寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 昨年よりも良いデキで臨める以上は崩れるシーンが想像できない

どうも、寺井千万基です!

日曜は鮫島厩舎の出走馬が、随分とがんばってくれた。昨日の記事でも紹介したように、7Rのランバージャックは休養明けでも仕上がりが良かったから、3着に入った3走前くらいは走りそうな雰囲気があった。えらく人気がなかったみたいやから(10番人気)、昨日の記事をみて馬券を買ってくれた人は、いい思いが出来たんじゃないかな(笑)。
メインの11Rで2着にきたグレイトチャーターは、僕が思っている以上に力をつけとる感じや。50キロの軽量馬にやられてしまったが、時計の速い良馬場の京都コースで結果を出せたことは収穫。今後がますます楽しみになったよ。


◆京都11R・京都大賞典

いまの中長距離路線は、2年連続で年度代表馬に輝いたキタサンブラックという核がいなくなり混戦模様。今年の京都大賞典は、キタサンブラックを下したことのあるサトノダイヤモンドとシュヴァルグランの2頭がエントリーしており、その実績からも人気を集めそうや。
ただ、サトノダイヤモンドの方は、3歳時に海外へ遠征してから成績が低迷。1年以上も勝ち星から遠ざかっとる。3歳時はマスコミに"最強世代"と呼ばれ、ファンが多いだけに、この馬の復活に期待しとる人は多いんじゃないかな?今回はこれまで4戦3勝と得意にしている京都コースやから、キッカケを掴むには絶好の舞台。陣営も"ここでダメなら…"と並々ならぬ思いで馬を送り出してくることは間違いない。
これまでは追い切りの動きからも本調子にはない印象を受けたが、休養明けの動きは春に比べてかなり良化しとる。稽古どおりならば、完全復活の狼煙を上げたとしても不思議はない。

いっぽうのシュヴァルグランは、昨年の京都大賞典では宝塚記念以来というローテーションで3着どまりだったが、今年は上半期の出走を2回に留め、たっぷりと間隔を空けてきた。そのぶん昨年よりも仕上がりはいいっちゅう話で、"早めに帰厩してジックリと時間を掛けて乗り込んできたから体はできているよ。年内での引退が決まっているから、残りのレースは悔いのない仕上げで臨みたい"と、陣営はかなりの手応えを感じていそうな口ぶりやったで。
もともとは叩き良化タイプやけど、直前の追い切りでは硬さがなく躍動感に溢れた走りをみせていたから、いつもの休み明け以上に走れそうな雰囲気や。

この2頭は甲乙つけ難いところやけど、僕は昨年よりも良いデキで臨めそうな点を評価して、今回はシュヴァルグランの方を1番手にオススメしておくよ。

その他では、ひょっとして有力2頭を負かせるかも?と思わせるのがウインテンダネス。
父のカンパニーが、8歳の秋にして毎日王冠→天皇賞秋→マイルCSと3連勝を決め、引退の花道を飾ったのは記憶に新しいところや。その血を継いどるウインテンダネスも、いったん波に乗ったら手がつけられないタイプかもしれん。祖父のトニービンから代々晩成のサイアーラインやから、まだまだこれから強くなりそうや。


◆京都10R・長岡京ステークス

8頭立てだった日曜に続き、月曜の10レースも寂しい頭数。馬券的にはあまり面白みのないレースになりそうだから、注目馬の名前だけ挙げておくよ。
ソーグリッタリング、ロライマ、キアロスクーロ、ボールライトニングの順。

中でも、サトノダイヤモンドの調教パートナーを務めたソーグリッタリングは"夏を越して更に筋肉量が増した感じ。成長の跡がはっきりと感じられるよ。昇級も形だけだから一発で決めたい"っちゅうて厩舎サイドは自信がありそうやったで。


◆京都9R・円山特別

このレースには鮫島厩舎のハニージェイドが出走を予定しており、メンバー的にも再昇級の大チャンス。叩き3走目で調子は上昇カーブを描いとるから、ここはスッキリと決めたいところや。

相手筆頭は、"休み明けをひと叩きして、型どおり良化した"っちゅうて、スタッフが体調の良さをアピールしていたタテヤマ。

あとは、陣営が"揉まれたくないから外枠が欲しい"っちゅうてたスターペスマリアにも要注意。願ったりの大外枠を引いたし、前走で落馬した影響はないらしいで。


最後に月曜日の鮫島厩舎やけど、この日はハニージェイド以外に1頭が出走を予定しとる。

◆東京10R・六社ステークス

このレースに出走するマコトガラハッドは、小倉や福島のような小回りコースで機動力を生かしたいタイプ。大箱の東京コースでは割り引きが必要。