覆面馬主1号の予想

【VIP】血統の1号 皐月賞/アンタレスS/中山8R 袖ケ浦特別の予想

どうも!覆面馬主1号です!

いやはや、今日のアーリントンカップ、酷い結末だったなー。上位人気の馬の状態どうだったんだろ。
ちょっとおかしい位走らなかったので、やや心配だよ。
競馬は、不可解なこともおおいにあるな。
特に、3歳のこの時期、どの馬も成長しているから、前走が大凡走でも、大きく巻き返すことがある。こういうパターンは荒れるわな。
完敗です。

さて、気を取り直して、明日は、皐月賞!
クラシックの1冠目だ。

昔から、「皐月賞は、一番速い馬が勝つ!」と言われている。ダービーが強運の馬。菊花賞が、強い馬。
こんな言い方は、平成も終わりそうな今時としては、古臭いような気もする。

でも、実際のところ、皐月賞は、速い馬が勝つ!は、正しいような・・。

昨年のエポカドーロ7番人気、一昨年のアルアイン9番人気、その前、ディーマジェスティ8番人気。
まあ、今思えば、確かにどれも「速い馬」だよな。

ちなみに、昨年は、のちのダービー馬ワグネリアンが、5着。
一昨年は、これまた後のダービー馬レイデオロが、5着。
その前は、ダービー馬マカヒキは、2着だった。

今年断然人気のサートゥルナーリアの兄、エピファネイアも、皐月賞では、より速いロゴタイプに2着に負けているし、兄リオンディーズも、5着に負けた。

確かに、コーナー4回で、時計も1分57ー58秒台が勝ち時計となるので、これまでスローで上りだけ決めて勝ってきていた馬には、届かないレース、キツいレースになるわけだ。

サートゥルナーリアは、データだけで見ると、レイデオロに被って見えて仕方ない。
おそらく順調にいけば、ダービーを勝つのは、サートゥルナーリアだと思うが、皐月賞は、馬券圏内も外す危険性があるような気がしてならない。
という話も聞くが、どうだろうか。
ここまで3戦、負かした相手も、正直弱いし、時計もたいしたことない。
皆が言う、勝ちっぷりとか、器とかは、皐月賞というギリギリのスピード勝負には向かないとも言えないことはない。

で、オレの本命だが・・・・

今回、難しいね。上位人気馬たちに、色々と不安材料がある。

まず、サートゥルナーリア。

年明け初戦の馬は、皐月賞過去一度も勝っていない。
多頭数の競馬をやってない。
速い時計の競馬の経験がない。
この一族、中山2000m戦、取りこぼしが多い。

アドマイヤマーズ。

ダイワメジャー産駒は、2000mの重賞を一度も勝っていない。
1番枠、引っ掛かる気性のこの馬にとって、下手したら行ってしまう。

ダノンキングリー。

戸崎騎手が絶不調で、中山の芝のレース、全然勝てていない。
重賞でのパフォーマンスも悪い。
調教の過程が、やや変則。

どうなんだろ?難しいね。どのファクターを取って、どこに目をつぶるか・・。

で、オレの本命だが・・・

◎12サートゥルナーリア

まあ、狙いは、明らかにダービーだと思うんだけど、能力の絶対値が違い過ぎる感がある、というのが本命の理由。
過去三戦を見ると、この馬、全て、内に入れる競馬をデムーロが敢えてさせてきている。
これ、おそらくだが、この血統に特有の行きたがる癖の修正の為だと思う。

だから、レースのペースに合った時計しか出ていないのは当然。
つまり、最後にちょこっと抜け出す競馬しかしていないため、時計が出る訳ない。
だし、競馬は、時計がどれだけかかろうが、勝てばよいので、まず時計の点は、
全く問題ない。
それから、年明け初戦で勝った馬がいない、という点だが、ここ最近の傾向からしてアーモンドアイやグランアレグリアなどみるに、おそらく、この馬には関係ない。
むしろ、フレッシュな方が走る位に考えていいような気がしている。

そして、多頭数の競馬が初めてという点だが、そこは、名手ルメールが鞍上なのでまあ、5ー7番手あたりに付けて、外から楽に差すんじゃないだろうか。

アドマイヤマーズや、ダノンキングリーよりも、一枚上の超S級であることは間違いない。
それに、この馬、ロードカナロア産駒だが、距離云々は、全然関係ない気がしている。

◎12サートゥルナーリア
〇4 ダノンキングリー
▲8 ニシノデイジー
☆11ラストドラフト
☆2 サトノルークス
△10シュヴァルツリーゼ
△1 アドマイヤマーズ
△9 メイショウテンゲン
△6 クラージュゲリエ
穴15クリノガウディ
穴16タガノディアマンテ

でまあ、相手なんだけど、ダノンキングリーかな、とは思うがね。三連勝中だし。
ストームキャットが母父のディープインパクト産駒は、まさにニックスで、走るパターンの血だが、トリッキーな中山のスタミナ比べみたいな競馬が向いているかは怪しい。ただ、共同通信杯のラップは、凄まじく優秀で、これが勝つ可能性はある。

狙いたいのが、ニシノデイジーで、ここ二走は極めて不利な状況の競馬を強いられていて良馬場で、この枠なら勝浦騎手が意地を見せる可能性があると思う。人気もないし。
それと、ラストドラフトも前走が可哀相な競馬。これも良馬場できっちり折り合えれば、時計勝負も可能そうだ。
あと、前付けして速い脚が使えそうなサトノルークス。

だが、まあ、サートゥルナーリアがどういう勝ち方をするか見るレースな気がする。

馬券は、単勝、馬単で、〇▲☆☆へ。

三連系の馬券は、以下のフォーメーションで。

1着・・・◎
2着・・・〇▲☆☆
3着・・・〇▲☆☆△△△△穴穴

これで、三連単を買う。
単勝1倍台の馬から買うので、トリガミには注意せねばならない。が、まず勝つと思うよ。

アンタレスステークス!

明日の阪神は、雨予報も出ていて、馬場が湿って速くなる可能性が高い。そして、速い時計の決着になる可能性も高い。
逃げ先行勢が、内枠に揃い、ペースも上がるはず。
ここは差し、追い込みが決まると踏んで、こういう印にした。

◎5 ナムラアラシ
〇10ウェスタールンド
▲14ヒラボクラターシュ
☆1 グリム
☆3 ロンドンタウン
△1 ピオネロ
△16クロスケ
△2 テーオーエナジー
△9 アナザートゥルース

ナムラアラシは、阪神ダートの鬼で、ハマれば物凄い脚で追い込みを決める。
ここ数戦、距離延長のレースが多く、不発も目立つが、二走前のアルデバランステークスは上り36秒5の最速タイムで、追い込み2着。この時が58キロ。今回は、56キロだし、脚抜きが良い馬場なら、一気に人気馬を差し切る可能性があるとみた。
人気がないので、狙ってみたい。

相手は、同じ追い込み系のウェスタールンド。チャンピオンズカップの鬼脚からして、ここもきっちり差してくるはず。

馬券は、単複、馬連、馬単。それと、◎ー〇▲へのワイド。

三連系の馬券は、以下のフォーメーションで。

1着・・・◎
2着・・・〇▲☆☆
3着・・・〇▲☆☆△△△△

これで、三連複、三連単を買いたい。

続いて、自信の一鞍!

中山8レース!

◎12セイウンリリシイ
〇11ショウナンマッシブ
▲1 シセイヒテン
☆6 ヴェルスパー
☆10ハーグリーブス
△4 リードザウインド
△2 シゲルベンガルトラ
△3 ビヨンジオール

このレース、大外に入ったセイウンリリシイが、何が何でも逃げたいと先手を主張できそう。
この馬、とにかくテンが速く、このメンツなら、まず逃げられるし、前半速くなりすぎなければ、まず残せるはず。
追い込み馬が不発に終わるパターンにハマると思っている。
母系がカロ系のインディアンチャーリーで、ここから爆発的なスピード特性が来ている馬。今日、初日が出た勝浦騎手に自信を持って逃げてもらいたい。

馬券は、単複、馬連、馬単。

三連系の馬券は、以下のフォーメーションで。

1着・・・◎
2着・・・〇▲☆☆
3着・・・〇▲☆☆△△△

これで、三連複、三連単を買いたい。

以上。