カリスマの歩き方

2018年02月の記事

  • 【歩き方Vol.186】VIPで2戦2勝!「砂の神」こと6号さんの勢いが止まりません
    トゥルルルルル……トゥルルルルル…… 6号「はい、6号で……」 中田「6号さん凄すぎますって!VIP予想の伊丹Sで3連複70.7倍と馬単39倍→ブラッドストーンSでも◎▲〇の印順で3連複ゲットってマジなんなんすか!」
  • 【歩き方Vol.185】今日は5号さんがスゴすぎました。あと「あの評論家」も。
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 昨日の歩き方でサラッと書いた【オリジナル攻略法】通称オリ攻、もちろんご覧になりましたよね? え? 昨日はカーリングに夢中で見ていなかった?
  • 【歩き方Vol.184】「砂の神」こと6号さんにいろいろ聞いてみました!
    トゥルルルルル……トゥルルルルル…… 6号「はい、6号です」 中田「6号さん凄すぎますって!ヒヤシンスSで馬単79倍→フェブラリーSで馬単35倍→大島特別で馬単23倍と東京ダート3連続的中ってマジなんなんすか!」 6号「中田さん、興奮しすぎですって(笑)個人的にはヒヤシンスSが特に会心でした」
  • 【歩き方Vol.183】的中量産!砂の6号フェブラリーS馬単3530円など日曜ダート戦4/5でV
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 今年初の中央GIとなるフェブラリーSが終了しました! 昨年の覇者ゴールドドリームとテイエムジンソクの再戦に注目が集まりましたが、このレースを制したのは今年6歳となったノンコノユメ。 去勢後、成績が低迷している時期のあった同馬でしたが、陣営の丹念な調整により持ち前の末脚が復活。前走の根岸Sから連勝で、悲願の中央GI初Vを飾っております! さらに鞍上の内田騎手もこれが4年ぶりのJRA・GI制覇! 人馬ともに嬉しい勝利となったことでしょう! そんななか、われらがカリスマ予想家たちは【砂の6号】さんを筆頭に合計5名が的中! 1カ月後に控えた春のGIシーズンへ向けて、幸先のよいスタートを切っております。 そんな【6号】さんですが、ほかの予想も好調だったのはご存じでしょうか? 日曜はフェブラリーSをはじめ、自信の一鞍であるヒヤシンスS(東京)、太鼓判予想で提供していた京都12Rなど合計で5つのダート戦予想を公開。 すると自信の一鞍では9番人気馬を3番手評価に据えて馬単7990円を、京都12Rでは10番人気を絡めた3連複9190円など、計4レースで的中を記録しておりました! 「フェブラリーSと同じ条件で行われたヒヤシンスSの的中が大きかったですね!今日は最終レースまで、一日を通して競馬が楽しめました!」 「6号さんのダートでの安定感はさすがでございます。来週の中山ダート、阪神ダートでも期待しております」 といったように、会員さまからはたくさんのお声をいただいております! 今回の歩き方では、その【6号】さんのヒヤシンスS見解を特別公開! この日のターニングポイントとなった予想をまずはご覧ください!
  • 【歩き方Vol.182】砂の6号が絶好調! フェブラリーSを前に東西重賞制覇決める
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 待望の金メダル(男子フィギュアスケート、羽生結弦選手)に日本中が沸いた本日! しかし! 競馬も負けず劣らずの熱戦が繰り広げられましたね! まずは京都メインレースの京都牝馬S。1番人気に支持されたミスパンテールが外から鋭い伸び脚を見せ、前走のターコイズSに続き重賞連勝を飾っております! そして東の東京競馬場で行われたダイヤモンドSでは、古豪フェイムゲームが同競走3度目の制覇を達成! 現役屈指のマラソンランナーが新たに勲章をひとつ掴んでおります! 終わってみれば両重賞1番人気馬による勝利でしたが、前者は単勝ひと桁台が4頭、後者は5頭と、わりと人気が割れていた模様。さらにどちらも2、3番人気が馬群に沈んだように、一筋縄ではいかない難解なレースでございました。 さて、われらがカリスマ予想家たちの成績を振り返りますと、フェブラリーSを明日に控え俄然調子を上げてきた【砂の6号】さんがダブル重賞的中を記録! “砂の”と言われていますが、“芝でも”予想巧者ぶりをアピールしていますよ! ではまず【6号】さんのダイヤモンドS、および京都牝馬Sの見解をご覧ください!
  • 【歩き方Vol.181】ここがすごいぞ6号さん! 軍団イチのダート巧者・砂の6号活用法とは?
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 火曜まで競馬開催があると、週末を迎えるのが早く感じられますよね(笑)みなさんお気付きですかー、明日は競馬ですよー。先週とは打って変わって天候の心配がなさそうな今週末は、中央初GIとなるフェブラリーSが行われます。戦前の注目度を見るとディフェンディングチャンピオンのゴールドドリーム、もしくはチャンピオンズCでゴールドドリームの後塵を拝したテイエムジンソクあたりに人気が集まりそうですが、4歳世代代表のサンライズノヴァや前走で復活を果たしたノンコノユメ、管理する目野師最後のGI出走となるケイティブレイブなどなど……脇を固める布陣も虎視眈々。いやー、難しそうですよねー。 こんなときに頼りになるのが【砂の6号】さん! その名が表す通りダート競馬に関しては軍団イチの相馬眼を持っておられますが、火曜の歩き方でもお伝えしたように、こと東京ダート1600mに関しては好成績を残しているんですよね! 詳細は前回の歩き方をご参照していただくとして、今回の『中田直伝!知って得するオリジナル攻略法(通称“オリ攻”)』ではそんな【6号】さんを“丸裸”にしていきましょう!
  • 【歩き方Vol.180】フェブラリーSの軸馬選びに迷っていませんか? オススメしたい予想家がいるんです
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 タイトルの話はのちほどたっぷりお伝えしますが、ひとまず4日間開催が終わりました! ……って、この言葉すごい違和感がありますね。小倉のみでの開催となった今日は終日「芝・ダートともに稍重」と、降雪の影響で極悪の馬場コンディションが想定された戦前の予想とは大きく外れた馬場に。フタ桁人気馬が7頭馬券圏内に絡むなど、いつにも増して……
  • 【歩き方Vol.179】11号クイーンCで○◎馬連40.1倍!“最終の田原”好配当3複を連日ゲット
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 ビックリしました! 今朝起きたら「小倉が積雪のため中止、火曜に順延」の一報。現地からの情報によるとコースの除雪作業は進んでいるようなんですが、降ったり止んだりって話ですね。明日の開催有無などは、JRAからの正式なアナウンスを待ちたいと思います(これを書いている途中にアナウンスがありましたね。夜間販売は中止となった模様です)。 さて、3日間開催最終日になるはずだった今日は、冒頭に記した理由により東京の一場のみで開催。こちらは天候に恵まれたようで、「晴・良」で全12Rが行われましたね。メインは3歳牝馬によるGIII・クイーンC。クラシック本番を見据え、賞金を加算しておきたい乙女16頭が顔を揃えたわけですが、このレースを制したのは前走のフェアリーSで人気を裏切ったテトラドラクマでした。そして2着には1戦1勝のフィニフティが入り、馬連は40倍の好配当決着! これを見事に○◎で的中させた【インパチの11号】さんの見解をご覧いただきましょう!
  • 【歩き方Vol.178】◎クリンチャーから3連単万馬券&休み明けの取捨/7人気快勝の単勝推奨馬
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 3日間開催のなかびとなった本日は、注目の2重賞が行われましたね。西の京都記念では4歳馬クリンチャーが、東の共同通信杯ではオウケンムーンが勝利し、それぞれ初重賞制覇を果たしました。まずは関係者の皆さま、そして馬券を的中されたファンの方々、おめでとうございます! 一方、単勝オッズひと桁台と注目を集めたレイデオロとグレイルは、最後の最後で伸びを欠いてどちらも敗れる結果に……。改めて競馬の難しさを痛感された方も多いのではないでしょうか? そんな難解2重賞でしたが、京都記念では【テレ丸の10号】さんが攻めた予想から見事に馬券を的中されております! まずはその見解をご覧ください!
  • 【歩き方Vol.177】1号&11号がVIPと自信で2連勝! 両レースともに◎1着
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 今週末は今年2度目の3日間開催。さきほど初日が終わったわけですが、競馬の行われた京都&小倉は天気予報通りにあいにくの雨模様でしたね。そんな天候が示すかのように馬券も難しかったようで、小倉のメインでは91万馬券が飛び出すなど、波乱の一日となっております。 さて、そんな中われらがカリスマ予想陣たちは絶好調! とりわけ目立ったのが先週日曜に太鼓判予想で8万馬券&2万馬券をゲットした【インパチの11号】さんと、血統の知識は軍団随一となる【血統の1号】さんでした。ここでは【11号】さんのVIP予想(メイン予想と自信の一鞍)をご覧いただきましょう!
  • 【歩き方Vol.176】今週は3日間開催! 特別戦得意なのは……
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 いやー、それにしても競馬をやっていると月日の流れが本当に早いですね! つい先日新年が明けたかと思えば、今日は2018年になって40日目! あっというまに1カ月とちょいが過ぎてしまいました。そんなこんな言ってるうちに次週は今年初の中央GI・フェブラリーSですし、1カ月もすればクラシックへ向けた戦いが本格的に始動。そこからさらに1カ月後は春のGIシーズンまっただ中ですもんねー。 そんな中、ただいま競馬のカリスマでは軽微な修正から、大きな刷新へ向けた準備など、会員様にご利用していただくにあたりより良いサービスを提供すべく、着々とプロジェクトが進行中でございます。現状、いろいろとご不便をおかけしておりますが、末永くご愛顧いただければと思います! ではさっそく行きましょう! 『中田直伝!知って得するオリジナル攻略法(通称“オリ攻”)』。2週前に「前半戦(6Rまで)に強い予想家」をご紹介させていただきましたが、今回はその続編。特別戦に対象絞って、好調な予想家をお伝えしたいと思います!
  • 【歩き方Vol.175】見解特別公開中! 11号が3単◎○▲8万馬券&2号自信の一鞍で連日3複万馬券
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 まずは今週の競馬もお疲れ様でした! 本日行われた2重賞。東京新聞杯ではリスグラシューが牡馬を一刀両断したり、対する西のきさらぎ賞ではサトノフェイバーが無敗のままクラシック候補に名乗りを上げたりと、みどころたっぷりでしたね! もちろん我らがカリスマ予想家たちも絶好調! ここではまず【妄想の2号】さんから振り返っていきましょうか! 昨日の歩き方では、【2号】さんが自信の一鞍で3連複250倍を的中させたことをお伝えいたしましたが、本日も自信の一鞍が火を吹きました! まずはその見解からご覧ください!
  • 【歩き方Vol.174】田原◎11人気で2万馬券! 2号自信で3複252倍ゲット
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 本日の東京開催は馬場の凍結や積雪の影響を踏まえ、昨日時点で金曜夜間販売の中止や障害レース取りやめのアナウンスがありましたが、特に大きな問題なく無事に一日の競馬が行われました。週末に競馬があるって普通に感じていましたが、多くの関係者の方が開催に向けて尽力してくださってくれるからこそ、なんですよね。この“当たり前”に感謝しつつ、本日は東西計23レースを楽しませていただきましたよ(だいぶJRA銀行に預金する結果となりましたが……)! さて、そんな本日の振り返りを。今週は「冬の東京/京都を攻略せよ(4週8日間)」と「この人気馬買いません!道悪レースの好配当を狙え」のダブルイベントでお送りしておりますが、後者で存在感を示したのが【評論家・田原氏】でした。【田原氏】が道悪を得意としていることは昨夜の歩き方でお伝えした通りですが、その実力を遺憾なく発揮したのが東京10R・箱根特別。ここでは「攻略のツボ」と「見解」すべてをご覧いただきましょうか!
  • 【歩き方Vol.173】重馬場得意は誰だ? 堂々100%超の回収率トップは……
    みなさま! こんばんは! 副編集長の中田です。 先週に中京開催が終わり、翌週から始まる小倉開催のはざまとなる今週末は、東京と京都の2場開催。東京競馬場では積雪の影響で障害レースが取りやめとなったり、金曜夜間販売が中止となったりと、何かと物々しい雰囲気となっておりますが、まずは無事に競馬が開催されることを切に願いながらも競馬モードに頭を切り替えていきましょうか! ではさっそく行きましょう! 『中田直伝!知って得するオリジナル攻略法(通称“オリ攻”)』。今回は今週のイベント「この人気馬買いません!道悪レースの好配当を狙え」に合わせる形で、稍重以上の成績を掘り下げてみましたよ!