寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 ノーザンFの外厩で調整されてきた馬はやはり一目置かざるを得ない

どうも、寺井千万基です!

先週の皐月賞は、紹介した前評判どおりサートゥルナーリアの勝利で終わったが、鮫島厩舎から挑んだタガノディアマンテは6着という結果で、惜しくも0.2秒差でダービーへの優先出走権を手にすることができなかった。
この後は、あくまで馬の状態次第だが、ダービー出走をかけて京都新聞杯に臨む予定。かなり押せ押せのローテーションになるのは気掛かりだが、やはりダービーは一生に一度の晴れ舞台。馬の状態が整い、チャンスがあるのならば、何とかして出走させてやりたい。


◆福島11R・福島牝馬ステークス

今年は10頭立てと頭数は落ち着いたが、そのぶん紛れる可能性が少なく、実力どおりの決着となりそうや。

僕が注目しとるフローレスマジックは、兄姉にサトノアラジン、ラキシスと、2頭のGIホースがいる、超がつくほどの良血馬。これまで重賞では2着が最高という成績だが、やはり血統面を考えれば物足りない。ただ、中山牝馬Sでは積極策から見せ場十分の内容で、勝ち馬から0.1秒差に好走。レース内容を考えれば、5着という着順以上の評価ができ、これならば重賞制覇も近いのでは?と思わせるものだった。

前走後は、ノーザンFの生産馬らしくいったん外厩へと放牧に出て、ジックリと調整。今回はいわゆる10日競馬となるが"状態は前走時よりもいいくらい"という声が僕の耳まで聞こえてきとる。ノーザンFの外厩をフルに活用できるメリットは、桜花賞、皐月賞の結果をみてもわかるとおり。競馬界の流れからも、ノーザンFの外厩で調整されてきた馬は、やはり一目置かざるを得ない。
そのうえ、今回は中山牝馬Sの再戦を思わせるメンバー構成。中山よりもさらに直線が短い福島ならば、たとえ前走と同じくらいのパフォーマンスだったとしても、押し切れる可能性が高い。

厩舎サイドも"前走は良化途上だったぶん、最後に苦しくなってしまったが、ひと叩きした効果で状態は間違いなく前走以上。今度は息持ちも違ってくるはずだし、鞍上も2度目なので良いレースを期待しているよ"と話してたみたいやで。

相手には、ランドネ、ダノングレース、ミッシングリンク、デンコウアンジュ、の4頭を挙げておくよ。


◆京都11R・彦根ステークス

重賞でも好走歴のあるレッドアンシェルだが、自己条件に戻ってから勝ち切れないレースが続いており、今回は新味を求めて6ハロン戦に矛先を向けてきた。"能力はあるだけに、ここ最近の成績は本当にもどかしい。思い切って距離を短くしてみるから、これで詰めの甘さをカバーできればアッサリがあっても"っちゅうて、距離短縮での変わり身に期待してたで。
一度6ハロン戦の速い流れを体験してしまうと、7ハロン戦に戻せない(折り合いを欠くようになる)場合もあるから、今回の決断にはそれなりの覚悟があるんじゃないかな?

なお、このレースには鮫島厩舎のアイファープリティもエントリーしているが、今回はここ2戦以上に相手が骨っぽい。相変わらず良い状態をキープしているが、恵まれて掲示板くらいかもしれん。


◆京都10R・六波羅特別

このレースと9Rは、どちらも7頭立ての少頭数。有力どころも絞られるから、注目馬の名前だけを挙げておくよ。

サウンドキアラ、オールザゴー、ドラグーンシチー、の順。


◆京都9R・あずさ賞

ジャストアジゴロ、ドラウプニル、カリボール、の順。


最後に土曜の鮫島厩舎だが、この日はアイファープリティ以外に3頭が出走を予定しとる。

◆京都5R・3歳未勝利

デビュー戦が見どころのある好内容だったレシプロケイトは、500キロを超える大型馬で、今回はかなりの上積みが期待できる。相手関係にも恵まれた印象やから、ここはシッカリと結果を出したいところや。


◆福島12R・4歳上1000万下

前走が案外な結果だったランバージャックだが、2走前にはクラス通用にメドの立つ走りをみせており、展開次第では勝負になるはず。500万を勝った得意コースだけに、巻き返しを期待したい。


◆東京12R・4歳上1000万下

今ひとつ成績が安定しないアバルラータだが、2、3走前の内容をみても現級上位の力を持っており、上手く噛み合いさえすれば、すぐにでも順番が回ってくるはず。リフレッシュ効果と距離短縮がいい方に向けば、チャンスがあっていい。