寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 この時期の中山ならばパワーと持久力を兼ね備えたタイプに分がありそう

どうも、寺井千万基です!

月曜に中山競馬場で行われる京成杯は、皐月賞と同じ舞台で行なわれるわりに、あまり本番と直結しないイメージ。だが、昨年はジェネラーレウーノがここをステップに本番でも3着に好走しており、高いコース適性があれば、本番でも上位争いができることを証明してみせた。
今年もどの馬にコース適性がありそうなのか?そこを見抜くことができれば、馬券も的中できるんじゃないかな。


◆中山11R・京成杯

冒頭で触れたように、中山コースの適性を重視するのであれば、鋭い決め手を武器に東京や京都など直線の長いコースで好走してきたディープインパクト産駒(ダノンラスター、カフジジュピター)は、中山へのコース替わりでパフォーマンスを落とす懸念があり、評価を下げたいところ。やはり開催時期を考えても、パワーと持久力を兼ね備えたタイプに注目や。

同じコースで行なわれた葉牡丹賞の2着馬ランフォザローゼスは、ダートもOKなパワー型が多いキングカメハメハ産駒。母父ディープンパクから優れたスピード能力を受け継いでいれば、中山・東京コース問わずの活躍をみせたとしても不思議ない。祖母にエアグルーヴがいる牝系は、日本でも指折りの牝系。この時期からグッと良くなってくる"クラシック血統"でもあり、成長力という点でも期待が持てる。
葉牡丹賞では、勝ち馬に外からフタをされて窮屈になったぶん遅れをとってしまったが、馬群の間を割って抜け出した脚にはみどころがあった。スムーズな競馬さえ出来れば、逆転も可能なんじゃないかな?
僕の耳に入ってきた話では"前走後にひと息入れたけど、ここを目標に体調面での不安はないよ。中間の動きから、馬がさらに良くなっている感じ。さすがは良血馬といったところだね。前走は負けて強しの内容だと思っているから、重賞の舞台で何とかリベンジしたい"っちゅうて、陣営は巻き返しに手応えを感じとるみたいやで。

葉牡丹賞でランフォザローゼスを退けたシークレットランも、中山適性の高さには疑う余地がない。
まだあまり日本で産駒が走っていないダンカーク産駒ということもあり読めない部分はあるが、ここ2戦の走りから現時点での完成度も高そうや。

この2頭の再戦ムードだが、未知の魅力という意味ではラストドラフトも捨て難い。
ノヴェリスト産駒の傾向から、本来ならば力の要る馬場で良さが出るタイプ。それが、東京の高速馬場で33秒1の上がりをマークしたのだから、相当な脚力の持ち主っちゅう可能性がある。こちらも父からパワー、母父からスピードを受け継いでいれば、馬場を問わない活躍ができるはず。

この3頭以外では、ヒンドゥタイムズ、カイザースクルーン、ダノンラスターまでが勝負圏内。


◆京都11R・淀短距離ステークス

昨年のスプリントGIを連覇したファインニードルが引退したことで、今年のスプリント路線は混戦模様。

このレースに出走するダイメイフジは森田厩舎の管理馬で、森田厩舎といえば、昨年のアイビスSDでワンツーを決めたように、今いいスプリンターが揃っている注目の厩舎や。
肝心のダイメイフジも、重賞制覇まであと一歩というところまで来ており、厩舎サイドも"前走は馬場に脚をとられたみたいで、もったいないレースだった。冬場に調子を上げてくる馬だから、今回も楽しみ。オープンをスッキリと勝って重賞制覇へと弾みをつけたい"っちゅうて、期待しとる雰囲気やったで。

ただ、僕が個人的にダイメイフジと甲乙つけ難いと思っとるのが、京阪杯4着馬のアンヴァル。
京阪杯は内を通った馬が上位(1-3着)を独占し、外を通った馬には厳しいレースだった。10番より外のゲートから掲示板に載ったのはアンヴァルだけで、直線外から前に迫ったレース内容は十分に評価できる。

この2頭が頭ひとつ抜けとる印象だが、3番手候補としては、エントリーチケット、ナインテイルズ、ビップライブリー、リョーノテソーロ、の4頭を挙げておくよ。


◆京都10R・紅梅ステークス

土曜日に牝馬限定戦の重賞フェアリーSがあり、こちらはフルゲートにはならなかった(フェアリーSは7頭が抽選除外)。
重賞とオープンの違いこそあるが、どちらのレースもほとんどが1勝馬で、どちらかというと相手関係うんぬんよりも、長距離輸送や中山のコース形態を嫌ったか、7ハロンの距離に魅力を感じて出走を決めた陣営が多そうや。

ディープインパクト産駒のノーブルスコアは、小柄な馬体で、軽さと切れが最大の持ち味。中山よりも直線が長く、より決め手を生かせる京都コースを選んだことは、まず間違いなさそうや。

いっぽうのプールヴィルは、過去に2勝を挙げとる7ハロン戦に矛先を向けてきたことは明白。GI5着という実績からも、オープンレースならば上位に扱える。

今年はこの2頭が有力だと思うが、まだキャリアの浅い牝馬同士のレースだけに、紛れが生じるケースも考えられる。レッドアネモス、メイショウケイメイ、ラフェリシテ、キセキノカガヤキあたりも、展開次第では上位争いに加わってきそう。


◆京都9R・雅ステークス

難解なハンデ戦だが、昇級戦だった前走でいきなり2着に好走したプロスパラスデイズが、このメンバーならば素質上位。
プラス10キロだった馬体重から上積みも期待でき、テンにもたつくタイプだけに距離延長も歓迎や。"今年はオープンで活躍できる馬だよ"っちゅうて、陣営もこの馬の素質を高く評価しとったで。

相手には、サノサマー、サトノプライム、タガノヴェローナ、キーグラウンド、の4頭を挙げておくよ。


最後に月曜の鮫島厩舎だが、この日は1頭が出走を予定しとる。

◆中山12R・4歳上1000万下

今回が昇級戦となるシンデレラメイクは、明け4歳を迎え、馬体がひと回り成長したっちゅう話。立ち回り次第では、このクラスでも差のない競馬ができるんじゃないかな?引き続き手綱をとる菱田も、シンデレラメイクのために中山へ行くみたいやから、いい騎乗を見せてくれると思うで。