寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 この強気のレース選択のウラには何か理由があるはず

どうも、寺井千万基です!

菊花賞に続き、先週の天皇賞も外国人ジョッキーがワンツーフィニッシュ。ミルコ(M.デムーロ騎手)はスタートで挟まれてしまい、その時点でレースが終わってしまった印象や。
今週はモレイラが休みのようだが、先週から来日しているオドノヒューに加え、今週からはC.デムーロが参戦。今週の重賞も外国人ジョッキーがいい馬に騎乗するみたいやから、しばらくはこの流れが続きそうやで。


◆東京11R・京王杯2歳ステークス

このレースに出走するアウィルアウェイ陣営は、地元の牝馬限定戦ではなく、東の牡馬混合戦を選択。どちらも距離は7ハロンで、ふつうならば輸送のリスクを嫌い地元の牝馬限定戦を選ぶのがセオリーや。まして、アウィルアウェイは既にオープン勝ちの実績があり、年末のGI阪神JFへ向けた賞金は足りとる。本気で年末のGIを目指すのであれば、前哨戦で勝ちにこだわる必要はなく、本番前に出来るだけ消耗を避けるという意味でも、あえて輸送競馬を選択するメリットはないに等しい。逆をいえば、ここを本番前のひと叩きとは思っていない可能性があるっちゅうことや。6ハロンでおろしているように、ひょっとしたら距離延長に不安があるタイプなのかもしれん。
陣営は"まだ荒削りな面が目立つけど、前走の勝ちっぷりをみても秘めている能力は相当に高い。切れる脚があるから高速馬場の東京コースは向きそうだし、牡馬相手の重賞でもいい勝負ができるんじゃないかな?レース後にミルコがマイルはギリギリ…と言ってたから、この距離なら安心できる"っちゅうてたで。

ただ、このレースには重賞勝ち馬が2頭エントリーしており、アウィルアウェイで絶対っちゅう雰囲気ではない。
"1頭強い牝馬が出てくるみたいだけど、この頭数ならそんなにペースは上がらないだろうし、距離は持つと思う。重賞ウイナーとして恥かしくない競馬をさせたい"っちゅうて、ファンタジスト陣営の勝負気配も負けてなかったで。個人的には全く異なるコースで2連勝しているあたりから、この馬にも能力の高さを感じる。


◆京都11R・ファンタジーステークス

こちらはアウィルアウェイ陣営が選ばなかった、牝馬限定の2歳重賞。
重賞ウイナーのエントリーがなく、実績面では京王杯2歳Sの出走メンバーに見劣るが、まだキャリアの浅い2歳馬同士のレースだけに一筋縄ではいかない。実績も重要だが、前走のレース内容と、伸びシロを考えることも大事やで。

人気はデビュー戦でグランアレグリア相手に2着となったダノンファンタジーが集めそうやけど、僕が注目しとるのは1戦1勝馬のレッドベレーザ。
この馬はデビュー戦の勝ち方が鮮やかで、外回りコースに替わりさらに良さが出そうなディープインパクト産駒。小柄でデビュー戦から動けるタイプだったとはいえ、実戦を1度経験した上積みは大きいはず。
厩舎のスタッフは"姉よりも小柄だけど、その分こちらのほうが切れるタイプ。コース替わりはいいし、この頭数なら揉まれない大外枠も歓迎だよ。重賞といっても1勝馬同士のレースだから期待をもって送り出したい"っちゅうてレースを楽しみにしとったで。

2頭以外では、レーヴドカナロア、ジュランビル、ヴァニラアイスまでが勝負圏内。


◆京都10R・貴船ステークス

とにかく強気一辺倒だったのがシヴァージ陣営。
"前走は先行馬に厳しいペースだったし、気温が高くて熱中症の症状もあった。まともならこのクラスは通過点に出来る器だよ"っちゅうて自信満々っちゅう感じやったで。これまでの実績からも、このレースはこの馬が中心になるんじゃないかな?

相手候補は、マルカソレイユ、ヤマニンアンプリメ、ゼンノサーベイヤーの3頭。ちょっと落ちるが、カネトシビバーチェ、スティンライクビーの1枠2頭も3着までなら。


◆京都9R・近江特別

実績的にはエルプシャフト、シンギュラリティが上位だが、この2頭はともに前走から少し間隔が空いている点が気になる。それならば、順調に前走をひと叩きされたジークカイザーのほうが面白そう。
送り出す厩舎サイドは"前走は、今まで結果を出せなかった舞台で好走できたことが収穫。絞れた体もキープしてるし引き続き状態は良いよ。乗り慣れた鞍上に手が戻るのはプラスだし、今回も期待している"っちゅうてたで。前走は太め残りだった体が絞れたことで行きっぷりが良化していたから、今回も先行して前々から押し切るようなレースが出来るんじゃないかな。


最後に土曜日の鮫島厩舎やけど、この日は4頭が出走を予定しとる。

◆京都3R・2歳未勝利

デビュー2戦目のリッカローズは、超マイナーなリッカロイヤル産駒で、現状ではまだ適性を掴みかねとる。前走は砂を被って嫌がる面をみせていたから、今回は芝レースを試してみるが、少しでも前進があれば。


◆京都4R・2歳未勝利

ケイコの動きからデビュー勝ちを期待したハギノアトラスだが、勝負どころでついていけずに7着に敗退。ケイコどおりならもっとやれるはずやから、もう一度同じ条件を試してみる。もし、今回もダメなら、もっと距離を詰めたほうがいいかもしれん。


◆福島3R・3歳上500万下

このレースに出走するグランセノーテは、本来は1度叩いたほうがいいタイプだが、ここはメンバーに恵まれた。少しゲートが悪いところのある馬だから最内枠は歓迎ではないが、スタートさえ決まればアッサリがあるかもしれん。


◆福島8R・3歳上500万下

滞在競馬向きで、北海道シリーズのうちに結果を出しておきたかったシンデレラメイクだが、2、3着どまりで残念ながら勝ち切れなかった。ただ、使い詰めだったぶん、今回はリフレッシュ効果が期待できる。能力的には足りる馬やから、テンションが上がらずスムーズな競馬ができればチャンスがあっていい。