寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 コンビ復活となる和田ジョッキーの手綱捌きにも注目

どうも、寺井千万基です!

日曜日は鮫島厩舎から4頭が出走を予定しとるが、注目はもちろん金鯱賞のモズカッチャン。目標は次の大阪杯だが、何とか良いカタチで今年のスタートを切らせたい。


◆中京11R・金鯱賞

昨年のエリザベス女王杯では、前哨戦を使えないというアクシデントがあり、連覇を逃がして悔しい思いをしたモズカッチャンだが、有馬記念の後はジックリと間隔を取ってここまで待機。その甲斐あって、今回は前哨戦としては文句のない仕上がりでレースに臨めそうや。ひと叩きでガラッと良くなるタイプではあるが、このデキならばいきならからやれても不思議はない。
有馬記念は懸念したとおり少し距離が長すぎた印象で、やはり牡馬が相手ならばこれくらいの距離がよさそう。インで脚をためたいタイプだけに、欲をいえば内枠がよかったが、あくまでここは前哨戦。勝ちにこだわるよりも、与えられた条件で本番に繋がる競馬をしてくれることの方が大事。
今回は久しぶりに和田とのコンビで臨むが、どうやら大阪杯までセットで騎乗を依頼したっちゅう話。本番を見据えて、いろいろと考えて乗ってくれるんじゃないかな。

強敵揃いのメンバーだが、一番のライバルになりそうなのが、良血馬のエアウィンザー。
4連勝の中身も濃く、エアスピネルの全弟という血統からも、関係者の期待はかなり高く、3頭出しの角居厩舎の中でも一番期待されとる様子。
"以前は最後に気を抜くところがあったけど、4歳になって気性が大人になり、それが今の快進撃に繋がっている感じ。今年はこの馬で大きいところを狙っているから、GIIは一発でクリアして欲しい。パワーがあるから、もし道悪になっても大丈夫だよ"っゅうてたで。

その他では、ペルシアンナイト、リスグラシュー、ダノンプレミアム、アルアイン、までが勝負圏内。


◆阪神11R・フィリーズレビュー

桜花賞の前哨戦とはいえ、本番よりも短い7ハロン戦ということもあり、桜花賞よりもここをメイチで狙ってくる馬がおるから要注意。

僕が注目しとるアウィルアウェイは、2歳時に1400mを連勝。本番はどうかも、この距離ならばGII2着という実績からも信頼できる。
問題は、昨年11月以来となるローテーションだが、陣営は"球節炎で放牧に出ていたけど、帰厩してからは順調に調整ができた。最終追い切りの動きも良かったから、仕上がりに関しては何の不安もないよ。中間はゲート練習もしたから、本番へ向けていいレースをして欲しい"っちゅうて、仕上がりに自信がありそうな口ぶりやったで。
代打騎乗を任された石橋も、わざわざこの馬のために阪神まで乗りに来る訳やから、手ぶらで帰る気はサラサラないんじゃないかな?

相手には、キュールエサクラ、プールヴィル、メイショウケイメイ、ココフィーユ、レッドアネモス、の5頭を挙げておくよ。


◆阪神10R・甲南ステークス

このレースはハンデ戦だが、トップハンデを背負うのは昇級初戦のジョーダンキング。
メンバーを見渡してみると、たしかに現級でアタマ打ちの馬が多く、ハンデキャッパーの見立てにも頷ける。このメンバーが相手ならば、昇級戦でもジョーダンキングが中心とみて問題ないんじゃないかな?

相手の1番手には、同じ昇級馬のマイネルアンファンがオススメ。


◆阪神9R・淡路特別

開口一番"もう何とかしないとね"っちゅうてたのが、アロマドゥルセ陣営。
"惜しい競馬が続いているように、このクラスでは能力上位。好調をキープできているし、このメンバーならば何とかしないと。牝馬だけど道悪は苦にしないから、雨予報はむしろ歓迎だよ" っちゅうて、ここは取りこぼせないっちゅう雰囲気やったで。

メイショウカミシマ、プリンスオブペスカ、ピッツバーグ、アドラメレク、が相手候補。


最後に日曜の鮫島厩舎だが、モズカッチャン以外に3頭が出走を予定しとる。

◆中京3R・3歳未勝利

初ダートだった前走で見どころのあったハギノアトラスは、今回はダート2走目の慣れが見込める。ローカル開催で相手関係もいくぶん楽になるだけに、砂を被らない位置でスムーズに先行できれば、勝ち負けまで期待できそう。


◆中京4R・3歳未勝利

このレースでデビューを向けるシュジンコウは、厩舎の先輩シンデレラメイクの半妹にあたる馬。先々は芝の短いところで活躍してくれそうだが、5月24日とかなりの遅生まれ。ケイコの動きをみても、良くなるのはもう少し先になりそう。


◆阪神5R・3歳未勝利

初芝だった前走で8着という結果だったリッカローズだが、骨っぽいメンバーが相手だっただけに、コンマ7秒差ならばマズマズ及第点。超マイナーなリッカロイヤル産駒だけに、まったく人気はなさそうだが、好仕上がりだけに意外に侮れないと思うで。