寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 3歳クラシックはここから春にかけての成長力が一番物をいう

どうも、寺井千万基です!

今週は土曜日に予定されていたクイーンCが降雪の影響で月曜日に順延。土曜日の記事の中でも触れたが、降雪の影響で開催が順延された場合は、各馬のテンションに注意が必要。特に、クイーンCは繊細な3歳牝馬によるレースだけに、影響は少なくない。競馬場での滞在時間が延びることで、煩い面が出てくる馬が必ずおるはず。


◆東京11R・共同通信杯

このレースは、先週のきさらぎ賞と同じく、クラシックを占う上で重要な一戦。特にダービーを最大目標にしている有力馬が、東京コースの試走を兼ねて出走してくるケースが多い。今年は昨年の2歳牡馬チャンピオンがエントリーして注目を集めるが、無傷の5連勝でクラシック本番へと駒を進めることができるか?結果はもちろんのこと、その勝ち方も問われる一戦となりそううや。
パンパン馬場の瞬発力勝負ならば一瞬の決め脚に優る馬に後れをとることも考えられたが、日曜の東京コースは降雪の影響である程度は重い馬場となることが確定的。地力勝負となる公算が高く、ダービーへの試走を兼ねたレースとはいえ、メンバー的にもアドマイヤマーズにとっては負けられない一戦となりそう。ダイワメジャー産駒だけに、ダービーの距離はどうかも、おそらく父と同じく10ハロンの距離まではこなせるはず。
厩舎サイドも"この馬の良いところは、いい位置に付けることができて、そこから33秒台の速い脚が使えるところ。後続にそれ以上の脚を使われたら仕方がないけど、この距離は守備範囲だし、これまでと同じ競馬で突破してくれると思う。この頭数ならば紛れることもないだろうし、負けられないくらいの気持ち"っちゅうて、5連勝に自信を覗かせてたで。

順当ならば、重賞ウイナーのクラージュゲリエが相手の1番手だが、配当面を考えても、キャリアの浅い馬の伸びシロに期待するという手もありそう。
未知の魅力に溢れる2戦2勝馬のダノンキングリー、と1戦1勝馬のフォッサマグナにも要注意。やはりクラシックは、ここから春にかけての成長力が一番物をいう。アドマイヤマーズに思ったほどの成長がみられなければ、まだ底の割れていない馬がアッと言わせるシーンがあっても驚けない。


◆京都11R・京都記念

伝統の中距離重賞で、最近はドバイへ向けた壮行レースとして選ぶ陣営も多かったが、今年は大阪杯を目指す馬が中心となり、前哨戦らしいメンバー構成となった。今年の京都開催は時計の掛かるレースが目立ち、切れよりもパワーが必要とされている印象。明け4歳馬の勢いも加味して、このレースではステイゴールド産駒のステイフーリッシュに注目したい。
これまでの成績が示すとおり、ステイフーリッシュは速い上がりが求められる展開は不向きで、逆にレースの上がり3ハロンが35秒くらいかかるレースを得意としている。土曜の競馬をみても極端に上がりの速いレースはなかったから、おそらくこの馬にとっておあつらえ向きの展開が見込めるんじゃないかな?
陣営は"一週前にビッシリと追っているから、直前は軽めで問題ない。思いどおりの調整で、気持ちの面を上手くコントロールできているから、今からレースが楽しみ。ここは3歳春に重賞を勝っている舞台だから、なおさら力が入るよ"っちゅうて、出来の良さをアピールしてたで。

相手候補には、パフォーマプロミス、ノーブルマーズ、マカヒキ、タイムフライヤー、ダンビュライト、の5頭を挙げておくよ。


◆京都10R・北山ステークス

京都で行われた土曜のダートレースは、殆どが行った行ったの決着で、多少無理をしてでも前へつけないと厳しい印象。
一番威勢がよかったのは、スタッフが"定量戦だけど、得意の京都コースならば今回も差のない競馬ができそう"っちゅうてたエンクエントロス陣営だが、道中の位置取り次第ではドボンもありうるので要注意。

その他では、リアンヴェリテ、フリーフリッカー、メイショウエイコウ、ウインユニファイド、クリノリトミシュル、が有力。
迷ったら、とにかく前へ行ける馬を狙うのがよさそう。


◆京都9R・松籟ステークス

このレースは9頭立ての少頭数。有力どころも限られるから、注目馬の名前だけ挙げておくよ。

シャルドネゴールド、マイハートビート、サラス、アルメリアブルームの順。


最後に日曜の鮫島厩舎だが、この日は小倉で2頭が出走を予定しとる。

◆小倉7R・4歳上500万下

2走前に現級で2着の実績があるマナローラは、長くいい脚を使うタイプで、いかにもローカルの長丁場は合いそう。スタートを決めてスムーズに先行できれば、チャンスは十分。


◆小倉9R・4歳上500万下

昇級後に苦戦が続くモズノーブルギフトは、今回は急仕上げ気味で、もう少し使い込んでからになりそう。