うまキュレの予想

【無料】一発逆転!7号影武者のヤバイ穴馬券術【2019年1月12日版】

good eveningうまキュレ!アナ馬券で金(キン)を狙うアナキンこと7号影武者です。

最近、大物アスリートの引退発表が多く報道されています。

レスリングの吉田沙保里選手、サッカーの中澤佑二選手と楢崎正剛選手、テニスのアンディ・マレー選手などです。

平成を彩ったアスリートの引退で時代の流れを感じざるを得ません。

ただ、どの競技も世代交代が進んでいるので伸び盛りの選手が山ほどいます。

レスリングについてはあまり詳しくありませんが、サッカーは若返りが進んだ日本代表がアジアカップを戦っていますし、テニスは大坂なおみ選手が昨年グランドスラムを制しました。

他にも相撲界も新顔が出てきており、頭脳スポーツの将棋は藤井七段の台頭や羽生さんがタイトルを失うなどで世代交代が著しい。

おそらく競馬も現4歳世代が勢力図を大きく塗り替えていくのではないでしょうか。

ということで今回はブレイクするのではないかと密かに期待している4歳馬を何頭かピックアップしてみたいと思います。

そのリストがこちら!

・アルクトス(5月と遅生まれ。強力なダート馬の同期たちに一石を投じるまで成長して欲しい)

・インディチャンプ(マイルのスペシャリスト。準オープンも昇級即突破。晩成型のステイゴールド産駒で伸びしろ十分。重賞制覇も視野)

・グレイル(2歳重賞の勝ち馬で早熟と思われがちだが、晩成型のハーツクライ産駒。1つのきっかけで大きく飛躍する可能性あり)

・フィニフティ(順調さを欠いているが、その分実戦経験が浅い。レースセンスがあるので本格化すれば面白い)

・ベルーガ(2歳重賞の勝ち馬。骨折歴があるだけに足元が心配。ただ、ポテンシャルは抜群。豪脚の復活に期待)

・モズスーパーフレア(新馬戦の圧勝劇が記憶に残っている。当初はムラっ気があったが近走は安定。短距離重賞で逃走劇をかましてくれる予感)

さて、ここからはアナ馬券で金(キン)を狙う7号影武者の一発逆転アナキン予想タイムです!

【京都12R 4歳上1000万下予想印】
◎1 ラホーヤノキセキ(中央初戦で圧勝。芝レースは今回が初だがキンシャサノキセキ産駒ならこなせる可能性はある。底なしのポテンシャルと最内枠を活かした粘り込みに期待)
〇13 クライムメジャー
▲12 ステイオンザトップ
☆10 サウンドキアラ
注3 エイシンデジタル
△4 エルビッシュ
△7 オールザゴー
△6 メモリーコロネット

【3連単/軸1頭マルチ】1⇔13.12.10.3.4.7.6(計126点、各300円)

ということで、一発逆転!7号影武者のヤバイ穴馬券術、明日もお楽しみに!