藤田伸二の見解・予想

【藤田伸二の金言】断然の人気馬が回避。この状況での騎手心理とは?

桜花賞はホンマに良いレースやった! 脩(石橋騎手)は最内枠をどう捌くかと思っていたけど、ひとつもケチをつけるところがない騎乗。ルメール(騎手)が乗ったアーモンドアイが強すぎたわ。

そのアーモンドアイは現役時代に俺が乗って札幌記念を制したフサイチパンドラの仔。カタマチボタンの仔(ツヅミモン)も見せ場はあったと思うし、馬券を買ったファンが納得する競馬だったんじゃないかな。ああいうレースを常に見せてほしい!

さて、今週は皐月賞や。

中山芝2000mのコース特徴やけど、言いたいことは大阪杯が行われる阪神芝2000mと大きく変わらない。差し決着が多いのは前に行く馬が多くハイペースになりやすいだけで、距離ロスなく運べる内枠がほしいのが陣営の本音やろうな。

俺はこのレースを勝っていないから深い思い入れもないが、1番人気が濃厚だったダノンプレミアムが出走を回避した。この構図で思い出すのはダイタクテイオーとのコンビで1番人気に支持された1995年の皐月賞。あの年も弥生賞を勝って4戦4勝としたフジキセキが皐月賞を回避。ユーイチの馬(ワグネリアン)が押し出された人気になっているみたいやけど、ファンの立場になれば心配しかないやん……。

ダイタクテイオーで臨んだ当時の心境を話すと、俺自身GIで1番人気馬に乗ったのは初めて。せやけど緊張でガチガチになるってことはなかったよ。フジキセキ以外にナリタキングオーという有力馬もいたけど、出走を取り消した。そんな背景があって押し出された人気やったからプレッシャーをあまり感じなかったというのが正直なところや。

それと騎手心理で考えたとき、騎手が騎乗馬のオッズを気にすることはほぼないと言い切れる。仮に気にしたところで意味ないやんか? レースが終わって「なんでこんな人気してたん?」とか「人気なさすぎやろ!」と思うことはあるけどね。俺が「GIを勝てる馬」と思っとったヒルノダムールなんて天皇賞(春)で7番人気やで? せやから騎手がオッズを気にする意味なんてあらへんよ。

最後に、脩が主戦を務めるラッキーライラックはオークスでもコンビ継続が決まったらしい。名コンビと言える人馬がたくさん出てくると競馬界も盛り上がると思うんやけどね。だからこそバヤシコ(小林徹弥騎手)がデビューからずっと乗っていたケイティクレバーは応援していたんだが……アイツの性格からして、あんな半人前調教師の戯言に振り回されるぐらいなら二度と乗らないんとちゃう? ワケのわからん乗り替わりばかりやっとったらファンの気持ちがどんどん離れていってもオカシないで。

藤田伸二のツイッターはコチラ(外部サイトへ移動します)
藤田伸二オフィシャルサイトはコチラ(外部サイトへ移動します)