覆面馬主11号の予想

【VIP】インパチの11号 オーシャンS/チューリップ賞/潮来特別の予想

チューリップ賞は阪神JF組のワンツースリーが出走するのだが、ご存知のように同1着と2着はクラブ馬である。先週のイベント予想のお題目ではないが、やはりクラブ馬の存在感が目立っている。

しかし、一方の弥生賞。

こちらは現時点で皐月賞の出走ボーダーラインを超えているようなクラブ馬の出走はない。クラブ馬のオブセッションもリビーリングも現時点で賞金的に皐月賞は厳しい現状だ。

もちろん、今後のトライアルでこのあたりは変わってくるのだろうが、ともかく弥生賞に一定以上の賞金を稼いでいるクラブ馬は出走しない。

ちなみにこれ、各クラブ側の考えというよりは、現状の牡馬路線の「状況」がもたらした結果と考えていい。現時点の3歳牡馬の収得賞金1900万以上の19頭のうち、クラブ馬は4頭しかいない。ほとんど惨敗状態。

一方、牝馬は収得賞金1000万円以上の21頭のうち、12頭を占めている。特に上位4頭はサンデーレーシングとシルクレーシングで独占。牡馬に比べて寡占率は圧倒的だ。

そもそも、クラブ馬に出資していような人もダービーを夢見ている人は少なくないと思うが、第一候補として牡馬に出資している人は、現状の結果に全く満足していない状況だろう。しかも、その後の将来を見据えた上でも「現時点の成果」を目安と考えているはずで、今の時点の能力で今後の将来性を推し量ることもしているはずだ。正直なところ、明るい絵を描いている人は少ないのではないだろうか。

「大手の一口に出資すれば大丈夫」と言っていた知人もいたが、果たして今の状況をどう思っているのか。ともかく、ダービーを目指した一口勢は今のところ、ただただ厳しい状況にあるのは間違いないと思われる。


ということで、今週からクラシック近づく3月。

早速、土曜日の予想をスタートだ。

土曜日は重賞「チューリップ賞」と「オーシャンS」の2戦。加えて【自信の一鞍】の予想。

そして、【自信の一鞍】は中山9Rの「潮来特別」を選択する。

ここは【◎】をウインヴォラーレに打つことにした。

中山の芝2500mは基本的に走る馬だと思っていい。昨年も同じレースに出ているので、基本的にはこのクラスで頭打ちの印象も拭えないが、同時に現級の上位安定勢力でもある。

前走は3着に敗れているが、それは輸送が影響していただけのこと。地元の関東圏なら2走前から5走前まで連続2着という成績が示すとおり、しっかりと走ってくる。幸い叩き3戦目で状態はさらに良くなっているみたいなので、今回はかなり楽しみな一戦になると思われる。

あとは鞍上の松岡騎手が、しっかりと勝たせるだけの馬だろう。

中山9R・潮来特別
◎08ウインヴォラーレ
○10ショパン
▲06サンデームーティエ
☆03エスティーム
△09バラダガール

買い方
【馬連/流し】8-10,6,3,9(4点)

◎=○ 6000円
◎=▲ 5000円
◎=☆ 4000円
◎=△ 3000円

計18000円、インパチ!

あと、ここは3連複も軽めに押さえておく。
【3連複/流し】8-10,6,3,9(6点)


続いて、重賞予想。

【オーシャンS】

【記者◎支持率】
15レーヌミノル(27.0%)
04ビップライブリー(13.2%)
13ナックビーナス(12.6%)
08リエノテソーロ(8.6%)
03アルティマブラッド(6.9%)
12ラインスピリット(5.2%)
16ロードクエスト(5.2%)
09ネロ(4.6%)
07キングハート(4.0%)
10ダイメイフジ(4.0%)
01フミノムーン(3.4%)
11スノードラゴン(3.4%)
05ジューヌエコール(1.1%)
02ラインミーティア(0.6%)
06ブレイズアトレイル(0.0%)
14エポワス(0.0%)

「記者◎支持率」で1番人気は桜花賞馬でマイルCSも4着のレーヌミノル。
距離が延びると成績を落としてきた傾向のある馬だけに、この距離はベストと思われている様子だ。また2位は一連の競馬からビップライブリー。

ということで、ここで【◎】はレーヌミノルに打つことにした。

やはり、素直に実績を信頼するとこのメンバーでは一枚上手ではないだろうか。また、距離が短くなるのも成績から考えて問題ナシ。結果を出して今後のGIレースに臨む公算は大きいと判断する。

(結論)
◎15レーヌミノル
○04ビップライブリー
▲08リエノテソーロ
☆10ダイメイフジ
△13ナックビーナス
△03アルティマブラッド
△05ジューヌエコール

買い方
【馬連/流し】15-4,8,10,13,3,5(6点)

配分
◎=○ 5500円
◎=▲ 4500円
◎=☆ 3500円
◎=各△ 1500円

計18000円、インパチ!


【チューリップ賞】

【記者◎支持率】
05ラッキーライラック(49.1%)
09リリーノーブル(23.1%)
04マウレア(9.2%)
10サラキア(8.7%)
03スカーレットカラー(4.0%)
08シグナライズ(3.5%)
07サヤカチャン(1.2%)
02カレンシリエージョ(0.6%)
06レッドランディーニ(0.6%)
01ウインラナキラ(0.0%)

「記者◎支持率」はご覧の通り。阪神JF組が上位。やはり、それ以外の組で前走を勝っているのが新馬勝ち直後のサラキアというメンバー構成である以上、実績馬に人気が集まるのは仕方ないのだろう。ここは順当にラッキーライラックが勝つと思われる。

ということで、【◎】を打つのはラッキーライラック。3戦全勝でGI馬という実績を評価する。本番の桜花賞に向けて順当に駒を進めるのではないだろうか。

(結論)
◎05ラッキーライラック
○09リリーノーブル
▲10サラキア
☆04マウレア

買い方
【馬連/流し】5-9,10,4(3点)

配分
◎=○ 7000円
◎=▲ 6000円
◎=☆ 5000円

計18000円、インパチ!

ということで、VIP予想は以上。

土曜日の【太鼓判】&【イベント】も朝イチから予想しているので、そちらもどうぞ。

【太鼓判】
阪神1R
阪神2R
阪神6R

など。
以上、インパチ11号!