寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 将来はスピード豊かなマイラーに育ちそうな雰囲気

どうも、寺井千万基です!

開催初日を終え、さっそく初白星が出た騎手や厩舎は、とりあえずひと安心といったところ。競馬ファンの皆さんが、できるだけ早いうちに"初的中"を出したいと思うように、競馬関係者も"初白星"を出したいと思うものや。初日からポンポンと2勝、3勝を挙げたような騎手は気分良く2日目を迎えられるから、引き続き注目してみても損はないと思うで。(3勝=岩田、川田、2勝=武豊、藤岡佑、北村友、松山、武藤、マーフィー)


◆京都11R・シンザン記念

クラシックへと向う素質馬が顔を揃えるレースだが、アーモンドアイが昨年このレースを勝ち牝馬三冠を達成したことで、今年はいっそう注目が集まる。

ただ、徐々に牡馬と牝馬に力差が出はじめる頃でもあり、ここで活躍した牝馬は大きな出世が見込めるが、やはり基本的には牡馬を中心に考えるべき。
今年は朝日杯FS2着馬クリノガウディーの回避により、一転して混戦ムードになったが、僕の注目馬はマイル戦で連勝中のアントリューズ。
この馬は好位でピタリと折り合い、最後の直線で鋭い決め脚を使えるレースセンスの良さが最大の持ち味。回りこそ違うが、東京マイルで連勝したレース内容から、京都の外回りマイルはまさにうってつけの印象。将来はスピード豊かなマイラーに育ちそうな雰囲気があり、初の輸送さえこなせれば、メンバー的にも重賞制覇のチャンスなんじゃないかな?東のジュニアカップではなく、わざわざ遠征競馬を選んだあたりからも、厩舎の強い意気込みを感じる。
厩舎のスタッフは"前走後にひと息入れたけど、だいぶ緩さが解消して動きがよくなってきた。初めての長距離輸送をクリアできれば、好勝負になると思うよ"っちゅうて、自信を持っての遠征みたいやで。
アーモンドアイ、サートゥルナーリアと2世代続けてGIホースを輩出しているロードカナロアの産駒という点にも注目したい。

相手には、ハッピーアワー、パッシングスルー、ヴァルディゼール、ドナウデルタ、ミッキーブリランテ、の5頭を挙げておくよ。


◆京都10R・万葉ステークス

JRAでも数少ない3000m超えの長距離レース。ご存知のとおりジョッキーによる腕の差が顕著に出るレースでもあり、今年はユタカチャン(武豊騎手)が乗るユーキャンスマイルが人気を集めそうだが、僕としては菊花賞以来の休み明けという点が少々引っかかる。
長距離戦はなかなか調教だけで息を持たせることが難しいから、今回は順調にレースを使われてきたアドマイヤエイカンの方を上に評価したい。
厩舎サイドも"今後のためにシッカリと賞金を加算しておきたい"っちゅうて、勝ちを勘定に入れとる様子やったで。

この2頭の争いが有力やと思うけど、間に割って入るとすれば、カフェブリッツ、グローブシアター、アルター、のどれかじゃないかな?


◆京都9R・寿ステークス

陣営が"休み明けだった前走が強い内容。あの競馬ができれば昇級戦でも楽しみ。これからまだまだ成長しそうだし、将来的にはもっと上の舞台で活躍できると思うよ"と話していたのが、明け4歳馬のマイハートビート。ここはマイハートビートと、若駒Sでこれを負かしたことのあるケイティクレバーの2頭が有力なんじゃないかな。
あとは、堅実なケンホファヴァルトが、今回も崩れずに3着くらいに入りそう。


最後に日曜の鮫島厩舎だが、この日には出走予定がなく、厩舎の初白星は来週以降にお預けや。
そのかわり、今回は特別に中山10Rと11Rの注目馬を挙げておくよ。

◆中山11R・ポルックスステークス

ホーリーブレイズ、アルクトス、ハーベストムーン、テーオーエナジー、クルーガー、ザイディックメア(馬番号順)


◆中山10R・ジュニアカップ

ヘイワノツカイ、エレナレジーナ、プライドランド、ディキシーナイト、ヴァッシュモン(馬番号順)