藤田伸二の金言一覧

バックナンバーバックナンバー

2017年06月の金言

  • 【藤田伸二の結論】6月25日(日) ユタカさんの体内時計を狂わせたキタサンブラック
    今週はドリームレース・宝塚記念やね! ま、ドリームレースといっても11頭立てやし、ダービー馬マカヒキやステファノスがおった大阪杯のほうが豪華やったんとちゃう? 来年以降もこの傾向は続く可能性があるけど、こうなったのはJRAが無駄にGIを増やしすぎた弊害やと俺は思っとる。大阪杯のGI昇格はいまだにワケわからんわ……。 宝塚記念は2002年にダンツフレームとのコンビで勝ったレース。この時期の阪神は・・・
  • 【藤田伸二の結論】6月18日(日) 函館スプリントSは“渋滞”に気をつけなアカン
    今週から函館開催がはじまった。この開催で思い出すのはダグラス(ホワイト騎手)の“変わった寿司の食べ方”やね。アイツ、寿司を食べるときにご飯も一緒に食べるんよ。寿司をおかずにご飯を食うねん(笑)ダグラスとは同い年で、香港遠征でもお世話になった。まだ現役で頑張っているみたいだし、また日本で騎乗する機会を見たいところやね。 札幌開催を含めると北海道シリーズは約3カ月。今週はユタカさん(武豊騎手)やエビちゃん(蛯名騎手)が参戦するけど……
  • 【藤田伸二の結論】6月11日(日) エプソムCはマイネル2騎の出方が鍵
    今週はエプソムCやね! このレースはシンゲンとのコンビで勝っとる。あのときはユタカさんの馬(ヒカルオオゾラ)が人気で、のちに宝塚記念を勝つこととなるアーネストリーもおったけど正直負ける気がしなかったわ。 まず東京芝1800mの特徴を説明すると、一言でこのコースは難しい。2コーナー奥のカーブからスタートするから、最初の位置取りにものすごく気を遣うんだ。俺が乗っていたときも内枠の場合は特に注意しとったわ。内枠は距離ロスが少なくて・・・
  • 【藤田伸二の結論】6月4日(日) 安田記念で思い出す後藤浩輝とのエピソード
    今週は安田記念やね! この時季の競馬はダービー後でちょっと気が抜けたような空気が充満しとるんよ……。もちろん騎手として乗る以上、全力を尽くすけどね。安田記念は60年以上の歴史がある格式高いレース。そのGIをアサクサデンエンで勝てたのは誇れることだよな。 安田記念について、今は亡き後藤浩輝とのエピソードも……
  • 【藤田伸二の結論】6月3日(土) 阪神芝2000mの特徴と騎手心理
    高松宮記念や日経新春杯、阪神大賞典など現役時代に相性の良かったレースは多いけど、そのなかでもっとも勝っているのが鳴尾記念や。俺が20歳のときにタケノベルベットで勝ち、その後スターマン、スエヒロコマンダー、アクシオンでも勝った。巡り合わせもあるんやろうけど、好きなレースのひとつやったわ。 アクシオンで勝ったときを少し振り返ると、あの馬はサンデーサイレンス産駒で最後の中央登録馬。3歳の頃にも何度か・・・