覆面馬主1号の予想

【VIP】血統の1号 中山牝馬S/中京10R フローラルウォーク賞予想

どうも!覆面馬主1号です!

ひと雨ごとに暖かくなる、とはよく言ったもの。
この時期は、低気圧が頻繁にやってくるから、よく雨が降り、次第に気温が上がっていく。

春が近づくこの時期、まあ忙しいんだよね、年度末で。
とはいえ、競馬の予想は、欠かせないから、ますます時間がなくなる今日この頃だ。

さて、明日は、中山牝馬ステークス!

毎年、4歳、5歳、6歳の牝馬が激突する名物レースだが、これがまた荒れるんだよな。
10年間で、1番人気は、1回しか勝ってないし、2番人気は一度も勝ってない。
ここ8年は、勝ち馬は、4歳か5歳。4歳が3勝、5歳が5勝。

そして、時計勝負にはならないから、最後にラップをまとめた馬が勝つ。これもまた予想を難しくする要因だ。
つまり、ほぼ全ての馬にチャンスがある感じ。

メンバーを見ると、逃げたい、もしくは先行したい馬が結構そろったね。
カワキタエンカは、昨年逃げてこのレースを勝ってるから、是が非でも逃げたい。
それに、クロコスミア。これまた逃げないと味がないから、逃げたい。

加えて、ノームコア、ミッキーチャームの4歳馬、人気の2頭も先行押し切り系の競馬が好きだから、これは、なかなかのハイペースになるのかな。
とはいえ、昨年はカワキタエンカがスローの逃げを決めたので、どうなんだろうか。
逃げ、先行馬が揃ったからといって、ハイペースになるとも限らないからな。

難しいが、ある程度流れる(ペースが速くなる)を前提に予想したいと思っている。

◎11フローレスマジック

前走のターコイズステークス、11着だが、コンマ4秒差。この11着が響いて、人気はないはず。
そもそも、この血統、姉ラキシス、兄サトノアラジンもそうだが、古馬になってどんどん力を付けていく、いわゆる晩成型の血筋。
3歳時は、クラシック戦線で、クイーンカップ3着、フローラステークス3着、オークス6着と、今一つ弾けなかった。
が、オークスなんかでも、4着がディアドラ、5着がリスグラシュー、この2頭は、すでにG1勝ちを決めている。
リスグラシューとは、アタマ差だから、この時点で実力差は、さほどなかった。

その後、フローレスマジックは、条件戦を勝ち上がっていき、前々走準オープンを勝ち晴れてオープン馬に。
ちなみに、姉ラキシスも、5歳になって大阪杯を勝っているし、兄サトノアラジンは、6歳になって安田記念を勝っている。

フローレスマジックは、ここ7戦、ルメールがまたがり、競馬をきっちり教え込んできた。
1800mで、前が速くなれば、一発あると思っている。

奥手の血がぼちぼち開花し始めるタイミングを狙って、ここは、先物買いの本命としたい。

◎11フローレスマジック
〇8 レイホーロマンス
▲9 ウラヌスチャーム
☆2 ノームコア
☆13ミッキーチャーム
△14ワンブレスアウェイ
△1 アドマイヤリード
△10デンコウアンジュ

相手は、更に穴目のレイホーロマンス。愛知杯は、7着だが、さほど負けていないし、苦手なスローで追い込んだ末脚は、健在。
混戦になれば、ズドンと来る可能性もあるとみて、対抗に。

次が、人気の4歳馬たち、3頭。
だが、トリッキーな中山コース、どこで脚を失くすか、分からないから、平穏には絶対ならないはず。

馬券は、単複、馬連。それと、◎から〇▲☆☆へのワイド。

三連系の馬券は、以下のフォーメーションで。

1着・・・◎
2着・・・〇▲☆☆
3着・・・〇▲☆☆△△△

これで、三連複、三連単を買いたい!
ハマれば、凄い馬券もあり得るね。

続いて、自信の一鞍!

中京10レース!

◎7 サダムゲンヤ
〇1 ピースワンパラディ
▲5 トロイメント
☆6 マイネルウィルトス
☆9 ミッキースピリット
△4 レースガーデン
△11エイカイキャロル

ここは、サダムパテック産駒のサダムゲンヤから狙ってみたい。

この馬、馬体といいレースでの走り方といい父にそっくりで、荒々しさ満点。
前走の未勝利戦、抜け出して遊んだため、ハナ差勝ちだが、まあ楽勝は楽勝。

サダムパテックは、フジキセキが残した名マイラーで、最後に勝った重賞が中京記念。
そう、中京のマイル戦だ。

息子も左回りの方が合うという陣営の声もあり、ここも、好位から抜け出す競馬が出来れば、勝ち負け出来るはず。

相手は、勝ちっぷりが素晴らしかったピースワンパラディ。

馬券は、単複、馬連、馬単。

三連系の馬券は、以下のフォーメーションで。

1着・・・◎
2着・・・〇▲☆☆
3着・・・〇▲☆☆△△

これで、三連複、三連単を買いたい!