想・見解】3月11日(土) 金鯱賞予想
    2度の坂越えが待ち受ける中京芝2000m。 開幕週の芝と聞くと“イン有利の高速馬場”をイメージしたくなるが、 個人的には“スタミナが要求されるタフなコース”という印象を受ける。 ジャスタウェイ。レッドレイヴン。ブライトエンブレム。 人気を裏切る凡走を喫したこれらの馬には……
  • 【田原基成の予想・見解】3月5日(日) 弥生賞予想
    過去に行われた弥生賞を見返したとき、私は“ある違和感”を覚えた。 タケミカヅチ、アーデント、ミヤジタイガ、タガノエスプレッソ……。 実況から聞かれる上位入線を果たした馬たちの名前だが、 当時“2000mは長い”との前評判にあったはず。 「同じ2000mでも、弥生賞で求められる性質は特別なのでは?」 私が思うに、性質の違いを生み出す要素は2つある……
  • 【田原基成の予想・見解】3月4日(土) オーシャンS予想
    『クレイジージャーニー』という番組をご存知だろうか? 世界を巡る狂気の旅人(クレイジージャーニー)をスタジオに招き、 体験を語ってもらったり、番組スタッフと同行ロケをする。 その生き方・考え方は常軌を逸しているが、それがまた大きな魅力となる。 私はこの番組のファンなのだが、先日の放送がオーシャンSと妙に……