覆面8号の重賞データ室

函館スプリントS・出走馬ランキング!

2018年
函館スプリントS

データの8号です。
函館スプリントSのデータ分析(平日版)をご案内します。


■函館SS「出走馬ランキング」


142.9 ナックビーナス
123.6 キングハート
123.6 ダイアナヘイロー
118.8 ラインスピリット
115.5 セイウンコウセイ
109.1 ライトフェアリー
102.7 ワンスインナムーン
102.7 ノボバカラ
99.4 ティーハーフ
94.6 ジューヌエコール
93.0 ラインミーティア
88.1 ノットフォーマル
86.5 エポワス
81.7 アドマイヤゴッド
78.5 ヒルノデイバロー
76.9 タマモブリリアン
62.4 ユキノアイオロス
※登録時点の平日版の評価です。




■推定タイム

「函館スプリントS」推定タイム(良)
1分07秒9

・1分07秒9
ワンスインナムーン

・1分08秒0
ライトフェアリー

・1分08秒2
ティーハーフ、アドマイヤゴッド

※【出走馬ランキング】とは別軸のデータを用いて算出。そのため順位が異なるケースが発生します。主な上位馬を紹介しています。


■【主な注目馬】

現時点の注目馬は、ナックビーナス、キングハート、ライトフェアリー、ラインスピリットの4頭です。

ナックビーナスは高松宮記念で10番人気でしたが3着と好走。前々走オーシャンS2着と同様に好走を見せました。重賞で2度続けて好走。この力は本物でしょう。分析の結果、出走馬ランキングでは最も高い評価となっており、推定タイムも1分08秒4。展開ひとつで十分に勝ち負けになりそうです。

キングハートは前走の高松宮記念10着と振るいませんでしたが、出走馬ランキングでは2位と高評価です。前走の負けを嫌われて少しでも人気を落とすようなら馬券的にオイシイ1頭になるかもしれません。推定タイムもナックビーナスと同じ1分08秒4。チャンスは十分にありそうです。

ライトフェアリーは地方でデビューしたサムライハート産駒。中央に移籍後、徐々に力を付けてオープン入り。出走馬ランキングはそれほど上位ではありませんが、推定タイムは1分08秒0。潜在的なスピードは函館で十分に発揮されるはずです。以前に比べて最近の洋芝は速い傾向ですが、少しでも力を要するなら台頭する確率は十分にあるはず。

ラインスピリットは最近の成績からあまり人気はないと思います。しかし、分析の結果、なかなか侮れない算出値が出ています。洋芝コースは初めてで、どのような適性を見せるかは未知数ですが、穴っぽい一頭であることは間違いないでしょう。

その他、ワンスインナムーンなども爆発力を秘める馬。一発がありそうです。


さて、夏競馬を迎える時期になり、また3歳馬が古馬混合のレースに出走するようになる時期。知名度のある馬が多く出るGIなどと違い、少々予想が難しいレースも出てくるかもしれません。

しかし、そういった時にもデータ予想は十分に活用できるものです。

まずは今週の函館スプリントSでは、上記の4頭に注目してみて下さい。

そして、最終結論は週末のVIPコラムで発表したいと思います。

※現時点の推奨馬
キングハート
ナックビーナス
ライトフェアリー
ラインスピリット


【8号】6月9日と10日のエピローグ(結果)