田原基成の予想

【イベント】競馬評論家・田原基成 有馬記念の思い出&中山7R 3歳以上500万下予想

【今週のイベント】「有馬記念の思い出」について語れ!

私は生涯で一度だけラジオ中継で有馬記念を過ごしたことがある。

忘れもしない、2007年有馬記念。当日、私は友人2人とともにWINSで馬券購入を済ませると、御殿場のアウトレットへと車を走らせた。

「明後日がクリスマスだからな。センス良い洋服を見つけなきゃ」

彼女がいた友人Nはさほど気にしていなかったようだが、クリスマス当日にデートの約束を取り付けたOは違った。普段は口を開けば冗談ばかり言うヤツだが、服を選ぶ視線は真剣そのもの。そう、まるでパドックで1頭1頭をじっくり観察するかのように。

友人O「今年はネイビーがトレンドらしいぞ。メンズノンノに書いてあった」

友人N「へー、意外とチェックしてるんだ」

友人O「は? 意外って何だよ。こっちは真剣なんだって」

有馬記念当日に何をやっているんだろう……

そんな思いが頭をもたげたものの、大人として口に出すのはやめにした。当時は社会人1年目、学生時代は毎日のように遊んでいた3人が久々に揃ったのだから、仕事を忘れて楽しい時間を過ごしたい。

田原「まあまあ落ち着いて。ちなみにクリスマスに会う子ってどんな子なの?」

友人O「清楚でスレンダーな感じかな。仕事は病院の受付って言ってた」

友人N「あれ? ちょっと意外。少しふくよかで童顔な感じかタイプじゃなかったっけ? 高校の時のSさんみたいな」

友人O「は? 意外って何だよ。こっちは真剣なんだって」

ループする会話。この掛け合いもまた懐かしい。

さて、御殿場で洋服を買うにあたって「15時15分にはWINSにいること」をあらかじめ決めていた。言うまでもなく、有馬記念を観戦するためだ。

11時。到着したばかりだから早めの昼飯を食べよう。

12時。買いたい服を探そう。しかしすごい人の多さだ。

13時。まだ服を決めているようだ。

13時30分。買う服が決まったらしい、そろそろ出よう。

こうして14時前に御殿場を出発。間違いなく間に合うはずだったが……12月23日(日)を私たちは甘く見ていた。

田原「おいおい! すごい渋滞じゃん。WINS間に合う?」

友人N「行きは余裕だったから大丈夫だと思ったんだけど……」

友人O「ギリ着いてもレースはじまっちゃってるかもしれない。うーん、こうなったら……」

清楚系女子に合うジャケットをさっそく羽織ったOが切り出す。おもむろに車のカーラジオをいじると、WINSで聞き覚えのある声が漏れてくる。

友人O「WINSはあきらめよう。3人の馬券を置いてラジオ中継聞こうぜ」

それぞれが午前中に勝った馬券を見せ合う。Oはダイワスカーレットの単勝と馬連、Nはマツリダゴッホからワイドで2点。そして私はロックドゥカンブ本命の3連単1軸マルチだ。

レースがはじまる。

「スタートしました! ウオッカもいいスタートを切りました。間からダイワスカーレット、押してチョウサン……」

「メイショウサムソンはウオッカの後ろにつけています」

え? メイショウサムソンがこの位置ってやばくない?

「メイショウサムソンは後方5番手の位置に……」

これ絶対無理だって! と、Oが言う。

「動いた動いた! ウオッカ動いていく!」

やばい、ウオッカ買ってないって……Nが嘆く。

「直線コースに入ります! 外からダイワスカーレット! マツリダゴッホが内を突いて抜けていく!」

マジか! マツリダゴッホ来た! マツリダゴッホの進出にNが叫ぶ。私も相手ド本線に据えており、テンションが上がる。

「マツリダゴッホ! マツリダゴッホ先頭! ダイワスカーレットが2番手!」

ダイワスカーレットも相手にいる! これはあるかもしれない。

「なんとマツリダゴッホ!」

……ん? 私の本命ロックドゥカンブは?

携帯で着順を確認したところ、3着馬とクビ差の4着。直線ではインを突き、脚色は3着馬を上回っていた。仮に映像でライブ中継を見ていたとしたら、私は絶叫に次ぐ絶叫だったことだろう。

私はタテ目を喰らい、Nは相手2頭(ロックドゥカンブ、ポップロック)がおらず、Oはマツリダゴッホがヌケ。3人の英知を集結させたMIX馬券なら的中していたというのに……。

Oのクリスマスデートが上手くいかなかったことを知らされたのは、年明けのことだ。

今年の「12月23日・有馬記念」は私にどんな思い出を刻んでくれるのだろうか。余談だが、中山7Rには私にとって因縁深いマツリダゴッホとダイワメジャーの産駒が出走する。

-------------------------------------------------------------------
【中山7R 3歳以上500万下予想の印】
◎9 ライレローズ
〇4 グットクルサマー
▲16 プラトリーナ
☆14 アラスカノオーロラ
△1 ポンテファブリチオ
△5 ハウナニ
△7 キングドンドルマ
△15 リンシャンカイホウ

【3連複/フォーメ】9-4,16,14-4,16,14,1,5,7,15(15点)

休み明けの前走で復調気配を見せたライレローズ。前残りの展開をただ1頭差して好走したのだから価値は高い。本来先行できる馬でもあり、初の1200mも問題なくこなしてくれるだろう。

田原基成のプロフィールはこちら
最新無料コラム「レイデオロほか、2018有馬記念出走予定馬16頭分析」
毎週木曜日18時更新!田原基成コラム一覧はこちら

---------
⇒プロの予想&悪魔の裏メルマガが読める競馬のカリスマに今すぐ申し込む
⇒VIPプランお申し込みはこちら
---------