白井寿昭の金言一覧

バックナンバーバックナンバー

2017年04月の金言

  • 【白井寿昭の結論】4月30日(日) 「天皇賞(春)」本命として推したい
    キタサンブラックとサトノダイヤモンド――。 実績馬が今年に入っても順調に結果を残し、再び相まみえる。観る方としては、甲乙付け難いところだろう。 ただ、個人的にはキタサンブラックを本命として推したい。 先日、NHKの関連でユタカ(武豊騎手)に対して、「少しインタビューのようなことをして欲しい」と頼まれた。 そこで私はユタカに・・・
  • 【白井寿昭の結論】4月29日(土) 【青葉賞】厩舎サイドのやる気を感じる
    ダービーと同じ舞台。そして、王道路線に乗れなかった陣営とって、ここが“ラストチャンス”となる。 しかし、これまで青葉賞組はダービーを勝っていない。それはやはり、デビューからダービーを目指してきた中で、何かしらの怪我や病気といった“途中に何かがあって…”というケースが少なくなく、最終的にトライアルまで“持ってこられた”という馬が多いからだろう。 しかし、それでも今年のレースでは、ダービーに向けて大きな期待を抱かせる馬が出てきて欲しいと思っている・・・
  • 【白井寿昭の結論】4月23日(日) マイラーズC「あれで馬に良い意味のスイッチが入った」
    2014年から1着馬に安田記念の優先出走権が与えられているマイラーズC。これにより安田記念の前哨戦という位置付けが明確になった。ただ、優先出走権の無かった時代も「このレースを使って安田記念を使う」という考えはあった。また、牝馬ならここからヴィクトリアマイルに向かう選択肢もある。いずれにしても、以前も今も、後のGIに向かうためのレースという位置づけだろう。 イスラボニータは一時と比べて・・・
  • 【白井寿昭の結論】4月16日(日) 皐月賞「この選択は理解できる」
    さて、まず牝馬として皐月賞に向かうファンディーナ。やはり、「器が違うぞ」という思いや、走り方が違う——マイルの桜花賞よりも長い距離の方が「走りやすいだろう」という判断があれば、この選択は理解できる。私もかつて管理馬のダンスパートナーで菊花賞に挑んだことがあるが・・・
  • 【白井寿昭の結論】4月9日(日) ソウルスターリングは三拍子揃っている!
    競馬に関わる人間にとって、「目標はどこか?」と考えた時に、名を残せるのはGI。中でも桜花賞を含めたクラシックは歴史も格も違う。そこに向けてローテーションを逆算し、いかに体調をピークに持っていくか。何度も挑戦できる古馬GIと違いクラシック競走の各レースは、その世代で1回しかないチャンス。どの陣営の関係者も・・・
  • 【白井寿昭の結論】4月2日(日) 年度代表馬キタサンブラックの状態面は!? 
    例年ならここを前哨戦に大舞台へという流れが主流だったが、GIへ昇格したことで今後のローテーションが変わっていくだろう。これまでのステップレースという意味合いがなくなり、よりハイレベルな争いが望めると思うので面白いレースになっていくはずだ。 さて、今回の出走メンバーで注目しているのは・・・
  • 【白井寿昭の結論】4月1日(土) 今年のダービー卿CTは逃げ馬が鍵!
    ハンデ重賞は、五分五分の争いになるようにハンデキャッパー達が集まってハンデを設定しているが、私の経験上、斤量を見込まれすぎたとか、軽く見てくれてラッキーと感じたことがある。たとえば・・・