覆面馬主8号の予想

【VIP】データの8号 フェアリーS/中山新春JSの予想

皆さん、こんにちは。
データ8号です。

先週からスタートした今年の中央競馬。
全体的に荒れ気味だったと思います。
その結果、データ予想はダメだったレースもありますが、高配当的中となったレースも。
全てのレースが的中したわけではありませんが、高配当的中は競馬予想の魅力のひとつ。
今週も全てのレースで的中を目指しますし、一発ドカンと大きな高配当的中にもめぐり会いたいと思います。

それでは、3日間開催の今回、まずは土曜日のフィアリーSからスタートです。

【中山11R・フェアリーS】
170.0 ホウオウカトリーヌ
150.5 アゴベイ
142.6 アマーティ
140.7 アクアミラビリス
139.9 グレイスアン
138.7 スカイシアター
132.9 エフティイーリス
132.1 チビラーサン
130.9 ウィンターリリー
127.0 サンタンデール
123.8 フィリアプーラ
123.1 プリミエラムール
103.5 レーヴドカナロア
84.3 セントセシリア
83.9 メイプルガーデン
76.1 レディードリー

データ分析の結果、本命はホウオウカトリーヌ。
ここまで5戦。
2勝2着2回。
新馬戦の4着以降は常に馬券対象の走りを見せています。
特に8号のデータ分析でも、ここ2走は◎の本命。
2着、1着と期待に応えてくれており、特に2走前は3連複12510円の高配当的中に繋がりました。
相性のいい馬であるのは間違いありませんし、なにより、中山コースは3戦して2勝2着1回と結果を出している条件。
そもそも今回のメンバーは1勝馬がほとんど(2勝馬は2頭)ですので、現に2勝している実力は素直に評価したい部分です。

あとは前走のつわぶき賞で2着アゴベイ。この馬も前回に▲評価で5番人気2着。引き続き高い評価で期待です。
アマーティはサウジアラビアRCの3着馬。メンバーも揃っていた一戦ですし、そこで3着ならここでも高い評価は必然。
アクアミラビリスはクイーンズリングの妹でデビュー前から評価の高かった馬。新馬戦もしっかり結果を出しており、2戦目でさらに上昇しそうです。

◎08ホウオウカトリーヌ
○02アゴベイ
▲16アマーティ
☆11アクアミラビリス
△13グレイスアン
△04スカイシアター
△03エフティイーリス

【馬連/ボックス】8,2,16,11(6点)
【3連複/軸1頭】8-2,16,11,13,4,3(15点)




続いて自信の一鞍。

ここは先週の日曜日に続いて障害戦。
ちなみにこの前の結果は◎→▲→無→△でした。
3連複は不的中でしたが、単勝オッズ119.1倍の4着馬次第では大きな配当になっていたと思います.
先週の分はここで巻き返したいところです。

ということで、対象レースは中山8Rの中山新春ジャンプS。

本命はメイショウダッサイです。
障害未勝利を勝った直後の阪神ジャンプSで3着。
この時の勝ち馬アップトゥデイトとは差がありましたが、あちらは現役障害馬の最強クラス。
さすがに相手が悪かったわけですが、重賞3着は力があってのもの。
続く前走の障害オープンも2着に好走していますし、この馬の力は確かでしょう。
乗り役も中山の障害コースで良績を残す森一馬騎手。
メイショウダッサイが引き続き好走する可能性は高いと思います。

○のゼンノトライブは前走イルミネーションジャンプS3着。
2走前の京都ジャンプS5着。
3走前の清秋ジャンプS4着。
勝ち切れないレースは続いていますが、この1年間は障害7戦で掲示板を外した回数0回。
かなり安定感のあるタイプですし、何より昨年のこのレースの勝ち馬。
前走の3着を含めて中山障害コースは実績を残していますので、今回の条件なら魅力があります。

▲のエアカーディナルは前走の中山大障害11着、前々走のイルミネーションジャンプS10着。
成績はやや下降気味ですが、相手が強いレースだった点は考慮したい部分。
また今回は乗り役が高田潤騎手に戻ります。
同騎手は、この2年で中山障害コースで9回の騎乗機会ですが、55%以上の確率で3着以内。
さらに5着以内は8回。
そもそも彼がエアカーディナルに乗っていた当時、この馬は二桁着順が1度もなく、相応の安定感を見せていました。
手の合うジョッキーに戻って巻き返しの可能性を含んでいそうです。

☆のシークレットパスは障害デビュー戦から3着と好走。
以降は障害初勝利まで5戦して3着内4回と安定して結果を出しました。
前走の秋陽ジャンプSは5着でしたが、着実に経験を積んでおり、このメンバーに入っても上位の分析評価です。
それに鞍上は頼りになる石神深一騎手。
とにかく中山の障害コースでは抜群の実績を残していて、過去2年間の複勝率は57%超。
その2年間にオジュウチョウサンとの3勝も含まれますが、それ以外でも昨年の中山大障害の勝利。
先週の障害未勝利戦でも勝利と多数の好結果を残しています。
今回も、少なくとも人気相応かそれ以上の結果を出すのではないでしょうか。

ということで、この4頭を中心に結論は以下の通りです。

◎12メイショウダッサイ
○13ゼンノトライブ
▲10エアカーディナル
☆08シークレットパス
△02エオヒップス
△06トラキアンコード
△05シゲルボスザル

【馬連/ボックス】12,13,10,8(6点)
【3連複/軸1頭】12-13,10,8,2,6,5(15点)



なお、「太鼓判」予想は今週も新馬戦以外ほぼ全てのレースで行ないます。
【8号】太鼓判予想の購入はコチラから
(土曜日・午前9時より販売開始予定)

以上、8号のVIP予想でした!