覆面馬主1号の予想

【VIP】血統の1号 日経新春杯/中山9R 黒竹賞の予想

どうも!覆面馬主1号です!

本日は、イベントの太鼓判と、通常の太鼓判が一つ、完璧な予想で、きっちり取れたから、まあよしとしよう!
フェアリーステークスも、グレースアン、勝ったかと思ったが、中山のゴール前は、ドンデンがあるね。

さて、明日は、三日競馬の二日目。
京都で、日経新春杯がある!

この開催、イベントのテーマにもなってる難解な京都コース。

とんでもない追い込み馬が、外から来ると思えば、大外枠の馬が突然逃げて、そのまま逃げ切ったり・・。意外と内も伸びたりするんだから、ほんとよく分からん。

ただ、ひとつ言えるのは、持ち時計で馬券を買ってはいけない!ということかな。
そもそも、持ち時計主義の人が、よくやる間違いは、馬場、コース、その時の風向き、ペースなど、総合的に判断しない点。
ジャパンカップの日前後の東京コースの時計は、速くてもあてにならないしね。

じゃあ、何で京都攻略したらよいか・・・。

土曜の芝のレースで、勝った馬の父は、以下。

ハービンジャー、エイシンフラッシュ、クロフネ、ダノンシャンティ、ダイワメジャー。

まあ、バラエティに富んでいて、難しいね。
ちなみに、京都イベント予想で、的中させたクロフネの仔、エメラルファイトだが、酷い馬場で行われた札幌2歳ステークスの4着馬。
確実にパワーがあり、心肺機能が高い馬でないと、今の京都コースは、勝てない。

で、日経新春杯。

オレの本命は・・・

◎10ルックトゥワイス

2400mのスタミナ勝負に強い、ステイゴールドが父で、母系が更にスタミナ系。
母父が、アルザオ。
アルザオといえば、ディープインパクトの母、ウインドインハーヘアが有名。
アルザオからリファールと続くこの血脈は、スピードもスタミナも兼備した馬を出す優れた母系だ。
ちなみに、昨年の勝ち馬、パフォーマプロミスも全く同じローテで、ここに臨んでいる。

◎10ルックトゥワイス
〇16ムイトオブリガード
▲12メイショウテッコン
☆2 グローリーヴェイズ
☆5 シュペルミエール
△6 サラス
△11ノーブルマーズ
△8 ウインテンダネス
穴15ロードヴァンドール

相手筆頭が、ムイトオブリガード。ここに来てかなり本格化した感があって
崩れるイメージがない。
鞍上も川田騎手で、京都コースなら信用出来るだろう。
人気になりそうなグローリーヴェイズだが、血統的にみると、ややスタミナに疑問があり、菊花賞5着だが、軽視する。
むしろ、メイショウテッコンの方が、今の京都には合っていると思うね。

大穴は、逃げるロードヴァンドール。昨年の2着馬。

馬券は、単複、馬連、馬単。

三連系の馬券は、以下のフォーメーションで。

1着・・・◎
2着・・・〇▲☆☆
3着・・・〇▲☆☆△△△穴

これで、三連複、三連単を買いたい!

続いて、自信の一鞍!

中山9レース!

◎12デアフルーグ
〇2 ダイシンインディー
▲5 ポートロイヤル
☆10プレステッツァ
☆8 ロークアルルージュ
△4 ロダルキラー
△16ブラックウォーリア
△13シュバルツバルト

本命は、デアフルーグ。この馬、新馬戦のパフォーマンスが秀逸!
血統も父がベーカバドで、母父がフレンチデピュティ。
そもそも、この母系が優秀で、ショーム、パイルーチェなど、兄、姉も良く走っている。

ベーカバドは、ケープクロス→グリーンデザート→ダンジグと続く血で、時々大物を出す感があり、この仔は、そのパターンではなかろうか。

相手は、ダイシンインディ。この馬も、未勝利勝ちが圧巻で、明日も4回コーナーがある中山1800mで、息が入れられれば、相当走る。

馬券は、デアフルーグの単複、馬連は、◎から〇▲☆☆へ。馬単は、オッズをみて全ての馬へ。

三連系の馬券は、以下のフォーメーションで。

1着・・・◎
2着・・・〇▲☆☆
3着・・・〇▲☆☆△△△

これで、三連複、三連単を買いたい!

一応押さえで、◎ー〇の二頭軸から、相手6頭の三連単マルチも少額買いたい。

以上。