覆面馬主2号の見解・予想一覧

バックナンバーバックナンバー

2017年07月の予想

  • 覆面馬主【妄想の2号】7月30日(日) クイーンS、アイビスサマーダッシュ予想
    こんばんは、2号です。 土曜は久しぶりに予想を公開した障害重賞『小倉サマージャンプ』で、馬連☆-◎(1280円)、3連複☆◎○(2890円)のダブル的中! 自称【障害戦好きな2号】の面目をどうにか保つことができました。 ・・・・・実は結構自信があったので、公開直前まで『馬単』『3連単1着固定』にしようかと考えていたんですが、前開催があれだけ軸飛び・ヒモ抜けのオンパレードだと、「ひょっとして◎アップトゥデイトが落馬とか・・・・・?」と、妙に嫌な予感が。 結果的に安全策を取って馬連と3連複にしたところ、馬券は的中、ただし頭鉄板だと思っていた◎は久しぶりの勝利をハナ差で逃す・・・・・という、文字通り紙一重な的中でした。いやぁ、危なかった! まぁどんな形であれ的中は的中ですし、開催替わり一発目ということもあって運気向上間違いなし。この勢いで日曜の2重賞もズバッと当てていきたいですね!
  • 覆面馬主【妄想の2号】7月29日(土)  小倉サマージャンプ予想+おまけ(新潟9R閃光特別)
    こんばんは。 夏競馬前半戦を締めくくる重賞『中京記念』で ◎11マイネルアウラート(6番人気・16頭中16着) ○5ピークトラム(9番人気・16頭中15着) という、見事なまでの『逆馬単的中』を達成してしまった2号です。 当てようと思ってもなかなか当たらないと思いますよ、これ。 (当たっても一銭の得にもならないので誰も狙わないと思いますが) ここまでダメだと一種の清清しささえ感じます。一般的にはこれを『開き直り』と言うのかもしれません。 約1ヶ月前に『宝塚記念』の3連複万馬券を的中させたのが嘘のような状態に陥っていますが、今週からいよいよ開催替わり。ダメな記憶がこれでもかというほどパンパンに詰まった『福島』『中京』『函館』から、昨年の年間トータル的中率が比較的良かった『新潟』『小倉』『札幌』に替わります。 流石に『本命対抗のW撃沈・逆馬単』よりも悪い成績になることはそうそう無いと思いますし(逆3連単とか・・・・・?)、開幕初日から比較的得意な障害戦の重賞、『小倉サマージャンプ』がありますので、まずは一発当てて『宝塚記念』直後の時のような、いい流れを取り戻しておきたいところですね! ※障害重賞だけというのも何なので、3場の特別戦の中で一番面白そうだと思った『新潟9R 閃光特別(直線1000m)』の予想も最後に入っています!
  • 覆面馬主【妄想の2号】7月23日(日) 函館2歳S、中京記念予想
    こんばんは、2号です。 土曜分の回顧については、一切合財後半で。冒頭からいきなりしょっぱい話が始まると、なんか日曜の分も塩漬けになりそうな気がするんですよ・・・・・。 と、まぁそんなオカルトというか、ジンクスというか、そういったものを気にしなければならない程度には不的中が続いてしまっている今開催も、今週でひとまず終了です。 いい感じに次の『新潟』『小倉』『札幌』開催を迎えるためにも、日曜の2重賞は外せませんね!
  • 覆面馬主【妄想の2号】7月22日(土) 3場メイン予想
    こんばんは、2号です。 先週日曜は唯一の重賞ということで、かなり気合いを入れて『函館記念』を予想していましたが、「この斤量ならアングライフェン(4着)はサトノアレス(6着)に先着できそう」だとか、「一見楽な54キロだけど本当に楽ならもっと3歳馬が出てきているはずだ、サトノアレスは苦戦するだろう(6着)」だとか、「昨年2着のケイティープライドが、人気にもならなさそうだし面白そう(11番人気5着)」だとか、細かいポイントで見ると予測どおりだった部分も無くはなかったですが、総合的に言うと軸が馬券圏外で不的中。 結局まずは『軸が馬券圏内か否か』、ここが一番重要なわけです。 最近は思考が今の馬場に対応できていないのか、はたまた見るものが全て真逆になってしまっているのか、「こういう不安要素があるから今回は評価を下げる」とわざわざ名指しで書いた馬が勝つ!という事態も多発しています。 (例・『初函館&初洋芝』なのでルミナスウォリアーは▲まで!→1着) 今週は注目の2歳重賞もあることですし、福島・中京・函館開催も最終週。すっぱり当てていい感じに締めくくりたいところです!
  • 覆面馬主【妄想の2号】7月16日(日) 函館記念予想
    こんばんは、2号です。 土曜はメイン3鞍を予想し、福島の『阿武隈S』が○→☆→◎の入線順で3連複的中!配当的な部分等々は改めて後で回顧するとして、まずは無事に的中を収められて何よりです。 (最近はイマイチな結果が続いていましたからね・・・・・いや、続いて「います」からね・・・・・) この調子で、今度はいい配当の的中をしっかり収めたいところです! と、いうわけで日曜の重賞は『函館記念』です。日曜に・・・・・というより、週に重賞1鞍!というのは、なかなか珍しい気がします。 珍しい気がしたので今ざっとカレンダーを見てみましたが、『土日1鞍ずつ』『土曜障害重賞、日曜1鞍』などはあっても『重賞自体が日曜の1鞍のみ』なのは、年間を通じても今週だけになっているようですね。 こういう『珍しい』とか『今週だけ』とか『超レア』とか、そういう単語に滅法弱いので、ここぞとばかりに気合いを入れて当てていきたいと思います!
  • 覆面馬主【妄想の2号】7月15日(土) 3場メイン予想
    こんばんは、2号です。 先週は少頭数揃いだった土曜の特別戦が不的中、日曜の2重賞も共に軸馬が撃沈と、『宝塚記念』の的中以降はどうにもイマイチな成績が続いてしまっています。 ちなみにこの流れを鑑みて、水曜の『ジャパンダートダービー』予想は(私にしては珍しく)不参加とさせていただきましたが、仮に予想していたとしたら第一声は恐らく「何だかんだ言っても中央勢が強い」という旨の内容だったと思います。 ※勝ったのは地方所属馬ヒガシウィルウィン と、いうわけでJDDの予想成績は『不戦敗』、していたとしても『不的中』濃厚だったわけですが、「流れが悪いから不的中になりそうだ」という『予想』は無事的中。 ジャンルはともかく久しぶりの的中を収めたということで、今週はいい流れが取り戻せそうな気がしてきました。 日曜は重賞『函館記念』の1鞍だけになりますし、この勢いで土曜は久しぶりに3場メインを全部予想したいと思います!
  • 覆面馬主【妄想の2号】7月9日(日) プロキオンS、七夕賞予想
    こんばんは、2号です。 すっかり書く機会を逸していましたが、来週の月曜火曜は『セレクトセール』ですね。ちょこちょこ色々見ていましたが、個人的に一番気になったのが2日目・当歳部門の上場番号387【マドレボニータの2017】でした! 父は初年度産駒の活躍で種付け料が上がってきているトーセンホマレボシで、全兄に今年の京都新聞杯2番人気5着だったミッキースワローがいます。 母マドレボニータ自身は未出走ですが、母が桜花賞2着ツィンクルブライド・半兄が高松宮記念2着ペールギュントというなかなかの血統で・・・・・何より気になるのがその『顔』。 多分ネットで写真を検索すると出てきますが、栗毛で脚4本の膝下と顔面が真っ白で、両目とも青という、超珍しい顔をしています! 全兄のように重賞路線に出てくる可能性もありますし(血統的な裏付けも上記のとおり)、もしそれが日曜の重賞ならテレビ中継で全国に放送されるわけで、インパクト十分な顔が話題になることは間違いないでしょう。 女性ファンが付くかもしれませんし、そうなれば飲み屋で「あのカワイイ馬の馬主さんなんですか!?すごーい!」と、モテモテになれるかもしれません。ちょっと商品名っぽい名前を付けて、話題になるたび軽い宣伝を・・・・・というのも、狙えるかもしれませんね。 (最近はちょっと厳しいですが、数十年前は『マルマンガスライタ』『タチカワボールペン』のように、名前を呼ばれるだけで宣伝になる!という馬名が結構実在しました。) まぁそんな下心満載では申し訳ないので私は手を出しませんが、『話題になる馬』を捜している覆面さんにはオススメしておこうと思います! さて話題が大幅に逸れてしまいましたが、日曜は『プロキオンS』『七夕賞』の、2つの重賞が開催されます。土曜の結果回顧は後回しにして、まずは予想から参りましょう!
  • 覆面馬主【妄想の2号】7月8日(土) 中京11R、福島11R予想
    こんばんは、2号です。 『宝塚記念』の的中以降はスッキリした的中に恵まれず、イマイチな形で始まってしまった夏競馬&2017年下半期。 そんな最中に訪れた今週土曜は ・函館メイン・・・7頭立て ・中京メイン・・・12頭立て ・福島メイン・・・9頭立て という少頭数揃いで、いかにも「ここで当てて流れを取り戻して下さい」と言わんばかりの状況になっています。 ならば当ててやろうではないか!というわけで、比較的頭数の多い中京と福島をここで、7頭立ての函館メインを『うまキュレ』の【全力一点少年=素イチスイッチ】(1点勝負)で、それぞれ予想していこうと思います!
  • 覆面馬主【妄想の2号】7月2日(日) CBC賞、ラジオNIKKEI賞予想
    こんばんは、2号です。 土曜はメインレースを2鞍予想し、片方は軸馬が5着のタテ目(中京)、もう片方はよりによって名指しで切った馬が軸馬を差してしまい軸馬4着の不的中。 おまけということで予想していた新馬戦のうち1鞍も・・・・・と、この件は今回順番が周ってきた『うまキュレ』の 2歳新馬戦☆勝ち馬を見抜けるのは誰だ?覆面馬主・相馬眼・決定戦!【2017年7月2日版】 でも回顧を行っているので、ここでは割愛いたしましょう。 宝塚記念の栄光(?)はどこへやら、帝王賞でやらかした『よりによって切った2頭のワンツー決着』が微妙に尾を引いている気がします。 この流れはなるべく早いうち、具体的に言うと日曜の『CBC賞』や『ラジオNIKKEI賞』で、すっきり払拭しておきたいところ。というわけで前置きもそこそこに、早速予想を始めていきたいと思います!
  • 覆面馬主【妄想の2号】7月1日(土) 中京11R、福島11R予想+おまけ(新馬戦本命)
    こんばんは、2号です。 先週日曜の宝塚記念では、◎ミッキークイーンから3連複万馬券、10670円をゲット! 軸馬が3着だったので馬連は不的中だったり、あまり高く評価していなかった△サトノクラウン(印順の一番下でした)が勝ったりと、内容はまぁ少々アレでしたが、何はともあれ『上半期の総決算』を的中できて何よりでした。 今回はキタサンブラックと撃沈している人が多かったので、「これで覆面勢の中でもちょっとデカい顔ができる・・・・・!」「この機会に下克上(?)を!」と密かに考えていたわけですが、水曜日に行われた『ダートの上半期総決算』帝王賞は 1着抜け目ケイティブレイブ 2着抜け目クリソライト 3着○アウォーディー 4着◎サウンドトゥルー 5着▲アポロケンタッキー 6着☆オールブラッシュ 7着△ゴールドドリーム ・・・・・という、ある意味素晴らしい結果になってしまいました。 JRA勢7頭の中から有力どころを5頭も狙い撃ちした挙句、よりによって切った2頭のワンツーとは・・・・・。 同じく帝王賞を予想していた7号さんは◎ケイティブレイブからの馬券で馬連3連複3連単の総取りというパーフェクト的中で、完全に『上半期の総決算』を持っていかれてしまったような格好です。 密かな下克上計画は、宝塚記念からたったの中2日で儚く崩れ落ちてしまいました・・・・・。 まぁそんなわけで、今週からは夏競馬も本格化。気を取り直して的中を連発し、秋のGI戦線に備えたいところです!