白井寿昭の見解・予想

【白井寿昭の金言】『一番手に挙げた馬は?』 マカヒキでも、ミッキースワローでも、モズカッチャンでもなく…。

余談になるが、先日「札幌記念をGIにしたらどうか」というニュースがあった。
これについて少し触れておきたい。

実は、こういった声は随分前から出ている。札幌記念は馬産地で行なわれるレースでもあり、「GIに」という声は少なくないのだ。私も「GIにした方がいいのではないか」と思っている。

管理する側からすると春から秋まで間隔が空くこともあり、秋に備えて「札幌記念を一回使おうか」という考えになるものであるし、また、ファンの方も春や秋に比べると夏は少し楽しみが減りやや物足りないと感じているのではないだろうか。

セールの行なわれる夏の時期に“馬産地である北海道でGIを行なう――”。余談になるが、そうなれば良いと思う。

それでは札幌記念。

最初に名前を挙げたいのはサングレーザー。札幌記念は、函館記念をひと叩きしたような組が好走することが多い。しかし、サングレーザーも前走からそれほど間隔は空いていない。スッキリとした馬体でレースに向けてスタンバイは出来ている。この馬に関しては距離の話題は出てくるだろうが、それほど心配はないように思っている。今回は楽しみだ。

サクラアンプルールは函館記念でチョイ負けだったが、前回はトップハンデ。それで2着。昨年の札幌記念を勝っており条件は合う。馬体も古馬らしくキ甲も出て体付きもスッキリしておりトモの幅も十分。この馬ももちろん良い。

マイスタイルは下級条件から連勝。前に行く馬でこのくらいの距離は丁度いい。他の逃げ馬との兼ね合いもあるが、折り合いをしっかりと付けられれば面白い。

ゴーフォザサミットは前走が日本ダービー。7着だが差は僅かで0.4秒ほど。そこから適度に間隔を取っており良い状態で出られると思う。

マカヒキは去年のジャパンC以来。久々は気になるが、この馬も能力はある。

ミッキースワローは大阪杯以来。体は随分と良くなっている。問題はこのメンバーで後ろから行く脚質。そこが、どう出るかだ。

ネオリアリズムとモズカッチャン。2頭とも悪くはないが、どちらもドバイ帰り。一度様子を見てみたい。

----------------
【馬体診断】札幌記念(白井オフィシャルサイトへ移動します)
----------------