覆面馬主6号の予想

【VIP】砂の6号 オークランドRCT /中山10R 松戸特別 の予想

どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

またまた海外から嬉しい知らせが届きました!

先週お伝えした日本産馬Yoshida(ヨシダ)による米国ダートG1制覇に続き、9日に韓国ソウル競馬場で行なわれたコリアカップ(韓国GI、ダ1800m)で日本馬のロンドンタウンが連覇を達成!さらに、同日に行なわれたコリアスプリント(韓国GI、ダ1200m)では、日本調教馬のモーニンが見事に優勝しました!

韓国競馬はIFHA(国際競馬統括機関連盟)の国際格付けで現在はパートII国。国内の競馬場はダートトラックのみで、13年からは日本の大井競馬と何度か国際交流競走が行われています。
現在は馬産も盛んに行なわれ、ダート競馬の本馬・米国から種牡馬の導入が進んでいるようですが、日本からも繁殖牝馬やアドマイヤドン、テスタマッタといったGIホースが韓国へと輸出され、今でも現地で種牡馬として繋養されています。

今の韓国競馬は、ちょうど日本競馬が第1回目のジャパンカップ(1981年)を開催したばかりの頃のようなイメージでしょうか?これからドンドン発展し、近い将来には良きライバルとして切磋琢磨する間柄になるかもしれませんね!


それでは予想に参りましょう。
土曜日のターゲットは、ダート2400mで行われるハンデ戦・中山10R『松戸特別』(3歳上1000万下)。

★☆中山10R・『松戸特別』の予想☆★

参考にするのは、同条件で行なわれた13、15、17年の松戸特別。

■01.配当
過去3回の馬連配当は、新しい順に820円、3,200円、620円。

■02.人気
過去の連対馬の人気 ※括弧は左が1着
2017( 1→ 5人気)
2015( 2→ 7人気)
2013( 3→ 1人気)

■03.性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量 ※括弧内は左が1着
2017(セ5_57.0→牡6_54.0)
2015(牡4_56.0→牡4_54.0)
2013(牡5_57.0→牡4_56.0)

■04.位置取り
連対馬の4角位置 ※括弧内は左が1着
2017( 3→ 5番手) 良
2015( 3→ 2番手) 重
2013( 2→ 3番手) 良

■05.所属
過去3年の連対馬6頭中4頭が関東馬だった。

■06.種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はキングカメハメハで1勝、2着1回。

■07.騎手
複数回連対しているジョッキーはいない。


さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

■08.前走間隔
連対馬6頭すべてが前走7月以降のレースに出走していた。

■09.前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り

札幌ダ1700m:2頭
函館ダ1700m:1頭
福島ダ1700m:1頭
小倉ダ1700m:1頭
新潟ダ1800m:1頭

前走距離は1700mが5頭。

■10.前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り。

前走・1000万下:5頭(2、6、9、10、11)
前走・500万下:1頭(1)

前走1000万下組が5頭で最多。


■11.クラス実績

連対馬6頭中5頭には、1000万下で2着以内に入った実績があった。


■12.距離実績

連対馬6頭すべてに、ダ2000m以上のレースで3着以内に入った実績があった。


データは以上。


過去3年分しかないので参考程度だが、データ09をみても判るとおり前走1700m組が好相性で、さらにデータ11.クラス実績と、データ12.距離実績を満たす馬がいれば積極的に狙いたいところだ。

今年のメンバーの中で、クラス実績こそ3着どまりだが、他の2項目を満たしているのが◎リキサンダイオー。
前走のオールスターJ第3戦はなかなかレベルが高く、クビ差の3着馬ヴォカツィオーネは連闘で臨んだ次走でも2着に好走。リキサンダイオーも現級上位の能力を持っていることは間違いなく、過去2勝を上げている得意の長距離戦に舞台が替われば前進は必至だ。


☆中山10R・結論☆

◎ 3リキサンダイオー
〇 9ニーマルサンデー
▲ 8オメガドラクロワ
☆ 6メイショウマトイ
△ 2ボーントゥレイン
△ 5スノードルフィン


【単勝】3(1点)
【馬単】3⇔9,8,6,2,5(10点)
【3連複/軸1頭】3-9,8,6,2,5(10点)


-----------------------
★☆阪神11R・『オークランドRCT』(3歳上1600万下)の予想☆★

15年優勝馬アォーディー、16年優勝馬ミツバなど、のちに重賞戦線で活躍する馬が出ている出世レース。
また、過去5年で2頭のシリウスS連対馬を出しているレースでもあり、2週後に控えたシリウスSの前哨戦としても要注目だ。

3歳馬◎チュウワウィザードが前走で下したアナザートゥルースは、1600万下で2度の2着がある実力馬。
ハンデ差があったといえ、すでに1600万下2着馬を差し切ったのだから、クラスの壁はないとみて間違いなさそう。当日の雨予報も、脚抜きの良い阪神ダートで勝利実績があることを考えれば好材料だ。


☆阪神11R・結論☆

◎10チュウワウィザード
〇 1アイアンテーラー
▲ 7ブライトンロック
☆ 5メイプルブラザー
☆ 8アンデスクイーン
△ 6モズアトラクション
△ 9マイネルクラース


【単勝】10(1点)
【馬単】10⇔1,7,5,8,6,9(12点)
【3連複/軸1頭】10-1,7,5,8,6,9(15点)


以上、6号でした。


------------
☆★的場文男騎手の歴代記録更新を応援し続ける★☆

【MATO-METER(マトメーター)】

9月13日終了時点:地方競馬通算7167勝