寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 函館2歳ステークスはヨコの比較は難しいがタテの比較ならできる

どうも、寺井千万基です!

先週の新馬戦を快勝して鮫島厩舎の2歳馬勝ち上がり第1号になったジゴロやけど、レース後にソエの兆候がみられたため、連闘で挑むプランがあった函館2歳ステークスは回避することになった。
もともと僕は、若い2歳馬に連闘させることは反対だったから、このジャッジにはホッとしたよ。長い目で見れば、今回の回避は必ず良いほうに転ぶはずや。


◆函館11R・函館2歳ステークス

土曜日の中京2歳ステークスの時にも触れたけど、若い2歳馬同士のレースでキャリアもまだ1-2戦しかないから判断材料に乏しくヨコの比較が難しい。せやけど、新馬戦の時の追い切りと見比べれば、どれくらいの上積みがあるかについてはある程度推測できる。

有力馬の追い切りをひととおり見た時点で、僕がもっとも魅力を感じたのがアスターペガサス。Giant's Causeway産駒らしくやや硬い走りながらも、函館のWコースで抜群の行きっぷりをみせて迫力満点の動きを披露。追い切りの動きに関しては間違いなく前走以上やで。外国産馬やから将来性はともかくとして、現時点での完成度はかなり高そうや。
血統や走法から開催最終週の荒れた馬場もプラスになりそうやし、スタートで後手を踏むようなことがなければ、まず崩れないんとちゃうかな。
さすがに函館にいるスタッフの話を聞く機会はなかったけど、小耳に挟んだ情報では"前走後にひと息入れて今はすごく具合がいい。正直追い不足だったデビュー戦に比べたら雲泥の差だよ。相手は一気に強くなるけどいいレースが出来るんじゃないかな?"とずいぶん期待しとったみたいやで。

追い切りで力強い動きをしていたナンヨーイザヨイも、状態に関しては間違いなく前走以上。追い切りをみたかぎり、今年はこの2頭が有力じゃないかな?

あとは、注目馬としてスズカカナロア、ホールドユアハンド、ラブミーファインの3頭を挙げておくよ。

最後に、地方から果敢に挑戦してきたエムティアンは、鮫島厩舎にゆかりの深いパドトロワ産駒。出走を回避したジゴロの分まで、ぜひがんばって欲しい。


◆中京11R・中京記念

今年は抜けた馬がおらず混戦模様。微妙なハンデ差も影響しそうで、一筋縄ではいかないレースになりそうや。

ただ僕は、持っているポテンシャルの高さではスマートオーディンが一番やないかと思っとる。
一昨年の3歳クラシック路線では有力馬の一頭と目されていたほどの実力馬で、マカヒキやサトノダイヤモンドといった強豪としのぎを削ってきた実績は高く評価できる。
もちろん、今回が長期休養明け2戦目というのが最大のポイント。さすがに2年も休んでいたらレース勘は鈍っていたはずで、掛かり気味に逃げた前走は度外視していい。むしろ、いいガス抜きになったと捉えるべきじゃないかな。
疲れが残っていないことは、中間に坂路でビッシリと追われていることからも明らかやし、長期休養明けのプラス14キロをひと叩きした効果は相当に大きいはずや。
今回は本来の後方待機策で、まとめて差し切るシーンがあったとしても驚けない。厩舎のスタッフも色気を持っているようで"いまは馬体に張りがあるし一度使った効果は十分。息遣いも良くなっているから一変があってもいいと思うよ。ただ、ハンデがちょっと見込まれすぎたかな…"っちゅうて57.5キロのトップハンデに不満を漏らしとったよ(笑)。
常識的には、使いつつ調子を上げていくと考えるべきやけど、その頃には当然人気にもなっているはず。もし馬券で狙うならば、まだ周囲の目が懐疑的な今のうちやと思うで。

スマートオーディン以外では、やはり昨年の優勝馬ウインガニオンと、GI安田記念で4着という実績のあるグレーターロンドンは軽視できない。

ハンデ戦らしく軽量馬にもチャンスがありそうだから、ミエノサクシード、リライアブルエース、ワントゥワンの3頭も、注目馬として取り上げておくよ。


◆中京10R・尾頭橋特別

このレースは、降級4歳馬のストロベリームーンとスズカコーズラインの2頭が有力。
ただ、土曜日の中京ではミルコ(デムーロ騎手)が騎乗した全レースで馬券に絡む大活躍。このジョッキーは調子の良い時ほど追いかけたほうがいいから、1番手にはストロベリームーンの方を挙げておくよ。
降級馬2頭の他では、メイショウコゴミ、ソーディヴァイン、ブライスガウ、ヤマニンレジスタの4頭が連下候補。


◆中京9R・渥美特別

スタートで後手を踏んでしまった前走のシャドウブリランテは、行った行ったの決着になったように流れも向かなかった。
当然巻き返しがあるはずで、"引き続き具合はいいので、ベストといえる2200mの距離で改めて期待したい"っちゅうて厩舎サイドも力が入っとったで。

相手候補は、マイスターシャーレ、アフリカンゴールド、インヴィクタ、エイシンクリック、スヴァルナの5頭。


最後に日曜日の鮫島厩舎やけど、この日は6頭が出走を予定しとる。
なかなかのラインナップやから、先週の土曜日に続く固め打ちも狙えそうやで。


◆中京2R・3歳未勝利

今回がデビュー3戦目となるマコトスクラリキは、数の少ないマコトスパルビエロ産駒で、まだ手探りで得意な条件を探している段階。ひと息入れてだいぶ馬に前向きさが出てきたから、もう一度6ハロン戦を試してみる。まずは掲示板あたりを目標にメドの立つ走りをみせてくれれば。


◆中京3R・3歳未勝利

徐々にレースぶりに進境がみられるアメリカズハートは、もう初勝利に手が届くところまで来ている。手綱を取るミルコも今回が3度目やから、もうそろそろ決めたいところや。


◆中京12R・3歳上500万下

前走が惜しい2着だったグランセノーテ は、中1週でレースに使えるようにすこぶる体調が良い。中京コースは得意やから、何とかこのレースで勝ち上がっておきたいところや。


◆函館4R・3歳未勝利

長期休養明け2戦目となるハギノアテナは、思ったよりも良化がスロー。滞在効果で落ち着きがあるから前走以上にやれることは間違いないが、勝ち負けするにはもう少し時間が掛かりそう。


◆函館5R・2歳新馬

前向きな気性で新馬戦向きなレークサイドは、6月下旬に函館入りし、これまでジックリと調整されてきた。及第点の時計は出ているし、十分に乗り込み態勢は整っているから、初戦から勝ち負けになっていい。


◆函館10R・松前特別

前走が降級戦だったカリビアンゴールドは、2着だったとはいえ、勝ち馬は3歳時に弥生賞2着という実績のあるマイスタイル。相手が悪かっただけで悲観することはなく、ココは3歳の素質馬レイエンダとの一騎打ちや。

このレースで勝つことができれば、鮫島厩舎はこの日に2勝以上を挙げられるんじゃないかな。