白井寿昭の見解・予想

【白井寿昭の金言】『ニシノデイジーは好仕上がり』(弥生賞)

弥生賞はスペシャルウィークで勝っているレースだ。皐月賞と同じ中山芝2000mで行われるだけに毎年濃いメンバーが揃う。それでは今回の弥生賞について、何頭かを取り上げたい。

ニシノデイジーは東京スポーツ杯2歳SやホープフルSなど一連の重賞で好走してきた。強烈な強さはないが崩れない安定感が売りだ。ホープフルSで3着にきていることからこの舞台も合う。父ハービンジャー、母父アグネスタキオンの組み合わせ、さらに馬体からも2000mの距離は問題ないだろう。体付きもだいぶキ甲が盛り上がってきて成長がうかがえる。いい仕上がりに映った。

カントルはダービー馬ワグネリアンの全弟。体型から見ると長い距離よりも、マイルから1800mあたりの距離が良さそうだ。ただ、3歳のこの時期は能力だけで距離をこなしてしまう可能性はある。ディープインパクトとキンカメハメハの組み合わせは血統的に相性が良い。体付きもきっちりできあがっている。無駄肉も無く、馬体にはハリがあり、毛ヅヤも良さそうだ。もう少しキ甲のあたりが出てくればもっと充実して走れるだろう。その分馬体は成長の余地を残せている。

ラストドラフトは母が桜花賞馬マルセリーナで父が新しめな種牡馬ノヴェリスト。馬体や毛ヅヤの状態が良く、筋肉がとても柔らかそうな印象を受ける。その柔らさは母マルセリーナや母父ディープインパクトが出ている感じがする。キ甲も抜けてきており成長を感じられる。この舞台も前走で経験済みで問題はないと思う。

サトノラディウスはディープインパクトの産駒。ディープインパクト産駒は華奢に出やすいか、この馬は骨太でがっちりとしたシルエットだ。母系のデインヒルやサドラーズウェルズの血が馬体にも出ているように感じた。重賞は初めてだが、成長力に優れるディープインパクト産駒であることと母系の血を思えば通用しそうだ。

ブレイキングドーンはここ2戦で2000mという距離を経験している。年が替わりどういう競馬を展開できるのか楽しみな1頭だ。馬体はキ甲周辺が盛り上がり成長とともにたくましさも感じられる。他の馬と比べると成長が早いアドバンテージがありそうだ。

5頭に続くとしたらメイショウテンゲンか。血統構成は先の5頭に劣るところはない。展開が向けばこの馬にも出番がありそうだ。