覆面馬主2号の予想

【VIP】相馬眼の2号 クイーンC/小倉10R あすなろ賞の予想

降雪による競馬開催への影響が予想されるため土曜東京開催が行われるかは不透明な状況だが、そのまま土曜に行われても、月曜にスライドしても、はたまたダート変更で行われようとも◎○2頭による一騎打ちは変わらないだろう。

クイーンCの結論を述べる前に昨年12月の阪神JF時に私がどのような結論に至っていたのか、今一度確認してもらいたい。

--------------------------
13ダノンファンタジー
[馬体]「◎」1頭だけ古馬と間違えるほどの完成された馬体。逆に古馬になってグンと伸びるタイプではない。

11ビーチサンバ
[馬体]「○」胴長の造りで長い距離もラクラクとこなせる。母の血が強そうだ。

9クロノジェネシス
[馬体]「○」線はまだまだ細い。それで走るのだから今後さらに伸びる馬。

《阪神11R 阪神JFの結論》
◎13ダノンファンタジー
○11ビーチサンバ
▲9クロノジェネシス
--------------------------
【VIP】相馬眼の2号 阪神JFの予想より一部抜粋

阪神JFでは上位評価3頭に以上のような評価を下していた。

そして2月のクイーンCを迎えても◎11番ビーチサンバ、○9番クロノジェネシスの2頭の評価は変わらずに高いままだ。阪神JF上位陣を脅かすような競走馬は中々出てこなかったとも言える。

◎ビーチサンバは父クロフネ、母フサイチエアデールの超良血馬。加えてダービートレーナーの友道師が管理、オーナーは金子真人HDとなればケチのつけようがないプロフィールだ。

阪神JFでは外2頭の決め手に結果的に屈したワケだが、同レースでは位置取りの差、通ったコースの差も大きかったと考えている。○クロネジェネシスに対して勝負付けは済んでいないだろう。

その馬体はクロフネ産駒にしては実にすっきりとしたつくりで胴、四肢ともに長い。

母フサイチエアデールは牝馬にしては実に胴が長い競走馬だったが、母のいいところを引き継いでいるのだろう。距離はマイルからオークスまで問題なく対応できる。現状、まだ華奢に映る部分もあるが、それだけ伸び代があると捉えている。

対する○クロノジェネシスは父バゴ、母父クロフネの組み合わせ。

おそらくバゴ産駒牝馬の最高傑作になれる1頭だ。

父バゴは綺麗に見える馬体ではなかったが、コンパクトながら詰まるところは詰まり、全体のバランスも優れた姿は母父クロフネが馬体に影響を及ぼしていると考えている。

全体の線の細さが段々と解消すれば今後は名マイラーとなれるかもしれない。

◎○以外の2頭は能力、馬体で2頭より劣ると現状考えている。

ともにまだまだこれからの2頭だが、今回は現時点の完成度で若干上回る◎ビーチサンバから○クロノジェネシスへ馬単1点で勝負してみたい。

《東京11R クイーンCの最終結論》
◎6ビーチサンバ
○9クロノジェネシス

【馬単】6→9(1点)


自信の1鞍は小倉10Rのあすなろ賞を取り上げたい。

ここは紅一点ながら出走馬の中で最もつくりがしっかりしている◎3番カセドラルベルに期待してみたい。

長い四肢、ハーツクライ産駒にしては胸前、トモともにガッチリしたつくりを思えば、未勝利を勝った阪神が最良の舞台に思えるが、スピードに優れること、前向きな気性の両面から小倉の舞台も悪くはないだろう。

2番アスクフラッシュの出方をうかがいつつ、直線でアスクを目標とするような競馬ができれば十分頭まであっていい。

馬券は同馬の単勝で勝負。

《小倉10R あすなろ賞の最終結論》
◎3カセドラルベル

【単勝】3(1点)


おまけの1鞍は京都9Rのこぶし賞。

ここは母父の血が強く出た◎6カヌメラビーチで勝負。
将来的には1400m前後が向きそうだが、3歳2月の時点ならマイルでも十分勝負になる。勝ち切れないマイネルウィルトスに支持が集まるなら同馬の単に妙味がある

《京都9R こぶし賞の最終結論》
◎6カヌメラビーチ

【単勝】6(1点)