寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 中央で行なわれるJpnIならやはり中央での重賞実績をより重視すべき

どうも、寺井千万基です!

今週の日曜日は京都競馬場でJpnIレースが3つも行われる。普段の地方交流重賞だと中央からはぜいぜい7頭くらいしか出走できないが、今回はほぼ中央馬によるレースといってもいいメンバー構成。トレセンでもGIレース登録馬のゼッケンを付けた馬がぎょうさんおって驚いたよ(笑)。JBCを中央の競馬場で行うことの意義はともかくとして、中央の競馬ファンにとっては、毎回同じようなメンバーになりがちなJBCよりは、こっちの形の方が歓迎なんちゃうかな?


◆京都11R・JBCクラシック

3つあるJBC競走の中でも、メインレースの扱いを受けるのがこのクラシック。1900mという京都コースならではの距離で行われるのも、今年の大きなポイントの1つや。今回に限っては、交流重賞の実績よりも、中央の重賞で活躍した実績の方を重視したほうがいいと思うで。そもそも地方と中央では砂の厚さも種類も違うから、中央のレースを走らずにずっと地方交流レースばかりを走っているような馬は、たとえ人気を集めていたとしても少し疑って掛かったほうがいい。地方交流戦の実績で人気になっとるケイティブレイブも、中央の重賞だとワンパンチ足りないことは、今までの成績が示すとおりや。

僕が一番注目しとるのは、今回と同じコースで行われた平安Sの優勝馬サンライズソア。
この馬はJpnIレースの実績こそ物足りないが、ここ2走続けて中央の重賞で好走してきた強みがある。前走は3着という結果だったが、休み明けでトップハンデだったことを考えれば、決して悪くはない内容。ひと叩きされた今回は、2走前のようなレースをみせてくれるんじゃないかな。
厩舎サイドも"前走は休み明けでハンデが重かったことを考えれば一番強い競馬をしたんじゃないかな?鞍上も2度目だし、今度はもっといい競馬をしてくれると思うよ。スタートに課題があるから、内目で後入れの偶数枠はベスト条件。この枠ならますます期待が高まるね"っちゅうて、自信がありそうな口ぶりやったで。鞍上が絶好調のルメールという点も、心強いかぎりや。

これに続くのが、近走に中央重賞勝ちの実績があるオメガパフューム、ノンコノユメ、センチュリオンの3頭。あとは、最近ではないが京都コースで行われた16年のみやこSを制しとるアポロケンタッキー。

人気のケイティブレイブは、これまでの実績は認めても、今回は相手候補の一角という評価。


◆東京11R・アルゼンチン共和国杯

難解なハンデ戦で、今年も実績馬と上がり馬の取捨がポイントになりそう。

3連勝でこのレースへ駒を進めてきたムイトオブリガードは、今回が2度目の重賞チャレンジ。
"連勝を全て東京競馬場で挙げているように、このコースは大得意。これからもっと良くなる馬だけど、阪神大賞典の時からは別馬のようになっているから、今なら重賞でも通用するんじゃないかな?得意コースのハンデ戦なら楽しみは大きい"っちゅうて、スタッフは4連勝に手応えを感じているような口ぶりやったで。

実績最上位のアルバートはハンデが重いし、目標は次のステイヤーズSのはずやから、今回は少し評価を下げたほうが良さそう。相手にはパフォーマプロミス、ウインテンダネス、ガンコ、ノーブルマーズあたりが有力じゃないかな?あとは、ムイトオブリガードほどではないが、近走の内容から本格化の兆しがみえるルックトゥワイスも、格下馬とはいえ侮れない。

なお、このレースには鮫島厩舎からマコトガラハッドもエントリー。軽量51キロのハンデで出走できるのは魅力やから、スムーズに先行して上手く立ち回れば、何とか掲示板くらいは狙えるかもしれん。ただ、瞬発力勝負になってしまうと分が悪いから、ある程度レースが流れてくれることが必要。


◆京都12R・JBCレディスクラシック

中央にはない牝馬限定のダート重賞。傾向が掴めないところはあるが、まず牝馬は格よりも調子というセオリーに則れば、やはり注目すべきは前走1着馬。今回は該当馬が何頭かおるが、レースの格を考えればラビットランとプリンシアコメータの2頭が有力視できそうや。

次に、クラシックのところでも触れたように、今回は中央の重賞実績をより重視すべき。その観点でみれば、2走前に牡馬混合の平安Sで2着に好走しているクイーンマンボが浮上してくる。

僕はこの3頭が有力なんじゃないかと思っとるよ。

ただ、この3頭の中で一番威勢がよかったのはラビットランの陣営。
"前走は正直それほどデキはよくはなかったけど、いざレースにいってみたらご覧の強さ。血統どおり、やはりダートのほうが良さそうだね。輸送に弱い馬だから、京都競馬場に替わるのは何よりの好材料。中間はシッカリと負荷をかけた追い切りを消化して態勢も万全。心配なのは、手綱をとるミルコのリズムの悪さくらいだよ(笑)"っちゅうてたで。

あとは、相手ナリに走るファッショニスタは、おそらくメンバーレベルが上がっても崩れないタイプ。こういう馬は、人気に関係なく常にマークしておいた方がいい。


◆京都9R・JBCスプリント

このレースも、クラシックと同様に中央での重賞実績に注目。まず、今年のプロキオンSを制しとるマテラスカイは有力視できる。ただ、個人的にこの馬と同等に評価をしたいのが、今年のフェブラリーSで5着に好走したレッツゴードンキ。

この馬は15年に桜花賞を制しているとはいえ、成績をみても判るとおり年を重ねるにつれて徐々に適性が短距離へとシフト。今やれっきとしたスプリンターや。それを考えれば、マイルのフェブラリーSよりも、今回の舞台の方がはるかにチャンスは大きいはず。今年のJBCスプリントが京都1200mで行われることは、この馬にとってGI2勝目を挙げる千載一遇のチャンスなんじゃないかな?
"6歳牝馬だけど馬は元気だし、この後は香港の予定もあるけど、とりあえずはここへ全力投球。今回は揉まれない外目の枠が引けたし、フェブラリーSの結果をみてもスムーズに流れに乗れればダートでもチャンスがあるはず。もう残されたチャンスは少ないから、引退までになんとかもうひと華咲かせてやりたいと思っているんだ"っちゅうて、厩舎サイドも力が入っとったで。

この2頭以外では、モーニン、グレイスフルリープ、ネロ、テーオーヘリオスあたりも人気ほどの差はない。


◆京都9R・清水ステークス

このレースは8頭立で有力馬も絞られるから、注目馬の名前だけ挙げておくよ。

フローレスマジック、ロライマ、シャルルマーニュ、ドゥーカの順。


◆京都8R・醍醐特別

"落鉄がなければ、もっと際どい勝負になっていた"っちゅうて、レース後に悔しがっていたのが、キラーコンテンツの厩舎スタッフ。
レースを開けた方が走るタイプらしく、前走後に放牧へ出してひと息いれたのはプランどおりっちゅう話や。"ここへきて馬が逞しくなった"っちゅうて成長ぶりに目を細めとったから、今度は順当に勝ち上がれるんじゃないかな?

相手候補は、イサチルホープ、ワンダーアマービレ、エンゲルヘン、イエローマリンバ、ビリーバー、の5頭。


最後に日曜日の鮫島厩舎やけど、この日はマコトガラハッド以外に3頭が出走を予定しとる。

◆福島3R・3歳上500万下

近走の成績がパッとしないハギノセゾンは、7歳牝馬だけにそれほど大きな変わり身は期待できそうにない。まずは再浮上のキッカケを掴みたいところや。


◆福島7R・3歳上500万下

2年以上勝ち星から遠ざかっとるゼーリムニルやけど、けっしてデキが悪いわけではない。ケイコどおりならもっとやれるはずやから、距離を戻して前進を期待。


◆福島9R・3歳上500万下

休み明けだった前走で3着に好走したランバージャックは、距離の克服が最大のポイント。ローカル開催でメンバーのレベルは落ちるから、初の1700mさえこなせれば、勝ち負けになっていい。