寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 馬券的な面白味はないがオジュウショウサンの障害復帰戦は楽しみ

どうも、寺井千万基です!

今週は桜花賞のトライアルに、大阪杯の前哨戦、そしてオジュウショウサンの障害復帰戦など見どころのあるレースが目白押し。鮫島厩舎からも金鯱賞に出走するモズカッチャンをはじめ、大挙9頭(土曜5頭、日曜4頭)がスタンバイ。ひとつでも上の着順を目指して、頑張って欲しいところや。


◆中山11R・中山牝馬ステークス

この時期の牝馬は、ここを最後に繁殖入りっちゅう馬がおるから要注意。引退レースは結果よりも無事を最優先に…という指示が出ている場合も考えられるから、公式に引退が報じられているアドマイヤリード、ウインファビラス、ワンブレスアウェイあたりは、中間の調整過程や当日の仕上がりなどにも気を配ったほうがいい。

僕の注目馬は、4歳牝馬のミッキーチャーム。昨夏から力をつけた馬で、3連勝の勢いをもって挑んだGI秋華賞でも2着に好走。世代限定戦とはいえ、あのアーモンドアイに0.2秒差ならば、このメンバーが相手でも上位に推せる。頭角を現した時期を考えても、まだまだこれから強くなるはずや。
問題は秋華賞以来のローテーションだが、2月中旬には帰厩して、坂路とウッドを併用して入念に乗り込まれとる。最終追い切りでは主戦の川田を勢に自己ベストをマークしており、中間の調整過程はいたって順調。ここも自分のリズムでレースができれば、年長馬が相手でも好勝負可能やと思うで。
厩舎のスタッフも"3歳時はひ弱な印象だったけど、放牧先から丸みのあるいい体つきになって戻ってきた。追い切りの動きをみても、フットワークが大きくなった気がするし、今回のレースでは一段とパワーアップした姿をみせられそう"っちゅうて、成長ぶりに目を細めてたで。

相手には、ノームコア、ウラヌスチャーム、ワンブレスアウェイ、アドマイヤリード、フロンテアクイーン、の5頭を挙げておくよ。


◆阪神11R・ポラリスステークス

"得意の阪神1400mなら"と、この条件で一変を期待していたのがヴェンジェンス陣営。
"この距離で上手くタメが効いて、終いの脚をいかせれば。乗り慣れた幸に手が戻るのもいい"ちゅうて、巻き返しに手応えを感じていそうな口ぶりやったで。

エレクトロポップ、スズカコーズライン、サングラス、サトノファンタシー、ダノングッド、の5頭が相手候補。


◆阪神10R・うずしおステークス

このレースには、鮫島厩舎のカリビアンゴールドが出走予定。もともと小島太厩舎に在籍していた頃に出走した紫苑Sでは、ディアドラ相手にハナ差の2着に好走した実績がある。その結果からも、条件戦はいつでも卒業できるはずだが、降級後はマイスタイルやレイエンダなど対戦相手の巡りあわせも悪く、オープン入りが遅れとる。今回は休み明けだが仕上がりはよく、十分に力を出せる状態。牝馬限定戦だけに、いきなりから勝ち負けを期待したいところや。

一番の強敵は、陣営が"前走は結果的に馬体増が裏目に出た感じ。敗因はハッキリしているから、今度こそだよ"っちゅうてた関東馬のリカビトス。


◆阪神9R・ゆきやなぎ賞

このレースは5頭立ての少頭数。回ってくるだけで賞金が手に入るという、馬主や厩舎関係者にとってはまさにボーナスのようなレース。
ただ、鮫島厩舎から出走するマコトジュズマルは、けっして単なる賞金狙いではなく、前走の内容から十分に勝ち負けになると踏んでの出走や。血統的に、東京よりも時計の掛かる阪神コース替わりは歓迎やし、この頭数でスムーズに先手を奪ってしまえば、そう簡単には止まらない。うまく展開を味方にできれば、人気のアールコンセンサスに先着することも可能じゃないかな。


◆阪神8R・阪神スプリングジャンプ

久しぶりにオジュウショウサンが障害レースへと戻ってきた。平地に出走していたときにも、調整では障害を使っていたはずやから、久しぶりを危惧する必要はない。むしろ、平地の脚にいっそう磨きがかかったいま、どんなレースぶりを見せてくれるか?興味は尽きない。さらなる進化を遂げた走りをみせたとしても驚けず、絶対王者健在を存分にアピールするんじゃないかな。

オジュウショウサンの復帰を見届けるレースになりそうだが、メンバー的にも相手になりそうなのはタイセイドリームくらい。

シンキングダンサー、シークレットパス、アズマタックン、ルペールノエル、の4頭が3着候補。


最後に土曜の鮫島厩舎だが、これまでに取り上げた馬以外に3頭が出走を予定しとる。

◆阪神5R・3歳新馬

先週に続き、このレースにも同じ新馬戦に2頭がエントリー。できれば別々のレースにしたかったが、この時期だけにどんどん登録をしていかないと、新馬戦がなくなってしまうだけに仕方がない。
500キロを越える大型馬で、まだケイコの時計が詰まってこないメイショウコンペキは、一度使ってからの方が良さそう。血統的にもダート向きで、初戦から期待できそうなのはアイファーキングズの方じゃないかな。


◆阪神6R・4歳上500万下

ここにはデクレアラーが出走を予定しとるが、今回はかなり相手関係に恵まれた。2着続きのドラグーンシチーが抜けた人気になりそうだが、このメンバーなら、その他の馬には負けられない。