覆面馬主1号の予想

【VIP】血統の1号 ヴィクトリアマイル/東京3R 3歳未勝利予想

どうも!覆面馬主1号です!

今、このコラムを読んでる読者の多くが、いわゆる「ギャンブル依存症」なのかもしれない。
どれくらいのめり込むと「依存症」と言われるのか、そのあたりは曖昧だが、脳がその快感を望み続け、もはや止めることが出来なくなっている状態、それが「依存症」なのだと思う。

オレも、確実にそうだ。

フランソワーズ・サガンも、ドストエフスキーも、ギャンブル依存症だった。

サガンは、デビュー作「悲しみよ、こんにちは」が大ヒットし、当時の金で約360億円も稼いだ。
その後、カジノにハマり、「8」の数字ばかりに張り続け、あっという間に破綻した。

ドストエフスキーは、ルーレットにのめりこみ、瞬く間に全財産を失い、更には莫大な借金をした。

貧乏に喘ぎながらも、ギャンブルをやめられなかった彼は、書いては稼ぎ、そして、ルーレットですった。

自らが泥沼に落ちていくさまを、「賭博者」という小説にまでしている。

そういえば、織田作之助の書いた「競馬」という小説で、主人公が「1」の馬ばかり買い続けるという話があるが、ある数字に取りつかれてしまう不可思議な現象も古今東西よくある話なのかもしれない。

以前、7号と競馬場に行った際、オレと奴の誕生日の4桁の数字は、0と1と2と9で、何故か共通だった。
誕生日は全然違うのに、使われている数字は、同じ。

「今日は、アニキ、1,2,9の三連単ボックスを買い続けてみっか。」
と奴が言うから、4レース目くらいまで買っていたが、全然かすりもしないので、やめた。

3頭ボックス6点に500円ずつ。1レースで3000円。

すると、7レース目くらいに、1→9→2という目が出現、三連単の配当は、98万馬券だった。
続けていたら、500万ずつ勝ってたことになる。

「あーーー、でもまあ、こんなんで当てても気持ち良くないか。」

7号は、涼しげにそう言ってたので、こいつの価値観は、面白いな、普通の奴なら、500万地団駄踏んで悔しがるだろうにな、って思った。
オレも、こういうのは、あまり悔しくない。

絞って買った、8倍の馬連1点、1万円、これが外れたら異常に悔しいが、当てずっぽうの500万は悔しくない。

サガンは、カジノに行ったその日に、ルーレットで8番が大当たりし、何億円も大勝ちしたのが地獄の始まりだったと聞く。以降、8番ばかりを買い続け、破滅した。

ギャンブルにハマるのは良いが、数字にハマるのは、怖いのかもしれんな。

7号的に言うと、競馬にハマるのは良くて、ギャンブルにハマるのは、イマイチ、さらに数字にハマるのはもっと最悪って事になる。

さて、競馬にハマろう!
明日は、ヴィクトリアマイル!

マイルの女王決定戦だ!

このレース、とにかく毎年のように大荒れ模様で、馬券は難しい!

では、なぜ難しいんだろうか???
それは、東京マイル戦の傾向だけを重視して馬券を買えないからである。
つまり、毎年、良い感じの人気馬が、馬群の沈んでしまうのは、東京マイル戦のパターンに合致しないからだ。

でもって、その傾向なんだが・・・

■とんでもなく、リピートレースである。なので、昨年のこのレースの馬券圏内馬は、要注意だ。ここ数戦凡走している馬ほど要注意。

■4歳馬で、昨年の牝馬クラシックで成績が安定していた馬は、要注意。

■高速決着になるため速い時計への対応が可能なスプリントレースで好走している馬は要注意。

■ハイペースのマイル戦で、上り最速で好時計勝ちがある馬は、要注意。

これでいくと、以下の馬が該当してくる。

アドマイヤリード、デンコウアンジュ、ジュールポレールは、昨年の当レースの1ー3着馬。
アエロリット、リエノテソーロは、昨年のNHKマイルカップ高速決着、1、2着馬。
スプリント系で、レッツゴードンキ、クラシック系でリスグラシュー、ミスパンテール。
マイル戦ハイペース勝ち馬で、デアレガーロ。

この中から、勝ち馬が出そうな気がしている。

ただ、昨年のヴィクトリアマイルは、高速決着ではなく、どちらかというとパワー決着だったから、微妙かもしれないな。
また、リスグラシューもミスパンテールもスローめなレースしかやってないから、ちょっとどうかと思う。

でもって、オレの印は、こんな感じになった。

◎15デアレガーロ
〇10アエロリット
▲6 レッドアヴァンセ
☆16リスグラシュー
☆11アドマイヤリード
△4 ジュールポレール
△17デンコウアンジュ
△2 ミスパンテール
△14リエノテソーロ


本命は、デアレガーロ。
かなり人気ないが、遅れてやってきたマンカフェ牝馬。ここへきての成長は著しく、前々走の市川ステークスでは、中山のマイル戦で、上り33秒3で、好時計勝ち。
ほぼ届かないような所から、飛んできた!

これを、東京でそのままやってくれれば、31秒台後半くらいの時計になりそう。

相手は、アエロリットとレッドアヴァンセ。この2頭は、高速決着に向くタイプ。好戦は確実で、崩れにくいと思う。

大穴は、リエノテソーロで、東京マイルのNHKマイルカップの末脚は強烈だった。
あの時以来の、東京マイル戦。
しかも同じ14番枠で、不気味だ。

馬券は、単複、馬連、馬単、三連系は、以下のフォーメーションで。

1着・・・◎
2着・・・〇▲☆☆
3着・・・〇▲☆☆△△△△

これで、三連複、三連単を買う。

デアレガーロが頭だと、三連単の買い目の中には、700万馬券もあるから楽しみだよな。

三連単は、押さえで以下も少々。

1着・・・〇▲
2着・・・◎〇▲☆☆
3着・・・◎〇▲☆☆△△△△

続いて、自信の一鞍!

東京3レース!

◎11レッドラフェスタ
〇10デルマウオッカ
▲5 キングジョーカ
☆6 トーセンヴィガー
☆2 ベストインパクト
△8 エンチャントメント
△4 シバノモスキー

レッドラフェスタは、オルフェーヴル産駒の牝馬で、脚力は未勝利馬のそれではない。
勝つのに3戦も要しているのが謎だが、ここは確勝とみた。
4度目の正直で、鞍上はルメールだ!

馬券は、単勝と馬単、1着固定の三連単を以下のフォーメーションで。

1着・・・◎
2着・・・〇▲☆☆
3着・・・〇▲☆☆△△

単勝が、150円以上つけば、単勝に思い切りぶち込みたい。