寺井千万基の予想

【VIP】元調教助手・寺井千万基 滞在効果でいつもより馬がリラックスすることもある

どうも、寺井千万基です!

土曜日はあらかじめ予告したとおり、鮫島厩舎が1日3勝の固め打ちに成功。昨日の記事を参考にして、上手く馬券を獲れた人も沢山おるんかな?(笑)。流れが悪い時は何をやってもダメやけど、流れが良い時は本当にすべてが上手くいく。勝負事ならではや。
なかでも厩舎縁の血統馬ジゴロのデビュー勝ちは嬉しかった。パドトロワ産駒の初勝利を、鮫島厩舎の管理馬で飾れたことは何よりや。あの勝ちっぷりを見てしまうと、連闘で函館2歳ステークスに…なんちゅう欲が出ても不思議やないけど、まずはレース後の状態をしっかりとチェックすることが最優先。詳しい次走情報が聞けたら、またここで報告させてもらうよ。


◆函館11R・函館記念

函館開催のメインを飾るハンデ重賞。
今年は56キロを背負う4歳馬2頭が人気を集めそうやけど、他馬とのハンデ差がそれほどないことからも有力馬の実力は拮抗しとるというのがハンディキャッパーの見立てや。

ただ、僕はローカルのハンデGIIIならば、トリコロールブルーの能力が少し抜けとるじゃないかと思っとるよ。
これまでに大きく負けたのはドロドロ馬場の菊花賞と、春のクラシックトライアルのGII戦だけ。ローカルGIIIのメンバーならば、十分に勝ち負けできるんじゃないかな?洋芝にも実績があるし、6月中に現地入りして入念に乗り込まれているから仕上がりも良さそう。適度に荒れている今の馬場も、ステイゴールド産駒のこの馬にはピッタリやと思うで。
さすがに函館にいるスタッフの話は直接聞いていないけど、小耳にはさんだ情報では"滞在効果でいつもより馬がリラックスしているのがいい。1週前にスイッチを入れておいたから、あとは無事にレース当日を迎えるだけだよ"っちゅうて自信をみせとったらしいで。

相手には、7歳でようやく初重賞を制したスズカデヴィアスが面白そう。
この馬は経験豊富な7歳馬やけど、デビュー以来1番人気になったことが1度もないらしい。どうやら競馬ファンには"地味な馬"っちゅう印象を持たれとるみたいやね。
厩舎のスタッフも"いつも人気はないけど人気以上に走ってくれるから、むしろ人気がなくて有り難い"っちゅうて笑っとったで。今回も前走で重賞を勝った勢いがあるわりには4、5番人気にとどまりそうな雰囲気やから、馬券的には狙って面白い馬なんちゃうかな。

他では、前哨戦の巴賞を制したナイトオブナイツ、トップハンデでも実績上位のサクラアンプルール、柴田善騎手がわざわざ駆けつけて手綱を取る4歳馬ブレスジャーニー、洋芝得意なブラックバゴあたりにも注目。

特にブレスジャーニーは、前走の巴賞が完全にココへ向けての叩き台だった感じがするから、前走の着順は気にしないほうがいい。


◆中京11R・名鉄杯

前走で『休み明け+初ダート』という2つの厳しい条件をクリアしたジュンヴァルカンの走りに注目が集まる。
ただ、前走はスタートでゲートから出ずヒヤリとする場面があったから、今回も他馬との比較よりもその辺りがポイントになりそうや。まずはゲートを出て、それなりに差しが届く流れになれば、メンバー的にも通用するんちゃうかな。

その他では、オールマンリバー、ラインルーフ、カゼノコ、クラシックメタルの4頭を注目馬として挙げておくよ。


◆中京12R・フィリピントロフィー

このレースは降級馬が芝実績に乏しいテイエムヒッタマゲ1頭しかおらず、このクラスで惜しい競馬が続いている5歳馬と、3歳馬の争いが中心。

5歳馬では、キーナンバー、ラベンダーヴァレイのどちらかに順番が回ってきそう。この2頭に、3歳馬のトンボイがどこまで迫れるか?っちゅうレースになりそうや。


◆中京10R・シンガポールターフクラブ賞

このレースには鮫島厩舎からプラチナヴォイスが出走を予定しとる。
オープンから2クラスの降級戦となるから能力的には勝ち負けしないといけない馬なんやけど、今回は休み明けでまだ本調子にない。鞍上にテン乗りの高田を乗せてきたあたりからも、勝負気配は薄いと思うで。

一番の有力馬は、クラシックで好走したジェネラーレウーノやエタリオウ相手に勝ち負けしてきたシャルドネゴールドやないかな?これまでの対戦してきた相手のレベルからも、1000万クラスは通過点に出来そうや。
陣営も"上手くリフレッシュできたから、秋に向けてここは取りこぼしたくない"っちゅうて自信がありそうな口ぶりやったで。


◆中京9R・タイランドカップ

ここは抜けた馬がおらず、混戦ムード。
僕が一番気になっているのは3歳馬のアーデルワイゼやけど、古馬との対戦ははじめてやから、それほど強気に推せるっちゅう感じではない。

このレースは手広く行ったほうがいいと思うから、注目馬としてはワンダーアマービレ、スイーズドリームス、ゴールドケープ、ピュアコンチェルト、マルモレイナを挙げておくよ。


最後に日曜日の鮫島厩舎やけど、この日はプラチナヴォイス以外に1頭が出走を予定しとる。

◆中京1R・3歳未勝利

デビュー2戦目を迎えるマーニは、まだ稽古の動きがピリッとしてこない。良化がスローな印象やから、土曜日にデビュー戦を快勝したジゴロに続くのは、まだ厳しいかもしれん。