藤田伸二の見解・予想

【藤田伸二の金言】今年の七夕賞はマイネル軍団が鍵を握っとる

今週は七夕賞とプロキオンSや。どちらも現役時代に勝ったことのないレースやし、正直なところ思い入れはほとんどない。何を書けばええんやろ?(笑)

まず先週から振り返ると、ラジオNIKKEI賞はコーヘイ(松山騎手)が乗るメイショウテッコンの勝利。個人的にはバヤシコ(小林徹弥騎手)が乗るケイティクレバーを応援していたんやけど、ハナを切れないと厳しい馬なのかもしれんね。

レースは開幕週らしく、前に行った馬と内めの枠に入った馬が上位を占めた。もちろん乗っている騎手もそれはわかっとるんやけど、かといって将来のある3歳馬に無理な競馬を強いて今後に影響するようでは元も子もない。目先の結果だけでなく、その先を見据えた「教育」も必要になるんだわ。

七夕賞で言えば、先週とあまり傾向は変わらんとちゃうか? 雨の影響が気にはなるが、開催2週目の馬場やったらそこまで一気に悪くなることもないやろ。良い枠を引いて前めのポジションを取れる馬がエエと思うで。

それと何度か金言で触れてきた「マイネル軍団」についておさらいしたい。要するに「マイネルの馬に乗る騎手の多くは、事前にどんな戦法で乗るかという指示が出ている」ということなんやけど、3頭もおるやん! 前に行きたい馬が2頭、後ろから行く馬が1頭……「示し合わせたようなスローペース」か「後方から進む馬のアシスト」か。今年の七夕賞はマイネル軍団が鍵を握っとるというのが俺の考え方かな。

最後に最近、ちょっと気になることがある。編集部のヤツから聞いたんやけど、美浦を中心にエージェントをつける騎手がどんどん減っとるらしいやん。ノリちゃん、エビちゃん、隼人(吉田騎手)……昔と違って、いまはエージェント制度の弊害で騎手と調教師の関係が希薄になった。そういう意味では、原点回帰じゃないけど昔の状態に戻るのは悪くないことだと俺は思うな。

藤田伸二のツイッターはコチラ(外部サイトへ移動します)
藤田伸二オフィシャルサイトはコチラ(外部サイトへ移動します)