うまキュレの予想

【無料】一発逆転!7号影武者のヤバイ穴馬券術【2019年4月21日版】

good eveningうまキュレ!アナ馬券で金(キン)を狙うアナキンこと7号影武者です。

「湿潤療法」というものをご存知でしょうか?

なぜ、この問いかけから始まったかと言いますと、私事で申し訳ないですが左手の掌に大きな裂傷を負いました。

利き腕でなかったのが不幸中の幸いですが、日常生活に支障をきたしてしまって非常に不便。

1日でも早く治したいと思っているので色々と調べたところ、たどり着いたのがこの「湿潤療法」です。

擦り傷を負ってしまった場合の治療法として上げられるのが「消毒する」「傷口にカーゼ(絆創膏)を当てる」「かさぶたになると治り始めている」というもの。

しかし『湿潤療法』は「消毒液は使わない」「傷口を乾かさないようにする」「かさぶたを作らない」ことに重きを置いた治療法。どうやら傷口から出てくる透明の滲出液を利用して自然治癒力を高める方法らしい。

このようにタブーとされていたことが今の時代では常識となっているので、古い考えは改めないといけないなと思う今日この頃です。

今回取り上げた『湿潤療法』のような新常識。

・・・競馬界にも新常識がありますよね。それが「休み明け初戦」。

皐月賞の予想を公開していなかったのですが、恥ずかしながらサートゥルナーリアを軽視していました。その理由が「関西馬の休み明け初戦」。

アーモンドアイの桜花賞&秋華賞、フィエールマンの菊花賞など関東馬の休み明け好走が目立っていたので、先週までは「休み明け初戦はハマっているわけではなく、天栄仕上げがハマっている」という仮説を立てていました。

そのため、「しがらき仕上げのサートゥルナーリアは好走馬に該当しないから軽視」という結論にたどり着いたのですが、痛い目に遭いました(笑)。

ただ、この失敗で「関東馬も関西馬も休み明け初戦は買える」というこれまでの競馬の常識とは間逆の新常識を確信。

これからは「休み明け」という不安材料は難しく考えないようにします。

『湿潤療法』や『休み明け初戦』の話ではないですが、最近は技術の進歩で過去の常識では当てはまらないことが続出しています。

新年号「令和」が迫っているだけにこれからは『令和の常識』を見つける、知る、受け入れることが重要ではないでしょうか。

さて、ここからはアナ馬券で金(キン)を狙う7号影武者の一発逆転アナキン予想タイムです!

【東京12R 4歳上1000万下予想印】
◎3 フィスキオ(マイルのスペシャリストと言えるような実績。東京開催を狙ったかのようなローテーションも好印象。大崩れはしないだろう)
〇14 ミッキーワイルド
▲12 プレイヤーサムソン
☆16 トレンドライン
注7 マサキノテソーロ
△1 シャムロック
△15 クリノフウジン
△8 エピックアン

【3連単/軸1頭マルチ】3⇔14.12.16.7.1.15.8(計126点、各300円)

ということで、一発逆転!7号影武者のヤバイ穴馬券術、来週もお楽しみに!