白井寿昭の見解・予想

【白井寿昭の金言】重賞になってレベルが上がることで、前回と同じ競馬が可能かどうか

桜花賞トライアルのフィリーズレビューは同じトライアルのチューリップ賞と比べると桜花賞に直結していない。距離1400mが影響しているのだろう。桜花賞トライアルというよりも1400mの重賞という点で主にみていきたい。

アンコールプリュは、父ディープインパクト、母父ウイニングチケット。ここまで2戦2勝。1600mと1400mと勝ってきた。前走は後ろからの競馬になったが、なかなか良い感じだった。前走のレース解説の際に「まだ能力の上下差が激しい2歳500万下だからこそ可能な芸当」という表現をしたように、重賞になってレベルが上がることで、前回と同じ競馬が可能かどうかの面はある。だが、母父の母パワフルレディは私にもゆかりのある血統で、この血はキレを感じさせる。この馬自身の体付きも牝馬らしくスキッとした感じで、キレがあるのではないだろうか。今回も注目したい。

アマルフィコーストは、父ダイワメジャー、母父ハイシャパラル。母父はヨーロッパの馬だが、南半球にも産駒はいる。サドラーズウェルズの直仔だが、母系には短距離のグリーンデザートが入っており、父がダイワメジャーであると考えると血統面では今回のような距離が合うのではないだろうか。また、馬体は四肢がしっかり太め。飛節の角度も良い。サドラーズウェルズやダンジグの良さも出ている。背中もそれほど伸びているわけでもなく、そこにも距離的な適性が表れているように思う。

モルトアレグロの父はスパイツタウン。父はアメリカで見てきたが、距離は短いところで良い馬だった。一方、モルトアレグロは父が栗毛で母は芦毛だが、この馬は青鹿に出ている。毛色からの印象は、むしろストームキャットの影響を感じさせる。このストームキャットもアメリカで何度も見ているが、気性の激しい馬で種馬になってもうるささがあった。モルトアレグロも少し入れ込む面はあるようだが、今回は再び関東から関西へ輸送。当日の落ち着きがあるかは注視したい。

また、少し話はそれるが、メイショウボーラー(母父ストームキャット)もそうで、当時からこの血(ストームキャット)が入った馬をやってみたいと思っていた。いまは、その血が日本の馬の母父などに入って良さを出してくれているし、日本の競馬にも大きな影響を与えているのも間違いないだろう。

デルニエオールは、オルフェーヴルやドリームジャーニーの全妹(父ステイゴールド、母父メジロマックイーン)。410キロ台と小さな馬だ。だが、馬体の印象は、キ甲は発達しており、腹構えも切れ上がっていない。若干を言えば、もう少しトモの肉が付いてくれば面白くなるだろうが、全体的なことを言えば体つきは良く、骨太だ。410キロ台とは思えない雰囲気を持っている。一方、スタートが少し良くない。本番に時期に向けて時間はなく、そこを無理にやりすぎると馬がイラだってしまう。上手になだめながら練習していくしかないだろうが、いずれにせよ課題となる部分。下級条件の相手関係なら問題なかったことも1400mでこれくらいのレベルになってくると影響がある。

アルモニカは、父ロードカナロア、母父ディープインパクト。スピードと切れ、前で競馬を出来て粘りも感じさせる。馬体は420キロ台ともう少しあって欲しい所ではあるが、間隔を詰めて使っているわけではないので、まだ大丈夫だろう。距離に関しては、マイルくらいまでがベストになるのではないだろうか。現世代からデビューしたロードカナロア産駒でもあり、期待も興味も持っている。

あとはアンヴァル。こちらもロードカナロア産駒。1200mばかりに出走してきたことで、今回の1400mがどうかだが、この馬も興味を持って見てみたい。

----------------
【馬体診断】金鯱賞(白井オフィシャルサイトへ移動します)
----------------