白井寿昭の見解・予想

【白井寿昭の金言】ガス抜きを行なえたことは良かった

弥生賞のダノンプレミアムをみて「皐月賞は決まり」と思ったファンの方は多かったと思うが、そのダノンプレミアムが回避。今年の皐月賞は一気に混沌としている。

最初に名前を挙げたいのは、その弥生賞で2着だったワグネリアン。弥生賞のパドックでは落ち着きがなかった。あれを、精神的なものか、休み明けかは別にして、一度使ってガス抜きを行なえたことは良かったと思う。好位から抜け出す競馬もできるし、中山も前回で走っており問題はない。父ディープインパクトに母父キングカメハメハという配合も良いと思う。一番手に挙げておきたい。

ステルヴィオは成績が示すように5戦3勝2着2回と取りこぼしも少ない。前走は、これまでよりも前の位置で競馬をしつつ、エポカドーロをねじ伏せるようなパフォーマンスを見せた。能力が高いのは間違いないと思う。また、父のロードカナロアという種牡馬は我々が当初に思っていた以上に融通性がある。個体差はあるにしても、前走内容をみれば2000mも問題なさそうだ。

キタノコマンドールは、前回のレース解説でも述べたが、すみれSはスケールを感じさせる内容だった。4角手前の勝負どころと呼ばれる箇所は競走馬の能力がストレートに出る部分だが、この馬は前走で他馬と一線を画す反応の早さを見せた。また、初戦と比べて前走は大きな成長も感じさせた。一戦毎に良くなる馬はいるもので、その変化も評価しておきたい。血統的な裏付けもあり、本番では一段と成長した姿を見せてくれるのではないだろうか。

ジェネラーレウーノは京成杯を勝って以来のレースだが、その京成杯は全てを出し切ったとは思えない勝ち方だった。好位で競馬をできて、最後もしっかりと伸びることができる。あのような競馬を続ければ取りこぼしは少ないだろう。あとは弥生賞やスプリングSを使ってきた馬との力関係だけだ。

その他は、オウケンムーン、タイムフライヤーなどにも注目しているが、皐月賞は私もスペシャルウィークとメイショウボーラーで3着になったことがある。スペシャルウィークのときは内枠がグリーンベルトで外枠が災いした。競馬会に「ちょっと不公平だな」ということを言った記憶もあるが、皐月賞という大舞台。どの陣営も納得できるレースにしてもらいたい。