白井寿昭の見解・予想

【白井寿昭の金言】『サートゥルナーリアは休養明けでも問題なし』(皐月賞)

皐月賞はスペシャルウィーク、メイショウボーラーで3着だったレースだ。スペシャルウィークで挑んだ98年の皐月賞はグリーンベルトが生じた馬場に対して、レース後に文句を言ったものだ。皐月賞への臨み方は陣営それぞれではあると思うが、皐月賞は牡馬クラシックの第1冠目。調教内容だったり、様々なケアをしっかりと管理馬に施した上で出走させる。出走させる以上、皐月賞を叩き台と捉える陣営はいないと思う。

サートゥルナーリアは真ん中から少し外目の枠を引いた。後入れの偶数枠なら心配はいらない。それにアーモンドアイにしろグランアレグリアにしろノーザンファームの外厩(天栄やしがらき)で調整された馬はケアの仕方がいいのか、休養明けでも問題なく競馬をクリアしている。スタッフがしっかりしているのだろう。サートゥルナーリアは中山で勝っている実績がある。休養明けでも問題はないだろう。

アドマイヤマーズはダイワメジャーの産駒だが2000mの距離までは問題はなさそうだ。ただ、馬体は背が短く胸前、トモの筋肉が発達し、全体は研ぎ澄まされている。長距離を好む馬はそれほどトモがガッチリとはしていない。

ダノンキングリーはディープインパクトとストームキャットの黄金配合。この配合にはキズナ、リアルスティール、サトノアラジンなどがいる。共同通信杯以来となるが2カ月ぶりではそんなに心配はいらない。体付きを見ても脾腹がキリッとし毛ヅヤも良さそうだ。キ甲が出っぱり成長がうかがえる。

サトノルークスは3連勝中。母父にサドラーズウェルズが入っていて、いとこに英2000ギニー勝ちのヘンリーザナビゲーターなどがいる良血馬だ。馬体はトモ幅が出ているわけでもなくスラッとした形。父ディープインパクトに近いように映る。サドラーズウェルズに近ければ重い馬場はいいかもしれないが、あまり母父は出ていないように感じた。

ヴェロックスは4枠7番の枠。父がジャスタウェイで母父はモンズン。ダービーくらいでさらに良くなってきそうだ。中山は初になるが、この舞台で上手く立ち回り好位からの競馬ができれば面白いかもしれない。

アドマイヤジャスタはここまで大崩れなく走っている。ただ、枠順の8枠17番は少し気になる。他の有力どころと比べて外枠過ぎるかもしれない。

ファンタジストはそこまで胴が延びた馬ではなく距離がギリギリかもしれない。ただ、スプリングSで2着に好走しているように中山の舞台は力を出し切れそうだ。