覆面馬主6号の予想

【VIP】砂の6号 アンタレスステークス/ 京葉ステークス/ 中山5R の予想

どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

グレイトパールが戦線復帰!

昨年5月の平安ステークス優勝後、骨折により戦線を離脱していたグレイトパールが、今週のアンタレスステークスから戦線に復帰します。
ご存知のとおりグレイトパールはダート転向後に5戦5勝と負けなしで、前走のアンタレスSでは、次走の帝王賞で2着に入るクリソライトに4馬身もの差をつけて優勝。トップ層の高齢化が進んでいたダート王道路線に現れた期待の新星として、注目を集めた矢先のリタイアでした。

しかし、トウカイテイオーの例を持ち出すまでもなく、骨折は完治さえしてしまえば競走能力に影響はありません。今回は骨折明けですが、仕上がりさえ問題なければメンバー的にも好勝負可能でしょう。

もともと昨年暮れにいったんは入厩し、復帰へ向けての調整が進められていましたが、思うように調子が上がらずに再放牧に出され、ここまで待機したという経緯があります。当初は同じ中内田厩舎のダノンプレミア(皐月賞を回避)に騎乗する予定だった川田騎手が、中山での騎乗をすべてキャンセルしてまでグレイトパールに騎乗するということからも、おそらく体調に不安はないことが窺えます。

はたして、グレイトパールは重賞2勝目を飾るとともに連勝を6に伸ばすことができるでしょうか?


それでは、予想に参りましょう。
日曜日のターゲットは、もちろんダート1800mで行われる阪神11R『アンタレスステークス』(GIII)。

★☆阪神11R・『アンタレスS』の予想☆★

参考にするのは同時期に行われた過去5年のアンタレスS。

■01.配当
過去5回の馬連平均配当は2,270円。
新しい順に4,360円、510円、2,860円、3,250円、370円。

万馬券は1度もなく、堅めのレース傾向。

■02.人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2017( 3→ 6人気)
2016( 1→ 3人気)
2015( 6→ 1人気)
2014( 2→ 5人気)
2013( 1→ 2人気)

1番人気は(2-1-1-1/5)という成績。
また、過去5年では1-3番人気馬がそろって連対を外したことはない。

■03.性別と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量 ※括弧内は左が1着
2017(牡5_56.0→牡4_57.0)
2016(牡6_57.0→牡5_58.0)
2015(牡5_57.0→牡4_57.0)
2014(牡5_56.0→牡7_56.0)
2013(牡4_57.0→牡6_59.0)

斤量57キロ以上を背負った実績馬が7連対で優勢。

■04.位置取り
連対馬の4角位置 ※括弧内は左が1着
2017( 5→ 8番手) 良
2016( 6→ 2番手) 良
2015( 2→ 1番手) 良
2014( 2→ 6番手) 良
2013( 2→ 1番手) 良

脚質による有利・不利はあまりなくペース次第。

■05.所属
過去5回の連対馬10頭中9頭が関西馬だった。

■06.種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はキングカメハメハで1勝、2着1回、3着1回。

■07.騎手
複数回連対している騎手は武豊騎手で1勝、2着が1回。
その他では、M.デムーロ騎手が1勝、3着2回と好成績。


さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

■08.前走間隔
連対馬10頭中8頭が、前走2月以降のレースに使われていた。

■09.前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り
東京ダ1600m:1頭
中山ダ1800m:1頭
中京ダ1800m:1頭
阪神ダ1800m:1頭
阪神ダ2000m:1頭
名古屋ダ1900m:4頭 ※地方
船橋ダ2400m:1頭 ※地方

前走コースは様々だが、前走距離は1800m以上が9頭で最多。

■10.前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・フェブラリーS :1頭(3)
前走・チャンピオンズC :2頭(8、1)※JCダート含む
前走・マーチステークス:1頭(4)
前走・仁川ステークス :1頭(1)
前走・名古屋大賞典 :4頭(4、1、2、1)
前走・ダイオライト記念:1頭(2)

前走は名古屋大賞典組が4頭で最多。
また、前走がGI以外の7頭はいずれも前走で3番人気以内の支持を受けていた。

■11.重賞実績
過去の連対馬は、いずれも芝や地方交流を含む重賞レースで連対した実績があった。

■12.1年以内の勝利実績
過去の優勝馬5頭は、いずれも1年以内に2勝以上を挙げた実績があった。

■13.その他
阪神ダート1800mで1600万下を優勝した実績のある馬が現在3連勝中。


データは以上。


昨年までは土曜日(2回阪神7日目)に行なわれていたが、今年からは皐月賞と同日の日曜日に変更。皐月賞のウラだけにトップジョッキーの参戦は少なく、これまでとは違った結果になる可能性もあるので注意が必要だ。
また、冒頭でも触れたとおり、能力的に抜けている可能性が高いグレイトパールだが、今回はあくまで体調次第。この馬の取捨についてはデータに関係なく当日の馬体重やパドック気配を見て決めて欲しい。
前日の段階では馬の気配までは判らないので今回は1番手評価にはしなかったが、当時のパドック気配をチェックしたうえで問題がなければ、各自の判断でグレイトパールを1番手に繰り上げるのも良いだろう。

いっぽう、データからは過去の連対馬すべてに該当するデータ11が最重要。今年のメンバーでこれに該当するのはグレイトパールを除いても10頭いる。
さらに、データ12を参考にして、1年以内に2勝以上を挙げている馬をチェックすると、これをクリアするのは、クインズサターン、ディアデルレイ、マイネルバサラ、ミツバ、メイショウウタゲ、ロンドンタウンの6頭だけとなる。
この6頭にグレイトパールを加えたBOX馬券も面白そうだが、データ10から前走名古屋大賞典組が優勢なことが判り、これに該当するミツバがデータからの最有力馬。また、ミツバはデータ13の条件もクリアしており、過去5年の連対馬の傾向とかなりマッチする。

今回注目したい◎ミツバは、阪神コースは(4-3-1-5/13)という阪神巧者で、脚抜きの良いダートにも対応可能だ。
また、あまり揉まれたくないタイプだけに大外の8枠も好材料で、過去に8枠からスタートした時の成績は、2着、3着、1着、4着、1着、4着、1着(※古い順)と大きく崩れたことがない。中央の重賞勝利実績こそないが、昨年のチャンピオンズCの結果をみても、GIIIくらいならばいつ手が届いてもおかしくない実力の持ち主だ。
--------------
☆17年 チャンピオンズC成績☆

1着 ゴールドドリーム
2着 テイエムジンソク
3着 コパノリッキー
4着 ケイティブレイブ
5着 アウォーディー
6着 ミツバ ←☆注目
7着 カフジテイク
8着 キングズガード
9着 ノンコノユメ
--------------

なお、前走のマーチSで本命視したロンドンタウンは、馬体重さえ絞れていればもっとやれる馬。
前走は期待したほど絞れておらず好走には至らなかったが、当日に510キロ台前半くらいまで絞れていれば、もっと評価を上げてもいいだろう。


☆阪神11R・結論☆

◎15ミツバ
〇 1グレイトパール
▲ 7ロンドンタウン
☆13クインズサターン
☆ 2ナムラアラシ
△ 4メイショウウタゲ
△ 5トップディーヴォ


【単勝】15(1点)
【馬単】15⇔1,7,13,2,4,5(12点)
【3連複/軸1頭】15-1,7,13,2,4,5(15点)


-----------------------
★☆中山10R・『京葉ステークス』の予想☆★

日曜日は降雨の影響で脚抜きの良いダートが予想されるが、近年に行なわれた同条件のレースを振り返ってみると、先行馬よりもむしろ差し馬の活躍が目立つ。
--------------
☆重・不良で行なわれた中山ダ1200mOP競走☆
※レース名の右は1着→2着の4角通過順

17年04月京葉S 7→10(不)
16年03月千葉S 4→ 6(重)
15年12月カペラS 14→ 4(重)
12年04月京葉S 13→12(不)
12年02月千葉S 3→ 1(不)
--------------
今年のメンバーでこのイメージに一番合致するのは、不良のダートで行なわれた北陸S(新潟ダ1200m)を7番手から差し切った◎ドリームドルチェだ。


☆中山10R・結論☆

◎14ドリームドルチェ
〇 2ブルミラコロ
▲ 9エイシンバランサー
☆ 1ベストマッチョ
☆10テーオーヘリオス
△ 6プレスティージオ
△ 8ベック


【単勝】14(1点)
【馬単】14⇔2,9,1,10,6,8(12点)
【3連複/軸1頭】14-2,9,1,10,6,8(15点)


-----------------------
★☆中山5R・『3歳500万下』の予想☆★

まずは、今年に入ってから中山ダート1800mで行なわれた3歳500万下の勝ち時計をみて欲しい。
--------------
☆中山ダ1800m 3歳500万下☆
※レース名の右は優勝馬の走破タイム

18年4月08日 1:55.0(良)
18年3月24日 1:52.9(稍)☆注目
18年3月17日 1:55.2(良)
18年3月03日 1:54.3(稍)
18年2月24日 1:56.3(良)
18年1月06日 1:55.3(良)
--------------
今回注目したい◎ヒラボクラターシュが出走した前走500万下は、馬場差を考慮しても今年行なわれた同条件のレースの中で断トツに速い。
デビュー2戦目(2着)で1:53.2(稍)という時計をマークしたヒラボクラターシュは、先々の活躍が楽しみな好素材だ。


☆中山5R・結論☆

◎ 6ヒラボクラターシュ
〇10ゲンパチカイナル
▲11プレシャスリーフ
☆ 4フェンドオフ
△ 1キタノユウキ


【単勝】6(1点)
【馬単】6⇔10,11,4,1(8点)
【3連単/フォーメ】6,10⇒6,10⇒11,4,1(6点)
【3連単/フォーメ】6,10⇒11,4,1⇒6,10(6点)


以上、

皐月賞はホッカイドウ競馬からの移籍馬ダブルシャープと、ダート血統のタイムフライヤー(タイムパラドックスの甥)の応援馬券を買ってみようと思います!

6号でした。