覆面8号の重賞データ室

大荒れ必至!?1番人気未勝利「データ分析」カペラS!

どうも!
覆面馬主【データの8号】です。

まず先週のデータ分析推奨馬の結果

「ステイヤーズS」
アルバート(1人気1着)
シルクドリーマー(5人気7着)
フェイムゲーム(2人気2着)

「チャンピオンズC」
サウンドトゥルー(2人気11着)
モルトベーネ(13人気13着)
ローズプリンスダム(14人気12着)

続いて、昨年のカペラS、データ分析推奨馬結果

タールタン(4人気4着)
ノボバカラ(3人気1着)
ラテンロック 非出走


カペラSの「データ分析」。

↓↓↓↓↓↓

第10回
カペラS【GIII】
ダート1200m
3歳上OP別定

※2008年以降の過去9年データ
-----------------------------------------

↓↓↓↓↓↓

●傾向

・過去9年の勝ち馬
16年・ノボバカラ
15年・キクノストーム
14年・ダノンレジェンド
13年・ノーザンリバー
12年・シルクフォーチュン
11年・ケイアイガーベラ
10年・セイクリムズン
09年・ミリオンディスク
08年・ビクトリーテツニー

・勝ち馬の人気
16年・3番人気
15年・3番人気
14年・12番人気
13年・6番人気
12年・4番人気
11年・2番人気
10年・3番人気
09年・5番人気
08年・4番人気


1、人気

1番人気(0.1.1.7/9)複勝率22.2%
2番人気(1.1.1.6/9)複勝率33.3%
3番人気(3.2.0.4/9)複勝率55.6%
4番人気(2.1.0.6/9)複勝率33.3%
5番人気(1.0.1.7/9)複勝率22.2%
6番人気(1.0.1.7/9)複勝率22.2%
7番人気(0.3.0.6/9)複勝率33.3%
8番人気(0.0.4.5/9)複勝率44.4%
9番人気(0.0.0.9/9)複勝率0%
10番人気(0.0.0.9/9)複勝率0%
11番人気(0.0.1.8/9)複勝率11.1%
12番人気(1.0.0.8/9)複勝率11.1%
13番人気(0.1.0.8/9)複勝率11.1%
14番人気(0.0.0.9/9)複勝率0%
15番人気(0.0.0.9/9)複勝率0%
16番人気(0.0.0.6/6)複勝率0%

(傾向)
過去9年間、1番人気馬が総崩れ。1頭も勝利を飾っていない。馬券圏内も2頭しかおらず、複勝率は22.2%。
大半が8番人気までで決まっていますが、その8番人気馬が連がらみがないとはいえ、複勝率44.4%と好成績。
人気の盲点となる馬をキッチリと見つけ出し、高配当を手にしたい1戦。


2、配当

単勝1170円
馬連10186.7円
馬単19766.7円
3連複43054.4円
3連単276141.1円

(傾向)

1番人気馬の好走歴からしても想像しやすいですが、配当は大荒れ。馬連平均で万券となっている。ただ、馬連万券決着は2回。3複万馬券は合計7回となっている。馬連で他点数で仕留めるなら、3連系の馬券の方に多く馬券費用を配分したい。


3、前走クラス

1600万下(1.0.0.12/13)複勝率7.7%
OP特別(6.6.5.59/76)複勝率22.4%
GIII(2.1.2.11/16)複勝率31.3%
GII(0.0.0.2/2)複勝率0%
GI(0.0.0.1/1)複勝率0%

地方(0.2.2.28/32)複勝率12.5%

(傾向)

これはこのカペラSに限った話ではないですが、昇級初戦の馬は注意。ダート戦は上のクラスの壁が厚い。今回のレースでみると、前走OP特別組が最も勝馬を輩出しており、続くのが前走GIII組。


4、前走距離

1000m(0.0.0.2/2)複勝率0%
1200m(0.3.2.61/66)複勝率7.6%
1400m(7.5.5.39/56)複勝率30.4%
1500m(0.0.0.1/1)複勝率0%
1600m(2.1.2.10/15)複勝率33.3%
1800m(0.0.0.1/1)複勝率0%

(傾向)

前走1400m組が最も好走数が多い。一方一番出走数はありながらも勝ち馬が出ていないのが1200m組。馬券から切り捨てるほどではないにせよ、頭で狙うのは危険。基本は距離短縮組の中から、馬券検討に入るのがベスト。


5、前走着順

前走1着(3.2.2.23/30)複勝率23.3%
前走2着(2.1.0.11/14)複勝率21.4%
前走3着(0.0.2.6/8)複勝率25%
前走4着(0.1.1.14/16)複勝率12.5%
前走5着(2.1.0.8/11)複勝率27.3%
前走6着(0.1.0.7/8)複勝率12.5%
前走7着(0.0.1.7/8)複勝率12.5%
前走8着(0.0.2.5/7)複勝率28.6%
前走9着(1.0.0.3/4)複勝率25%
前走10着(0.0.0.3/3)複勝率0%
前走11着(1.1.1.3/6)複勝率50%
前走12着(0.0.0.2/2)複勝率0%
前走13着(0.1.0.6/7)複勝率14.3%
前走14着(0.0.0.6/6)複勝率0%
前走15着(0.0.0.5/5)複勝率0%
前走16着(0.0.0.3/3)複勝率0%
前走17着(0.1.0.0/1)複勝率100%
前走18着(0.0.0.1/1)複勝率0%

(傾向)

前走良い着順であることに越したことは無いが、前走2桁着順の馬の好走も目立つのがこのカペラS。特に前走武蔵野Sで二桁着順だったものの巻き返しに成功しているのがのべ3頭。今年は該当馬がいないが、武蔵野Sだけでなく、前走東京ダートだった馬が武蔵野Sを含め4頭巻き返しに成功。


6、馬番

1番(3.1.0.5/9)複勝率44.4%
2番(1.0.0.8/9)複勝率11.1%
3番(0.0.0.9/9)複勝率0%
4番(1.0.1.7/9)複勝率22.2%
5番(0.1.0.7/8)複勝率12.5%
6番(0.0.1.8/9)複勝率11.1%
7番(0.3.1.5/9)複勝率44.4%
8番(0.0.0.9/9)複勝率0%
9番(1.0.0.7/8)複勝率12.5%
10番(0.0.0.9/9)複勝率0%
11番(0.1.2.6/9)複勝率33.3%
12番(0.1.1.7/9)複勝率22.2%
13番(1.1.1.6/9)複勝率33.3%
14番(1.0.1.7/9)複勝率22.2%
15番(1.1.0.7/9)複勝率22.2%
16番(0.0.1.7/8)複勝率12.5%

(傾向)

1番枠の良さが目立つ結果。1番枠の平均人気は8に対して、平均着順5.2。単勝回収率698に、複勝回収率213とかなりの良績。7番枠は複勝率が44.4%あるものの、勝ち馬は無し。ダッシャーワン(1人気6着)サウンドガガ(2人気11着)と人気馬も複数沈没している。


7、危険な人気馬?

1番人気が1頭も勝てていない一戦。2番人気の信頼度も低く、1、2番人気で6着以下となった馬は合計10頭。共通項を探していくと、前走室町SH組が3頭で、前走京都ダート1200mを使っていた馬が6頭と多い。馬齢をみると4歳馬が5頭。500キロを超える馬体重が6頭。ミスプロ系種牡馬が5頭。全てをカバーする共通項はないが、上記傾向を見たうえで本命は慎重に選びたい。



★上記を踏まえて「推奨馬」★

ドリームドルチェ
モンドクラッセ
ブルドッグボス
キクノストーム


他にも気なる馬はいますが、平日の時点ではここまで。
いずれにしても推奨馬の理由や「最終結論」は週末です。

では!

-----------------------------------------