地方競馬コラム

【地方競馬】2018 平和賞(過去10年データ)


■データでひも解く平和賞(SIII)

第64回 平和賞(SIII)
競馬場:船橋競馬場
距離:ダ1600m
出走条件:2歳
※全日本2歳優駿トライアル(1着馬に同競走の優先出走権)




□配当(10年)


平和賞は、前走で好走した馬が引き続き好走するケースが多い。しかし、配当はやや荒れ気味。特に近4年は、3連単で2回の10万超が出ている。



□馬券対象馬(人気別)


馬券対象馬の60%近くは3番人気以内。80%は6番人気以内。上位人気は概ね好走している。



□人気別・複勝率


1番人気の複勝率は80%。信頼度は高い。一方、2番人気から4番人気に大きな差はなく、7番人気あたりも目立つ。反対に10番人気以下が馬券対象になったケースは過去10年で0回。



□勝ちタイム


2015年までは1分42秒台から1分43秒台の前半で推移していた。しかし、16年に1分46秒台。昨年も1分43秒5。それ以前と比べて、やや時計を要している。



□馬券対象馬(種牡馬10年)


サンデーサイレンス、ミスタープロスペクター、ノーザンダンサーと主要血統が約75%を占めている。また、それぞれまんべんなく分布。極端な傾向は出ていない。



□馬券対象馬(前走着順)


2歳戦のため前走レースは多様だが、馬券対象の半数は前走1着。また前走3着以内が75%以上を占めており、4着以内で約85%。基本は前走好走馬だ。



□2018 平和賞





文・編集部、地方班