覆面8号の重賞データ室

前走○着馬が好走率高いのは…「データ分析」阪神JF!

どうも!
覆面馬主【データの8号】です。

まず先週のデータ分析推奨馬の結果

「ステイヤーズS」
アルバート(1人気1着)
シルクドリーマー(5人気7着)
フェイムゲーム(2人気2着)

「チャンピオンズC」
サウンドトゥルー(2人気11着)
モルトベーネ(13人気13着)
ローズプリンスダム(14人気12着)

続いて、昨年の阪神ジュベナイルF、データ分析推奨馬結果

ジューヌエコール(4人気11着)
リスグラシュー(2人気2着)
ヴゼットジョリー(6人気5着)


阪神ジュベナイルFの「データ分析」。

↓↓↓↓↓↓

第69回
阪神ジュベナイルF【GI】
芝1600m
2歳馬齢

※2007年以降の過去10年データ
-----------------------------------------

↓↓↓↓↓↓

●傾向

・過去10年の勝ち馬
16年・ソウルスターリング
15年・メジャーエンブレム
14年・ショウナンアデラ
13年・レッドリヴェール
12年・ローブティサージュ
11年・ジョワドヴィーヴル
10年・レーヴディソール
09年・アパパネ
08年・ブエナビスタ
07年・トールポピー

・勝ち馬の人気
16年・1番人気
15年・1番人気
14年・5番人気
13年・5番人気
12年・5番人気
11年・4番人気
10年・1番人気
09年・2番人気
08年・1番人気
07年・3番人気


1、人気

1番人気(4.1.1.4/10)複勝率60%
2番人気(1.2.1.6/10)複勝率40%
3番人気(1.1.2.6/10)複勝率40%
4番人気(1.1.2.6/10)複勝率40%
5番人気(3.1.0.6/10)複勝率40%
6番人気(0.0.1.9/10)複勝率10%
7番人気(0.0.0.10/10)複勝率0%
8番人気(0.2.2.6/10)複勝率40%
9番人気(0.0.0.10/10)複勝率0%
10番人気(0.1.1.8/10)複勝率20%
11番人気(0.0.0.10/10)複勝率0%
12番人気(0.0.0.10/10)複勝率0%
13番人気(0.0.0.10/10)複勝率0%
14番人気(0.0.0.10/10)複勝率0%
15番人気(0.1.0.9/10)複勝率10%
16番人気(0.0.0.10/10)複勝率0%
17番人気(0.0.0.10/10)複勝率0%
18番人気(0.0.0.10/10)複勝率0%

(傾向)
過去10年で1番人気の勝率40%、複勝率は60%。2、3、4番人気も複勝率40%あり、大荒れは期待できない。特に1番人気の安定感は抜群で、4頭の馬券圏外がいますが、掲示板を外したのはわずかに1頭。単勝回収率91、複勝回収率80という数値は、JRAの控除率を考えれば平均を超える数値という意味。1番人気で馬券圏外となったのは12年のロカ。キャリア1戦の馬だった。


2、配当

単勝596円
馬連5815円
馬単10150円
3連複55006円
3連単334845円

(傾向)

上位人気での決着が多く、配当もあまりと思いきや、単勝は別として、その他の券種は平均がかなり高い。ただ、これは15人気のクロフネサプライズが激走した12年の配当が平均を大きく上げており、12年を除くと

単勝572.2円
馬連2462.2円
馬単4377.8円
3連複6637.8円
3連単33486.7円

と一気に落ちる。人気の項で触れたように、堅い決着の多いレースと判断するのが妥当。


3、前走クラス

新馬(1.1.2.12/16)複勝率25%
未勝利(1.0.0.10/11)複勝率9.1%
500万下(3.2.1.46/52)複勝率11.5%
OP特別(1.0.1.19/21)複勝率9.5%
GIII(3.6.4.52/65)複勝率20%
GII(1.1.2.8/12)複勝率33.3%

(傾向)

前走のクラスを見ると、率が一番高いのがGII組。続くのが前走新馬組ですが、共に数が少なく、最も馬券圏内の馬を輩出しているのは前走GIII。
主にアルテミスSとファンタジーS組が馬券圏内馬を輩出しているが、施行から今年で4年目ということもあり、全体で10頭しかいないアルテミスSが連対率40%、複勝率50%という数値。牡馬混合のGIII組からも出ているとはいえ、馬券の中心はアルテミスS、ファンタジーS組から選ぶのが良い。


4、前走距離

1200m(0.0.0.18/18)複勝率0%
1400m(2.4.6.68/80)複勝率15%
1600m(5.6.4.54/69)複勝率21.7%
1800m(3.0.0.9/12)複勝率25%
2000m(0.0.0.1/1)複勝率0%

(傾向)

アルテミスS組の好走率もあり、前走1600m組の成績が良い。前走1800m組は勝ち馬3頭輩出も、背負った人気からすれば決して良い数値とは言えない。(平均人気7.3)今年出走メンバーはいないが前走1200m組は馬券圏内0。


5、前走着順

前走1着(7.6.5.77/95)複勝率18.9%
前走2着(3.2.3.12/20)複勝率40%
前走3着(0.1.1.6/8)複勝率25%
前走4着(0.0.1.12/13)複勝率7.7%
前走5着(0.1.0.9/10)複勝率10%
前走6着(0.0.0.8/8)複勝率0%
前走7着(0.0.0.5/5)複勝率0%
前走8着(0.0.0.5/5)複勝率0%
前走9着(0.0.0.2/2)複勝率0%
前走10着(0.0.0.7/7)複勝率0%
前走11着(0.0.0.2/2)複勝率0%
前走12着(0.0.0.3/3)複勝率0%
前走13着(0.0.0.1/1)複勝率0%
前走14着
前走15着
前走16着
前走17着
前走18着(0.0.0.1/1)複勝率0%

(傾向)

前走1着の馬が結果を残しており、合計18頭が馬券圏内に。注目は前走2着。札幌2歳、函館2歳の前走洋芝だった2着馬は結果の残せていないが、京王杯2歳、アルテミスSの2着馬は好走率が高い。更に前走同騎手の場合は、複勝率が50%となる。「GI奪取に向けて、前哨戦で普段とは違った競馬をした馬」には注意が必要。


6、馬番

1番(1.0.0.9/10)複勝率10%
2番(2.1.0.7/10)複勝率30%
3番(0.0.0.10/10)複勝率0%
4番(0.1.2.7/10)複勝率30%
5番(0.0.0.10/10)複勝率0%
6番(0.1.1.8/10)複勝率20%
7番(0.1.0.9/10)複勝率10%
8番(1.0.0.9/10)複勝率10%
9番(0.1.1.8/10)複勝率20%
10番(0.1.2.7/10)複勝率30%
11番(1.2.1.6/10)複勝率40%
12番(0.0.0.10/10)複勝率0%
13番(2.1.0.7/10)複勝率30%
14番(0.0.0.10/10)複勝率0%
15番(1.0.1.8/10)複勝率20%
16番(1.0.0.9/10)複勝率10%
17番(0.0.0.10/10)複勝率0%
18番(1.1.2.6/10)複勝率40%

(傾向)

なぜか、11番枠、18番枠に人気馬が入ることが多く、複勝率が高いものの、回収率はそこまで高くない。2番枠に関しては複勝率30%と良いが、近2年の勝ち馬が2番枠に入っているのと、08年の2着馬であるダノンべルベールが入っている。祖霊がの馬は全て二桁着順。
もっとも注目すべきは10番枠。ブエナ、ジョワドヴィーヴルの枠だが、15年のウインファビラスは10番人気2着。昨年のゴールドケープは14人気6着と好走。迷った際に後押し程度とはいえ、10番枠は少々頭に入れておいた方が良さそう。


7、危険な人気馬?

1から3人気の馬で掲示板を外した馬は合計12頭。前走全て1着馬であり、前走500万下が5頭。ファンタジーSが2頭。500万下組の人気馬は評価を下げるのが良さそうだ。


★上記を踏まえて「推奨馬」★

ロックディスタウン
ラッキーライラック
ソシアルクラブ


他にも気なる馬はいますが、平日の時点ではここまで。
いずれにしても推奨馬の理由や「最終結論」は週末です。

では!

-----------------------------------------