寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 ここで結果を残せないようだと陣営としても面目が立たない

どうも、寺井千万基です!

今週は日曜日に阪神競馬場で2歳馬によるGI朝日杯フューチュリティステークスが行なわれるが、紅一点のグランアレグリアが1番人気に支持されそうな雰囲気。牝馬が朝日杯に…っちゅうところに違和感を覚えるファンがおるかもしれんが、かつては『朝日杯3歳ステークス=東の3歳チャンピオン決定戦、阪神3歳ステークス=西の3歳チャンピオン決定戦』(当時は数え年で現2歳馬は3歳馬とされていた)という位置づけだった。もちろん、その頃には牡牝関係なく出走していたから、僕のように古くから競馬に携わっとる人間からしてみれば、この2レースがどちらも関西圏で行なわれることの方に違和感を覚えるよ。


◆阪神11R・朝日杯フューチュリティステークス

今年の朝日杯FSで断然の支持を集めるのは牝馬のグランアレグリア。前走の サウジアラビアRCで牡馬を一蹴し、デビュー戦で寄せ付けなかったダノンファンタジーが、その後に3連勝で 阪神JFを制覇。アドマイヤマーズ以外の牡馬にパッとした馬がおらんという理由もあるが、この実績をみせられては、とても逆らう気になれん。
チャレンジCのレイエンダ、 阪神JFのシェーングランツと、藤沢厩舎の人気馬はここ2週続けて良い結果を残せていないが、この2頭は共にポリトラックで仕上げられていたのに対して、今週のグランアレグリアはウッドでシッカリと負荷をかけてきた。この時期のウッドは脚によくないという理由からポリトラックで仕上げていたそうだが、ここでウッドを使ってきたあたりからも厩舎の本気度が感じられる。ルメールの都合で、先週の阪神JFではなくこちらを選んだっちゅう話やから、ここで結果を残せないようだと陣営(ノーザンFの指示だと思うが)としても面目が立たない。
唯一の懸念といえるのが折り合い面。休み明けの前走で行きたがったように、馬の精神状態によっては折り合いを欠くシーンがあるかもしれん。まだ若い2歳牝馬だけに、初の遠征競馬でいつも以上に馬がピリピリしているようだと危うい。そういう意味でも、当日のパドック気配は要チェックや。
陣営は"前走で馬体が18キロ増えていたように、いまは馬がグングン成長している感じ。前走後はリフレッシュを挟んだけど、ここまで順調にこれたからデキに関して申し分ないよ。はじめての輸送競馬や、牡馬に混じってのGIは楽ではないけど、ここ2戦の強い内容からも期待は大きい"っちゅうて、3連勝でのGI獲りに自信を覗かせてたで。

デビュー前からトレセン内での評判がよかったアドマイヤマーズが2番手。
グランアレグリアが若さをみせ、折り合いを欠くようなことがあれば逆転も可能。こちらはウイークポイントが少なく、安定したレースぶりが期待できるだけに、爆発力では見劣るものの安定感ではこちらが上という見かたもできる。

今年はこの2頭が抜けとる感じだが、離れた3着候補としてケイデンスコール、アスターペガサス、ファンタジストの3頭を挙げておくよ。
特に、ケイデンスコールはロードカナロアを管理した安田隆厩舎の管理馬。ロードカナロアの子でGIを勝ちたいという陣営の思いは強いはず。
いっぽう、3連勝中のファンタジストは、6ハロンでおろしたように距離に不安があるタイプ。今回は距離ロスのある外枠に入ってしまったということもあって、少し評価を下げた。

あとは、成績、血統、ジョッキーと何かと地味な印象が強いマイネルサーパスが、馬券的には面白そう。
実績の割にずいぶんと人気がなさそうだが、2歳戦は完成度の高さでカバーできる部分もあるから、こういう渋いタイプも侮れない。


◆阪神12R・妙見山特別

ここは"クラス卒業は時間の問題"っちゅうイシュトヴァーンとメイショウサチシオの勝負になりそうだが、割って入るとすれば初ダートのクライムメジャー。
昔から調教で動く馬やし、500キロを超える馬格からも間違いなくパワータイプ。砂を被らず、芝部分を長く走れる大外枠も好材料や。陣営の話しを聞いた限りでは"不安よりも期待の方が大きい"っちゅう雰囲気やったで。一変するだけの条件は揃っとるから、僕は前述の2頭との3三つ巴やと睨んどる。


◆阪神10R・元町ステークス

ここは重賞でも好走歴のある3歳馬インディチャンプが人気を集めそうだが、今回は休み明けというのが1つのポイントになりそう。そろそろ調教だけでは馬体が絞りづらい時期になってきたから、外厩の調整だけでは仕上げ切れない可能性もある。当日に馬体重を大幅に増やしているようであれば要注意や。

順調に使われている組の中では、まだ底を見せていない3歳馬サンラモンバレーと、実績馬のクィーンズベスト。それに現級の安定株ロライマ、の3頭を上位に評価したよ。

特にサンラモンバレーは、追い切り後にジョッキー(M.デムーロ騎手)が"チークピーシズの効果で集中できていたし、息遣いもよかった"っちゅうて好感触を得たみたいやで。


◆阪神9R・蛍池特別

このレースは9頭立てで有力馬も絞られるから、注目している順に名前だけ挙げておくよ。
レッドランディーニ、レイズアベール、ハイヒール、インヘリットデールの順。


最後に日曜日の鮫島厩舎やけど、この日は中京で2頭が出走を予定しとる。

◆中京9R・3歳上500万下

前走後にひと息入れたチャップリンだが、リフレッシュ効果は十分。前走は出遅れが最後まで響いたから、スタートを決めてスムーズに先行できれば2走前くらいはやれるはず。


◆中京11R・三河ステークス

ここ2戦が案外な結果だったトシザキミは、目先を変えてダートを使ってみる。7歳牝馬だけに過剰な期待はできないが、血統的にはダートは向きそうで一変があっても驚けない。