寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 最大のポイントは王道から外れた7ハロンという距離

どうも、寺井千万基です!

今週の土曜日は、中山で中山大障害が行われるが、元障害ジョッキーの僕としては有馬記念と同じくらいに注目しとるレース。
ここ2年ほどは、オジュウチョウサンとアップトゥデイトの2強状態が続いていた障害路線だが、今年はオジュウチョウサンが有馬記念への出走を決め、久しぶりに王者不在のJGIとなる。新チャンピオンに輝くのは果たしてどの馬なのか!?ここまで勝ち進んできた精鋭たちがしのぎを削る頂上決戦に、カリスマ読者のみなさんもぜひ注目して欲しい。


◆中山10R・中山大障害

中山大障害のコースはタフでごまかしが効かないうえ、襷コースなどクセがあり巧拙が出やすい。そういう意味では、過去の好走馬はそのまま信頼できる。
昨年の大障害では、ゴール寸前でオジュウチョウサンに交わされてしまったアップトゥデイトだが、後続には大差をつけており、あのレースぶりで負けたのであれば相手を褒めるしかないという内容だった。オジュウチョウサンが不在で、昨年からほぼ代わり映えのしないメンバーが相手ならば、3年ぶりに王座に返り咲くことができるんじゃないかな。コンビを組む白浜も、今回が3度目で"しっかりと結果を出したい"っちゅうて気合が入ってたで。
昨年の大障害でアップトゥデイトから大差をつけられたルペールノエル、シンキングダンサーでは逆転は難しいと思うから、馬券としては押さえ程度の扱いでもよさそう。相手候補の本線には、今年に入ってから力をつけてきたタイセイドリーム、マイネルプロンプト、ミヤジタイガの3頭を挙げておくよ。


◆阪神11R・阪神カップ

7ハロン戦ということもあり、毎年スプリント路線とマイル路線から強豪が集い、レベルの高い一戦となることが多い。数ある古馬混合GIIの中でも、定量戦で行われるのは、この阪神カップと札幌記念の2レースだけや。それだけに、別定戦で行なわれる京王杯SCやスワンSよりも賞金が高く、今年はトップホースが香港へ向ったが、例年はここを目標としてくる馬も多い(1着賞金:阪神C=6700万、京王杯SC、スワンS=5900万)。

定量戦で行われる以上、基本的には実績のある馬が有利で、よほどのことがない限りわざわざ格下の重賞未勝利馬を狙うメリットは少ない。最大のポイントは、王道から外れた7ハロンという距離。それと、直線の短い内回りコースや。そのためコース巧者の活躍が目立ち、リピーターも多い。

僕の注目馬は、7ハロン戦の重賞ウイナー・ムーンクエイク。
この馬は気性的に乗り難しいところがあるらしく、ずっと主戦を務めるルメールの予定にあわせてローテーションが組まれてきた。オープンではマイルの距離は長いというジャッジなのか、マイルのGIへは向わず続けてスプリント戦を使われてきたが、やはりベストは春にGIIを制した7ハロンの距離。ここ2戦の結果は度外視して、今回はレコード勝ちした3走前の走りを見直すべきやと思うで。
今年はGIホースが5頭エントリーしとるが、どの馬も7ハロンでこそっちゅうタイプにはみえないから、実績面でもこの馬が一番信頼できるんじゃないかな?
関東馬だから直接陣営の話を聞いてはいないが、スタッフは"スプリント戦では追走に脚を使ってしまい、もうひとつ脚が溜まらなかった。その点、今回はベスト距離に戻るからようやく本来の力を発揮できそう。仕上がりもいいから、(有馬記念のレイデオロと)2日連続での重賞制覇もあるかもしれないよ"っちゅうてたらしいで。
ここのところ重賞で結果が出ていない藤沢和厩舎だが、このレースには必勝を期して管理馬を3頭送り出してきた。名門厩舎の巻き返しにも注目や。

定量戦だけにもちろんGIホースは外せないが、その他で注目したいのは7ハロンで条件戦を勝ち上がってきたワントゥワンと、今年に入ってからの充実ぶりが目覚しいラインスピリットの2頭。
特にワントゥワンは、7ハロンに適鞍がないからマイル路線を歩んできたっちゅうフシがあり、この距離でさらにパフォーマンスを上げる可能性すらある。


◆阪神10・摩耶ステークス

連勝中で勢いのあるアルドーレ、メイショウテムズの2頭も捨て難いが、僕が注目しているのは前走の勝ちっぷりが鮮やかだったキクノルア。
今回は昇級戦になるが、55キロのハンデならば十分に勝機がありそう。久しぶりの実戦だった前走をひと叩きされた効果は顕著で、ここにきて見事な上昇カーブを描いとるのは中間の気配からも明らかや。
陣営も"ブリンカー装着で集中力が増せば通用していい"っちゅうジャッジやったで。


◆阪神9・江坂特別

青葉賞3着の実績があるスーパーフェザーは、厩舎サイドが"秘めている能力はオープン級だけど、成長がスローでまだ素質だけで走っている感じ。それでも、潜在能力を考えればこのクラスは通過できると思う"っちゅうて、かなりこの馬の素質を買っとるみたいやで。

相手になりそうなのは、ドンアルゴス、フォイヤーヴェルク、パリンジェネシス、スプマンテ、の4頭。


最後に土曜日の鮫島厩舎やけど、この日は1頭が出走を予定しとる。

◆阪神7R・3歳上500万下

3走前に2着と好走したマナローラだが、もともとこのクラスは1度勝ったことがあるように、展開ひとつであれくらいはやれる馬。現状は中央場所のメンバーに入ると少し見劣りする印象だが、スムーズに先行できる長丁場は合っている。デキのよさをいかせれば、3走前の再現があってもいいじゃないかな。